2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 強いものと戦う時は | トップページ | 低所得層? »

2015/01/22

今ある機材で腕を磨く

給料明細をもらった。
さすがに忙殺された師走分の給料だけに相当多い。
これだけ貰えるとかなりゆとりもできて、欲しいものも買えちゃう。
となれば頭を擡げてくるのがレンズ沼・・・。
一眼レフ愛好家にとって避けては通れない道。
ほんのわずかな画質の違いを求めてより高額なレンズに手を伸ばしてしまう負の連鎖。
結局カメラはフルサイズフラグシップ、レンズは100万前後の大砲と、行きつく果てに待っているのはとんでもない道楽。
今のところそこまで高いモノは欲していないけど、欲しいものがあるとしたら大三元の一つであるEF70-200mm F2.8L IS II USM。
これがだいたい25万円前後。
今月分の給料なら余裕で買えちゃう。
でも、それに飛びついていいのか?本当に必要なのか?
そう冷静に問える自分もかろうじて存在したりするのだ。
そうでなくてもつい先月100-400Ⅱ型を買ったばかりで、それもまだろくすっぽ使っていない状況。
7D2を買って、キヤノンマウントへ移行しつつあるなかで機材を充実させたい気持ちはそりゃあるんだけど、ここはぐっと我慢して別の機会を待つべきかもな。
100-400Ⅱ型は70-200と同等の高性能って話だしね。
今は持てる機材で7D2を使いこなすことに専念した方がいいな。
それに今年の目標である年間100万円以上預金のためには、今月分で20万くらい預金できそうだから、きっとそっちに回した方がいいんだろう。
衝動買いは堪えなきゃな。遠征も控えているし。

« 強いものと戦う時は | トップページ | 低所得層? »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今ある機材で腕を磨く:

« 強いものと戦う時は | トップページ | 低所得層? »