2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 亀仙流か! | トップページ | 四国一周珍道中~その2 まずはジックリ写真撮影 »

2015/01/09

四国一周珍道中~その1 旅立ちは当然に

今年もいよいよやってきました。
年明け恒例、年末年始に頑張った自分へのご褒美。
趣味の満喫と心の開放を目指した温泉一人旅。ここぞとばかりに自分に贅を尽くす。
今年の目的地は以前書いた通り四国。
となれば、行きの交通手段はもうこれしかありません。
サンライズ瀬戸。去年の山陰の旅の時にサンライズ出雲に乗ったけど、
今回は片割れのもう一方、瀬戸の方に乗車して四国入りを目指す。
自分に贅を尽くすんだったら、当然に寝台列車は外せないところだからね。

仕事を定時でキッカリ終え向かった東京駅。
発車時間は22:00なんだから急ぐことはないけど、はやる心は抑えられない。
結局東京駅で1時間以上待つハメになるんだけど、結果的にこの時間帯が有効活用できた。
不透明だった初日の行動を考えることができたのだ。
当初は初日は鳴門の大渦でも見に行こうと思っていたけど、調べてみたら渦の出る時間帯に行くのが難しそう。
その代替案が決まらないまま、出発の時を迎えてしまっていた。
この電車待ちの1時間でその代わりとなる行程が決定したわけだ。
もう大丈夫。さぁ早く来い来いサンライズ瀬戸ちゃん。

と、余裕をぶっこいていたら電車の入線時間に間に合わず写真を撮れないという失敗を犯してしまった。
あちゃー、やっぱ私は撮り鉄にはなれんね~。
まぁとりあえずホームに泊まるサンライズエクスプレスを記念撮影。

暗いホームで撮るこのためだけに外付けフラッシュも持参していた。
同じく多くの人が撮影していたけど、偉いもんでちゃんと人が撮っている時は写り込まないようにどいてくれる。
この辺、撮り鉄さんたちのマナーには頭が下がるね。

まぁとりあえずこれからよろしくたのむよ、瀬戸号。

撮影もそこそこに足早に電車内に入る。
去年などは撮りまくっていたらベルが鳴りだしてビックリしたからね。
今回の私の部屋は6号車1番の部屋。シングルツインだ。

去年と同じなんで勝手はわかっている。
この階段スペースに荷物を収納するとちょうどいいんだよな。

2階部分は基本的には使わず、車窓の風景など気分を変えたい時にだけちょっと上がってみたりした。

サンライズエクスプレスの場合、時間的に乗り込んだら即寝るための準備をしなければならない。
だがその前に車掌の検券を受けなければならない。
これが位置的に遠かったり、乗車率が高かったりするとかなり時間がかかる。
今回の場合、やっと来たと思ったらシャワーセットを所持していなかったとかで取りに戻られ、
結局シャワーを浴びることができたのは熱海につくあたり。
早々に眠りに入ることはできなかったのであった。
まぁ思い通りに行かないのが旅の難しさでもあり面白さでもある。
揺れる車内で眠れる気はしなかったけど、一度経験しているだけあり去年ほど舞い上がっておらず、
身体を休めることは難しくなさそうだった。さぁ明日は目覚めればすぐに四国入りだ。

« 亀仙流か! | トップページ | 四国一周珍道中~その2 まずはジックリ写真撮影 »

乗り鉄」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/60968709

この記事へのトラックバック一覧です: 四国一周珍道中~その1 旅立ちは当然に:

« 亀仙流か! | トップページ | 四国一周珍道中~その2 まずはジックリ写真撮影 »