2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 取る!獲る!撮る! | トップページ | おかわり三昧 »

2015/05/30

ついに実戦!ワシクリ島川踏切で青釜臨時北斗星を撮る!

夕べの内に埼玉県久喜へとやってきた。
早朝、というより、未明から北斗星撮影のためワシクリへと向かうためだ。
久喜で宿泊した昭和レトロなホテルからワシクリまでは駅で言えば一駅の場所にある。
しかし私は今回の遠征で、先日購入したばかりの折りたたみ自転車を持参していた。
輪行という奴である。
これなら始発前から出発できるので、電車移動組に遅れはとらないだろうと計算してのことだ。
夜の内にある程度ルートを下見に行っておいた。
3号線まで出ればそれほど時間はかからなそう。30分も走らせれば着くと思い、起床はAM4:30とした。
さすがに5時から満員激パってことはないだろう。

 

興味のない人からすればほんと馬鹿げている未明からの活動。
夕べは21時に寝始めたのでさほどの苦労はなく起きられた。
朝の道路を自転車を快調に飛ばす。
ワシクリは島川踏切には5時過ぎには到着。計算通りだ。
ところが、その時点で同業者さんに一人先を越されていた。
インカーブ側に先客1名だ。
すでに先日ロケハンで確認しておいたフェンスの隙間のベストポジションには三脚と脚立が置かれている。
4時半に起きても間に合わないだなんて、上には上がいるよ。
一体いつから来てるんだか・・・。
それでもめげずにその脇に自分もミニ三脚を設置。
フェンスの網目越しにも撮影できることはロケハンの時にも確認済みだ。
ちなみにアウトカーブ側には誰もおらず、そっちに行っても良かったんだけど、インカーブ、ローアングルこそが今回の目的だったので、ぶれずにこちら側を選択した。

 

ワシクリは早朝から立て続けに貨物が通る。
だからこんな時間からいても飽きない。本命が来るまで3時間半弱。
練習するにはうってつけだ。

 


α99 SAL2470Z 60mm
東北本線/東鷲宮-栗橋

 

この日は絶好のピーカン青空デー。
青空がさらに引き立つように、C-PLフィルタを装着しての撮影。
ところが、持参したバリゾナでは交わせると思っていた網目が交わせず、開放で撮ってもぼんやりと写りこんでしまった。
これは計算外。
どうする、今からでもアウトカーブに切り替えるか・・・。
悩んでいるとここで僥倖が。
なんと、ベスポジを確保していた人が水沢踏切側へ行くという事でその場所を譲ってくれたのだ。
なんとありがたい。こういう譲り合い精神のある方であってくれて本当に助かった。
おかげで無事フェンスの心配のいらないポジションに陣取ることが出来ました。

 

フェンスがなければ楽勝に撮れる。ワンショット撮影でのタイミングもバッチリ掴んだ。

 


α99 SAL2470Z 70mm
東北本線/東鷲宮-栗橋

 

一点の曇りもなくなり何の不安もなく撮影できる。
一発勝負には精神衛生上いい。
そして時刻は、北斗星のワシクリ通過想定時刻の8:35分に近づいた。
この時点でインカーブ側はフェンス脇も含めて15人ほど、アウトカーブ側は1人の同業者さんたち。
アウトカーブ側の人気のなさが印象的だった。今度ゆっくり起きてアウトカーブ撮りに来ようか。

 

本番はα99と、EOS 7D Mark IIの2台体制で撮影。
簡単には来れないワシクリ、ましてや週一のチャンスの青釜牽引上り、絶対成果なしだけは避けたい。
ところがここであって欲しくなかった誤算が発生。
踏み切りの警報機は、下り列車の接近を知らせてきた。
すでに彼方にはブルートレインの姿が。マズイ、これは完全に被るタイミングだ!

 


EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS 124(概算198)mm
東北本線/東鷲宮-栗橋

 

とりあえず7D2で保険撮影開始。
遠めだが、田園風景の中を走行するブルートレインは絵になる。
AIサーボで撮影は楽勝。

 


EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS 124(概算198)mm
東北本線/東鷲宮-栗橋

 

さぁ問題は置きピンしてあるα99の方。
インカーブ、ローアングルの撮影を失敗しては元も子もない。
背後からは普通列車の足音が!伸るか反るか。

 


α99 SAL2470Z 70mm
東北本線/東鷲宮-栗橋

 

・・・被られた。最悪。
同業者さんたち一同、苦笑い。
まっ、まぁそれでも綺麗に写し込めたよ。
ブルートレインが映えるピーカンの青空。ただし裏被り。満足度80%ってとこか。
裏被りしたってことは、アウトカーブ側から撮っていたら大惨事だったってこと。
あの時ぶれずにいて本当に良かった。
1人いた同業者さんの心中お察しします。

 

こうして終えたワシクリでの北斗星撮影。3時間半ほどいて、来た時は長いなと思ったけど実際はあっという間でした。
成果は微妙だったけど、撮影自体は本当に楽しかったです。
北斗星が走っている間にもう一度来れるかは微妙だけど、今度は水沢踏み切りでの下りアウトカーブとかも撮ってみたいです。
最後に。ワシクリまでの移動が激しく楽だったとはいえ輪行自体は非常に大変かつ苦痛でした。
重いわ、腕が千切れるぐらい痛いわ、周囲の目が気になるわで、汗だく状態でした。
たぶん、もう二度とやらないでしょう(笑)。

« 取る!獲る!撮る! | トップページ | おかわり三昧 »

東北本線」カテゴリの記事

北斗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに実戦!ワシクリ島川踏切で青釜臨時北斗星を撮る!:

« 取る!獲る!撮る! | トップページ | おかわり三昧 »