« 芦原温泉(福井県) | トップページ | 体がバキっとね »

2015/05/03

いろいろと難しい

夕べは京都の美濃吉で自主的バースデーパーティー(笑)。
絶品京料理に舌鼓を打ちました。
福井での撮り鉄、温泉、そしてこの食事。
十分すぎる誕生日でした。

それでも最大の目的であるこの日の競馬の天皇賞。
ここで馬券で勝って、好きな馬が勝って、写真もうまく撮れれば、それが一番のプレゼント。
撮り鉄にも目覚めたけど、基本は競馬写真家なのだから!

で、今回の機材は、ボディは今年に入ってずっと7D2を使っているわけだが、
レンズは京都の広い馬場を考慮して久々登場のTAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD。
昨年11月のジャパンカップ以来の使用である。
同じ超望遠域の白レンズの100-400Ⅱ型を買って以来めっきり出番が少なくなったが、
光が豊富になったこの時期に使うとどんな絵が出るのか、それも楽しみだった。
描写はいいタムロン。問題は・・・そうAFである。
そうでなくても純正の爆速AFに慣れてしまった身。
久々使用のA011のAFは・・・おっせえ!
ああ、これが純正とサードパーティの純然たる差なのね。
おまけに迷いまくるし。それでいて糞重たいし。
やっぱ白にしておけばよかったか・・・。
ピンボケ写真を量産する中、それでもガチピン入った写真は綺麗。
やっぱそこは描写のタムロン。


ゴールドシップ

ということで、写真撮影に関しては一定の成功を見た。
あとの二つは・・・涙。
馬券は大外れ、好きな馬のキズナは沈む、いいことなし。
旅の終わりはいつだって切ない幕切れだ。
明日仕事の私はすごすごと家路につき、連休続くK氏は大阪へ旅の続きに向かった。
こうして終わったGW前半の遠征。
明日の仕事が嫌で嫌で仕方ないけど、後半の連休の楽しみを糧に頑張るしかない。
その楽しみとは、いよいよ北斗星の撮影に行くわけなんだけどね~。

ところで競馬の方は、これからは東京競馬場でGIが続く。
大箱東京ではどうしても超望遠が欲しい。400㎜では足りないぐらい。
A011に頼らざるを得ないわけで、こいつをうまく扱う訓練もしなきゃな。
一脚が必要かな?

« 芦原温泉(福井県) | トップページ | 体がバキっとね »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろいろと難しい:

« 芦原温泉(福井県) | トップページ | 体がバキっとね »