2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« アラフォーへの旅立ち | トップページ | 芦原温泉(福井県) »

2015/05/02

福井で趣味満喫!

早朝の東京駅。
例年下りのピークで凄まじい混雑となるが、今年は指定席を確保済みなので余裕。
・・・あんまり余裕ぶっこきすぎて乗る新幹線間違えちゃったよ!
友人K氏を東京駅へ残し、私の乗った新幹線だけが走り出す。
その瞬間の焦りったら。ほんと、品川で止まるんで助かりましたわ・・・。

 

品川で本来乗るはずのひかりに乗り換えた。
そう今回はひかり。
米原で乗り換えるつもりだからだ。目的地は福井県の芦原温泉。
前回の加賀温泉郷に続き、今回も北陸の温泉地を目指す。
思えば東海道新幹線でのぞみ以外乗るのは初めてかも。
米原からは特急しらさぎに乗車。

 

 

GWで大混雑ということもあり、臨時の車両増設があり大変助かった。
おかげでゆったりと着席できて撮り鉄、乗り鉄を楽しめた。
そう、今回の旅ではそれまではあまりしなかった撮り鉄面でも満喫したかった。
撮り鉄始めたことを友人K氏にカミングアウトし、氏の理解を得てえちぜん鉄道の撮影に挑める運びとなった。

 

しらさぎを福井で降り、そこからはえちぜん鉄道に乗り換える。
こういう地方の私鉄に乗るのも楽しいんだよね。
短い区間をゴトゴトと揺られながら三国駅へ。
駅でレンタサイクルを借りて散策にでかけた。
本当は電動アシスト自転車があるという話だったのだが、整備してないから貸せないだって。
観光客にあまり積極的じゃないのかね。せっかく北陸が勢いづいているというのに。

 

ママチャリをこぎながら、温泉の前に向かうは東尋坊というところ。
K氏推奨。
調べれば自殺の名所らしい。

 

 

なるほど、断崖絶壁。
ゴツゴツの岩肌が怖い。吸い込まれそうな錯覚を得る。
晴天の真昼間だからいいけど、夕暮れ時や日没後に来たらさぞかし恐ろしいことだろう。
心なしか霊気を感じ、自転車をこいでかいた汗がひいて行った。
そんな自殺の名所もこの辺では最大の観光地であるらしく、多くの人々が訪れていた。

 

 

まぁ別に自殺の名所ってことを売り出しているわけでもないからねぇ。
普通に景観はいいんだし。
日本海で獲れた海の幸をふんだんに使った海鮮丼を食し、東尋坊を後にした。

 

汗もかいたし、このまま温泉に行きたかったけど、立ち寄り湯可能時間はまだ先という事で、いよいよ撮り鉄。
えちぜん鉄道三国芦原線を撮影だ。
三国に来るまでの車窓から良さげなポイントをいろいろ探っていたのでそこを目指す。
やはり日本の田舎の風景を織り交ぜた作品を撮りたい。

 

まずは定番構図の編成写真。
日本の初夏、青々と生い茂る稲穂を前に走行する様を捉えた。

 


EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS 59㎜
三国芦原線/水居-あわら湯のまち

 

やっぱ田園風景こそ日本の田舎でしょ!

 

続いて新緑の木々をバックに、水田地帯を走るMC6109形。

 


EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS 135㎜
三国芦原線/三国神社-水居

 

綺麗に決まったけど、残念ながら線路と水田が少し離れていたため水鏡は出来ず。
鉄道と水田と言えば水鏡構図が定番だけにそこは惜しい。

 

最後にこういうありがちな構図も押さえておきます。

 


EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS 35㎜
三国芦原線/水居-あわら湯のまち

 

いやね、楽しかったわ。
今年に入ってから始めた撮り鉄だけど、近所で撮るのと旅先でそこの風景と絡めたものを撮るのとでは全然楽しさが違う。
いろいろ構図を考えるのがまず楽しいし、カメラがそれに応えてくれるのも楽しい。
某山崎さんじゃないけど、やっぱ7D2は鉄道を撮るために生まれてきたカメラだよ。

 

そんな私のごく個人的な趣味に快くお付き合いいただいたK氏に感謝します。
さぁ時間だし次は温泉に入るぞ。
これは二人共通の趣味だからね!

« アラフォーへの旅立ち | トップページ | 芦原温泉(福井県) »

旅行・地域」カテゴリの記事

その他の路線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福井で趣味満喫!:

« アラフォーへの旅立ち | トップページ | 芦原温泉(福井県) »