2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« もしかして五月病 | トップページ | 聖地・ヒガハスへ行ってみよう »

2015/05/08

撮り鉄遠征敢行(ヒガジュウ編)

今日は異常に仕事が少なかった。
アッサリと午前中で終わらせることが出来たため半休を取った。
そう、昼過ぎ退社なら東京でカシオペアの撮影ができるぞと思いついたからだ。
もともとこの週末は北斗星撮影で東京に行くつもりでいたけど、それを前乗りしようってわけ。
今は北斗星が第一だけど、カシオペアもいずれは消えてしまうし残しておかなければならない被写体。
チャンスがあればどんどん撮っていきたい。
東京へ向かう電車の中、どこで撮影しようかいろいろスマホで検索。
今日は手軽に撮れる場所がいいと駅チカで撮れるところをチョイス。
有名撮影地の一つであるヒガジュウに白羽の矢が立った。

ヒガジュウとは文字通り東十条駅沿いの事。
ここは線路沿いの柵が低いため撮影が容易で、長い直線もあって編成写真が撮りやすい場所。
ただし湘南新宿ラインに被られる危険性が高いので注意されたし。

16時ごろついてみれば平日の昼間にもかかわらず同業者がパラパラと。

さすがは有名撮影地。
いや、さすがは東京ってところですかね。田舎じゃこうはいかんよ。
カシオペアの推定通過時間は16:30頃。
都心だけあってひっきりなしに上下線が通るので練習ができる。
湘南新宿ラインでテスト。

E231系

α99 SAL70300G 130mm
東十条-赤羽

なるほど、夕方だけに影はかかっちゃうけど順光ポイントだ。
下りの寝台特急の撮影ポイントであることは間違いない。
ちなみに今回は三脚を使わず、置きピンもせずに手持ちコンティニュアスAF撮影。
これがどう出るか。
結論から言えば裏目に出てしまったのです。

数分後やって来た本日の本命。

EF510-509 カシオペア 8009レ

α99 SAL70300G 120mm
東十条-赤羽

うぎゃー、尻切れどころの騒ぎじゃない。
どうしてこうなった!
コンティニュアスAF撮影はいつも競馬でやっている撮影。
ついいつもの癖が出てカメラを動かしてしまったのだ。
一発勝負の寝台特急撮影は過ぎ去ってしまってからではもうどうしようもない。
今回の撮影は大失敗に終わったのである。

真の大本命は明日の北斗星だとはいえ、この失敗はちょっと精神的にきたね~。
わざわざ半休使って東京入りしただけにねぇ。
ガックリとうなだれて宿泊地の池袋で痛飲しましたわ。
明日は早起きして聖地・ヒガハス行き。次は失敗はないぞ。

« もしかして五月病 | トップページ | 聖地・ヒガハスへ行ってみよう »

東北本線」カテゴリの記事

カシオペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 撮り鉄遠征敢行(ヒガジュウ編):

« もしかして五月病 | トップページ | 聖地・ヒガハスへ行ってみよう »