2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 明日はロケハン | トップページ | ウマジョ »

2015/05/16

「ワシクリ」ロケハン&南浦和で北斗星撮影

この土日も東京遠征ってことで、当然臨時北斗星も撮りに行く。
が、その前に予告通り有名撮影地のワシクリのロケハンを敢行することにした。
そこまで念入りに準備するのは、ここでの撮影が東京近郊での撮影の中では一番の目的地。
万全の態勢で当日を迎えたいからだ。
大宮から宇都宮線に乗り換えて東鷲宮駅へ向かう。
途中先日行ったヒガハスのお立ち台を通り過ぎたが、人っ子一人いやしない。
土曜とはいえ空き巣の時間帯だから当然だ。
電車はそのまま田舎、田舎へと向かった。

初めて降り立つ東鷲宮。うーん、なんもなさげ。
それでも、有名撮影ポイントがある以上、なんの変哲もない街でもちょっとした有名地になってしまう。
さて、駅を出てからどう向かっていいのかわからない。
ネットで調べたけど、大まかな地図こそ乗っていたけど、道順をわかりやすく解説したサイトはない。
仕方ないので汗だく覚悟でさ迷い歩く決意をした。
ようは栗橋方面にひたすら歩いて、中川を超えたあたりがポイントなんでしょ?ってね。

なるべく線路沿いを歩くものの、途中で袋小路になってしまう。
仕方ないので線路沿いから外れ、農道に入っていく。
この辺はほとんど田んぼばかりで、小道がいくつかあるものの、
どれもが個人宅への道となっており、なかなか思うように進んでいかない。
迂回、迂回の繰り返しでどんどん線路から離れていった。
ネットの解説では徒歩40分~ってあったけど、すでに1時間近く。
間違いなく推奨ルートからは外れているわけだ。
蒸し暑さにいい加減嫌になり、諦めかけたけど、大通りに出るとすぐに中川が見つかったのでホッとする。
っていうか、この通りをはじめから通ってくればよかったんじゃないの?

そんな国道3号沿いの某自動車整備工場の脇を右折し、線路沿いへ向かった。
するとあっけなく目的の島川踏切へとたどり着いたのである。
結局迷いに迷って1時間以上かかってしまった。



時刻は14時くらい。
この踏切は上り列車の撮影ポイントだし、こんな半端な時間帯では土曜日でも誰もいない。
超有名地ワシクリを貸切状態でいろいろ探ることが出来た。
なるほどね、こういうフェンスがあるわけか。
これでは2メートル以上身長がない限りフェンスの影響は避けられない。
万全で撮影したいなら脚立必須ってこと。
だけどこんな長い行程、自動車で来ない限り脚立持参なんて事実上不可能だ。
なんとか抜け道があるはず。
かつてこのフェンスに大きな穴開けたバカがいたみたいだけど、そんな乱暴しなくて済む方法が。
試行錯誤してみると、カメラのレンズをフェンスに押し当ててズーミングすると上手い具合にフェンスの網目を交わせることが判明した。
なるほど、これなら脚立はいらない。ネット上にいろんな作例が溢れているのはこういう抜け道があるからか。
いくらなんでもみんながみんな脚立持参ってわけじゃないだろうからね。
とりあえず上記の方法で試写。


EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 135mm(概算216㎜)
東鷲宮-栗橋


おお、いい感じじゃない。
これが有名なワシクリのアウトカーブか。
長い編成写真はどうだろう。例によって湘南新宿ライン。


EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 135mm(概算216㎜)
東鷲宮-栗橋


簡単に撮れちゃう。アウトカーブ側は何の問題もなさそうだな。
撮影定員は5~6名ってところかな。

続いてインカーブ側に回る。
実はこのポイントではどちらかというとインカーブ側で撮りたいと思っているのだ。
インカーブ、ローアングルで撮るとかなり迫力ある感じに撮れるからね。
もちろんこちらにも厳重なフェンスがある。



わかりづらいけど、右上のところに穴をあけられた名残がある。
情熱はいいけど、常識も持てや・・・。
気を取り直してインカーブ、ローアングルの撮影。


EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 50mm(概算80㎜)
東鷲宮-栗橋


おおっと、右上にフェンスがちょっと写っちゃった!気をつけて構えたつもりだったんだけど・・・。
今日がロケハンの日で良かった。
今日は失敗が許されるんです。本番で気をつけるポイントが見つかって良かった。
ただそれ以外はほぼイメージ通りの絵。
好みは分かれるだろうけど、やっぱり私はインカーブ側が好みだな。
問題はαでこんなうまい具合に撮れるかどうかだな。
今日は7D2だったけど、ほんと楽々撮れるねぇ。
それでも苦労してでもαで撮りたい意地みたいなものがあるんです(笑)。

これにてロケハンは終了。
帰りはベストルートで戻り、その結果私の足で31分で駅までたどり着けました。
もちろん汗だくです。道中、コンビニこそあるものの、自販機は全くなし!
夏場など特に水分持参は必須と言えるでしょう。
あとトイレは途中のローソンしかないので、本気で長時間粘るんだったら大人用のオムツを最悪用意しよう(笑)。
まぁいろいろわかって良かったよ。それにしても遠かったな!

そんなことしているうちに良い時間帯。
もうすぐ下りの北斗星が上野を出る。そいつをちょっくら撮りに行きましょう。
今日のポイントは南浦和と決めてました。
南浦和を出て外環道を目指して800mほど歩きます。ワシクリに比べたら屁でもない。
外環道下、うらわ自動車教習所の脇にある歩道橋が、ここの撮影ポイント。
推定通過時刻の40分前にたどり着いた時には同業者さんが5人ほど。
ずらっと一列になって歩道橋に三脚立てて陣取ってます。
興味のない人からすればだいぶシュールな絵だな・・・。
そんな人々の一番前にポジショニング。ちなみに私は手持ち撮影。
今回持参している機材は7D2と100-400Ⅱ型なので、鉄道撮影くらい手持ちで楽勝です。

上野東京ラインで試写。


EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 400mm(概算640㎜)
浦和-赤羽(南浦和ー蕨)


このポイントではこんな感じのアウトカーブ写真が撮れるんだけど、これは望遠で抜いたもの。
フルサイズ概算で400㎜以上ないと厳しいです。
それから歩道橋なのでひっきりなしに通行人が通ります。
中には学生の運動部員が鍛錬で歩道橋を走ったりしていることもあり、撮影者の横を通過する際結構揺れるので注意。

そんなこんなで北斗星が来るのを待つ。
予想通過時刻になってもなかなか来ない。
ここは踏切が近くにないのでいつ来るかわからないのが辛い。
どうも後で知った話だと、例のヒガジュウの辺りで停車してたみたいだね・・・。
そっちだったか~。

ややあって、ようやくやってきました。
ん?あれれ?


EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 371mm(概算593㎜)
浦和-赤羽(南浦和ー蕨)


カシ釜!?
土曜の下りは青釜じゃなかったのか?


EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 371mm(概算593㎜)
浦和-赤羽(南浦和ー蕨)


一瞬不意を突かれたけど、カシ釜でも別にいいや。
AIサーボは的確にヘッドマークを捉え続けてくれます。


EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 371mm(概算593㎜)
浦和-赤羽(南浦和ー蕨)


うん、若干ケツが隠れたけどこの1枚が本日のベストショットかな。

ここの撮影ポイントはなかなかいい具合に撮れるので、望遠レンズを持っている人には勧めたい。
こうして今週の北撮を終えたのである。
うーん、それにしてもせっかく苦労して下り順光ポイントを探してるのに、
行く日行く日必ずドン曇りってどういうことよー!


EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 371mm(概算593㎜)
浦和-赤羽(南浦和ー蕨)


お次はどこに行きましょ!?

« 明日はロケハン | トップページ | ウマジョ »

東北本線」カテゴリの記事

北斗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ワシクリ」ロケハン&南浦和で北斗星撮影:

« 明日はロケハン | トップページ | ウマジョ »