2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 北海道撮り鉄紀行~序章~ | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~2日目その1・北斗星を大沼ストレートで撮る! »

2015/06/27

北海道撮り鉄紀行~1日目・大沼ロケハン

夕べのテンション落ちる出来事も、朝起きれば少しは冷静さを取り戻し、
これからの旅の始まりに前向きな気持ちになった。
好天には見放されそうだけど、それでも楽しみにしていた北海道での北斗星撮り鉄。
東京近郊で撮っていた時とはまったく違うものが得られるはず。
そう思えばテンションも再び上昇しはじめる。

今回の旅の最大の目的は、「宇宙軒カーブでの北斗星撮影」
最悪、これさえ決まればこの旅は成功したと言っていい。
もちろんそれ以外にも入念なリサーチを繰り返した結果、ここだという撮影地は選び出すことが出来た。
後は列車の遅れなどの被写体側のアクシデント、その場所にたどり着けないなどの撮る側のアクシデント、
それさえなければ、きっと有意義な旅となるはずだ。

蒲田のホテルをチェックアウトし、羽田空港へ向かう。
空港で昨日のミス処理の続きを電話で行う。
これで蟠りがなくなって、気持ちよくフライトに向かえた。
飛行機はあっという間に函館に私を連れて行ってくれた。
出来れば北斗星に乗って北斗星撮り鉄の旅・・・ってのが最高なんだけど、
限られた日数でできるだけ多く撮るには飛行機で行くしかない。

函館に降り立ってまず最初に思ったのは、寒い!ってこと。
函館は予報通り雨だった・・・。そして気温は13℃ほど。
毎日蒸し暑い中で生活している人間にはこの気温差は衝撃的。
一応半袖以外にも、薄目の上着は持参していたけど、装備に若干の不安を覚えた。
何はともあれ、雨の影響を防ぐために函館の街で買い出し開始。
コンビニで安物のレインコート一式と、バッグを地面に置く際濡れてしまうのを防ぐため、大きめのゴミ処理袋を調達。
デパートでは雨用のハットも購入しておいた。
この時、防寒対策にもう一枚買わなかったことを後々後悔するのである・・・。

ラッキーピエロで軽い昼食を買い、最初の目的地へ向かうため列車に乗り込む。
今まで函館本線を移動する時、乗るのはスーパー北斗か北斗星しか経験なかった。
今回は近場という事でのんびりと普通列車。
初めて1両編成のキハ40系に乗車した。
各駅停車でのんびりと揺られながら旅するのもいいね。
撮り鉄の前に、まずは乗り鉄を堪能したのである。

初日の目的地は大沼公園。
北斗星の撮影ポイントは小沼をバックにしたストレート区間での撮影。
非常にメジャーな撮影ポイントである。
列車の中から、ああここだなって場所は確認できた。
後で行ってみよう。

そして大沼公園駅に降り立った。
ちなみに撮影ポイントは一個前の大沼駅が最寄だが、せっかくだから大沼公園も散策してみたいと思ったのだ。
ところが駅を降り立ってみると、霧雨だった雨が、ほとんど本降りに変わっているじゃないか。
この雨では散策どころの騒ぎじゃない。ずぶ濡れだ。
アテにしていた貸自転車も、本日は雨ですから・・・って冷たく断られ、再びテンションが下がりだす。
それでも、このままホテルにすぐにチェックインしたのでは何しに来たのかわからない。
執念で散策することに決めましたよ。
大沼近郊には例のストレート区間以外にも有名な撮影ポイントがあるという。
そこを探してみようと思ったのだ。

ざっと大沼公園を歩いたのち移動を開始。
ところが、進めども、進めども線路と大沼を絡めた絵が撮れそうな場所はない。
もしや・・・と思い、スマホで検索してみれば・・・よよよ、真逆の方向でしたよ(泣)。
その場所は、例のストレート区間のさらに先だったのである。
ここまで結構歩いちゃったので疲れ果てていたが、何の成果もあげられないまま1日を終えるのは癪なので、
意地になってその場所へと向かった。そぼ降る雨の中、函館で買ったレインコートを着込んで・・・。

結論から言うとだいぶ後悔しました。
そう、大沼駅で降りなかったことをです。
大沼-大沼公園駅間は1キロくらいで、北海道の一駅区間としてはそれほど離れていない。
だが、撮影ポイントへは、大沼から40分前後かかるというじゃないか。
大沼公園駅からでは、足が遅ければ1時間弱かかるかもしれない。
しかも雨。
交通量は意外に激しく、大型トラックが巻き上げる水しぶきをまともに浴びて。

明日の撮影ポイントは歩きながらすぐにわかった。
だが今から行くポイントはそのさらに先。
線路と道路がオーバークロスする橋の上が撮影地だ。
そこから小沼を入れて俯瞰撮影するという、大沼周辺の2大撮影地の1つ。
ようやくたどり着いた時には、気温13℃とはいえレインコートを着たこともありだいぶ汗ばんでいた。
だが、それが乾くと急激に寒くなる。函館で衣類を補充しなかったことをここで後悔。
本数の少ない北海道の列車だけに何も動きのない時間帯は長く、身体は一気に冷え込んだ。
それでも、ようやくスーパー北斗がやってきた。
なんでもこの日は停電とかで列車の遅れが発生していたみたいだね。

5010Dレ スーパー北斗10号 JR函館本線 大沼-七飯 撮影時刻15:44:13


EOS 7D Mark II  EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 24mm SS:1/640 F5.6 ISO:2000 WB:オート マニュアル露出


手持ち撮影です。
なんだかパッとしない感じである。やはり天候が・・・。
緑と青の中を行く青い列車が撮れたはずなんだがなぁ・・・。この露出ではいかんともしがたい。
それでもこれが本日最初の成果である・・・そして最後の成果でもあった。
出来ればもう一枚、キハ40を撮りたい。
だが前述通り寒さに負けた。ダイヤが乱れたこともあり、いつ来るかわからないものをこの寒さの中で待つ気にはなれなかった。
撤収準備を終えて、さぁ行こうと歩き出したその時。
鳴ったんです、警笛が。
まさか!と思った瞬間に、白い車体が現れました。
カメラをバッグにしまいこんで10秒後の出来事です。まさに唖然。
思わず笑いが・・・そしてその次には激しい怒りがこみ上げてきました。
ここまでいろいろ我慢してきたものがすべて爆発したみたいです。
思わず叫びました。


ファ○ク!!


自分の間の悪さにすべての気力を失い、ホテルへと引き上げたのであった。
宿泊する、ステーションホテル旭屋は撮り鉄ご用達のホテル。
だから珍しくもなんともないはずなのに、朝6時前には出発すると言ったらたいそう驚いていた。
すいませんねぇ、奇特な人種なもので・・・。
こうして初日を終えたのであった。もう初日からボロボロっす。

« 北海道撮り鉄紀行~序章~ | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~2日目その1・北斗星を大沼ストレートで撮る! »

旅行・地域」カテゴリの記事

函館本線」カテゴリの記事

北斗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道撮り鉄紀行~1日目・大沼ロケハン:

« 北海道撮り鉄紀行~序章~ | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~2日目その1・北斗星を大沼ストレートで撮る! »