2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北海道撮り鉄紀行~2日目その1・北斗星を大沼ストレートで撮る! | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~3日目その1・カシオペア大岸トンネル飛び出し! »

2015/06/28

北海道撮り鉄紀行~2日目その2・北斗星撮影@黄金路線橋俯瞰

大沼で下り北斗星を撮り終えた私。
コンビニで買った朝食を頬張りながらこの先の行程を考えた。
当初の予定では、上り北斗星発車まで景観の良さげな場所で普通列車や特急を撮影して時間をつぶそうと考えていたが、どうやら1日雨は止みそうもないってことで、青い空や青い海が期待できない以上、それは断念せざるをえないと結論付けた。
そこでとりあえず大沼公園から札幌まで乗り鉄しようじゃないかと思ったのだ。
撮り鉄の前に乗り鉄だった私。函館本線~室蘭本線~千歳線とつながるルートは何度通っても飽きない。
それに寒かったので、札幌で服を調達したいとも思ったのだ。
スーパー北斗3号に乗りいざ札幌へ。
長い行程だけど、やっぱり全然苦にならないね(笑)。
天気が悪くても、車窓に広がる雄大な風景に心奪われっぱなしであった。

札幌駅のGAPで服を調達し、すすきのへ繰り出しウインズで宝塚記念の馬券を購入(ハズレ)。
さっぽろラーメンを啜って、また北斗12号でとんぼ返り。
運賃高いし、あまり利口とは言えないかもしれない時間のつぶし方だったかもしれないけど、
正直昨日から歩きっぱなしだったので、座っていられるだけでもありがたかった・・・。

上り北斗星は室蘭本線沿線で狙う。
ここからは最終日まで、室蘭本線を撮りつくすつもりだ。
夕方の撮影地に選んだのは黄金。
ここは下り列車の作例が有名な場所だが、上りも撮れる。
しかも上りは曇りの日が推奨されるという、まさに雨の本日にはうってつけのポイント。

アクセスは黄金駅を出て、37号線を崎守方面へと歩いて行く。
すぐにあれだなという陸橋が見えてくる(道中の列車内で確認しておくといいだろう)のでひたすらそこまで向かう。
徒歩10分くらいでたどり着けるので非常にお手軽なポイントだ。

5時前にたどり着いてみると、すでに同業者さんの姿がチラホラ。
そぼ降る雨の中ご苦労さんです。


しかし着いてみて唖然とした。
高いフェンスがあるじゃないか・・・。そんなの聞いてないぞ。
まさかフェンスの網目を望遠開放で交わせ・・・ってんじゃないだろうな。
ここのフェンスの網目は細かいので、ワシクリみたいにはいかないぞ。
もしや脚立必須のポイントだったのでは・・・。
そんな目の前が一瞬暗くなる状況だったが、ここの作例は綺麗な写真ばかりだったじゃないか、みんながみんな脚立持ち歩いてるわけじゃあるまい、何か抜け道があるはず、と冷静に観察してみた。
すると。

なんだ、この部分に足をかければ何の問題もないじゃないか(笑)。
アッサリと見つかった回答に安堵する。
無論、それでは三脚を使った撮影は厳しいが、手持ちに自信がなければカメラなんて趣味にしてない。
上等だと、ここでは手持ち撮影で挑むことにした。
ちなみにこういう場所にもベストポジションというのがあって、フェンスとフェンスの間にわずかに隙間が生じた場所があり、そこにレンズを向ければ三脚撮影も可能なのである。
もちろん一番乗りの同業者さんはその場所に陣取っていた。
そうそう、足をかける場所だけど、一番上まで登るのは大変危険なのでやめましょう。
一人そんな人がいたけど、危なっかしくて見てられなかった。
170センチほどあれば一段目の場所で十分なのだから。

この撮影ポイントでは、トンネルから飛び出してくる列車をアウトカーブハイアングル気味に俯瞰撮影できる。
好みは分かれるだろうけど、縦位置で撮るとより迫力ある写真が撮れると思う。
私は縦位置で撮影。手始めにキハ40普通列車でテスト撮影。


482D キハ40系1767 長万部行 JR室蘭本線 崎守-黄金 撮影時刻17:52:45


EOS 7D Mark II  EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 85mm SS:1/640 F5.6 ISO:4000 WB:オート マニュアル露出


うわー、やっぱり露出が厳しいなぁ。この悪天候ではさすがに夏至前後でも薄暗くなっちゃうよなぁ。
北斗星が来るのはもう少し先だし、果たしてどれだけiso感度が上がっちゃうのだろう。
高感度に強くなったとされる7D2だけど、レビューでは3200までが実用的って意見が多かったしね。
ちなみに上の写真は4000まで上がっちゃってるので、もしかしたら北斗星通過時には6400必要かもしれない。
ちなみに6400は、私の競馬撮影時でのリミット。さて、鉄道ではどう出るか。
そして北斗星はやってきた。


8008レ 臨時寝台特急北斗星 JR室蘭本線 崎守-黄金 撮影時刻18:09:55


EOS 7D Mark II  EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 85mm SS:1/640 F5.6 ISO:6400 WB:オート マニュアル露出


ああ、やっぱ6400いったか。
こりゃ帰ってからPCのモニターで確認するのが怖いなぁ・・・。
それでもカメラの性能をひたすら信じ、連写を続ける。
そしてその結果、構図的には完璧なものが撮影できたのである。



EOS 7D Mark II  EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 85mm SS:1/640 F5.6 ISO:6400 WB:オート マニュアル露出


今このブログを書いているのは、当然現像を終えてPCのモニタ上で確認後だ。
その結果は、7D2、ありがとうっていうものでした!
十分です。あの条件でこれだけ解像してくれれば十分です!
写真で見てもトンネルから飛び出してきた躍動感が伝わるように撮影できた構図は、この場所でこういうのが撮りたいというイメージ通り。
その通りに撮影できたのは、ひとえにカメラのおかげなのだ。
今回の旅の共に7D2をチョイスしたのは正解だった。そう思った。

とりあえずカメラの液晶で撮影結果を確認しながらニヤツキを抑えきれず帰路につけた。
上下ともDD51重連北斗星を成功のもとに撮影を終えられたことが満足だった。
そりゃ晴天バリ順で撮れなかったのは残念だけど、苦労した分生み出した成果にはより忘れがたい記憶が残るはずだ。
本日からの拠点となる東室蘭へ向かいながら、すでに心は明日の撮影に向かって動き出していた・・・。
明日はこの旅行期間中、唯一バリ順が期待できる1日となりそうなのだから。

« 北海道撮り鉄紀行~2日目その1・北斗星を大沼ストレートで撮る! | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~3日目その1・カシオペア大岸トンネル飛び出し! »

北斗星」カテゴリの記事

室蘭本線」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/61827919

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道撮り鉄紀行~2日目その2・北斗星撮影@黄金路線橋俯瞰:

« 北海道撮り鉄紀行~2日目その1・北斗星を大沼ストレートで撮る! | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~3日目その1・カシオペア大岸トンネル飛び出し! »