2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 北海道撮り鉄紀行~2日目その2・北斗星撮影@黄金路線橋俯瞰 | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~3日目その2・豊浦俯瞰はどんなとこ? »

2015/06/29

北海道撮り鉄紀行~3日目その1・カシオペア大岸トンネル飛び出し!

宿泊地の東室蘭で朝5時に起床。
窓の外を覗いてみると、そこには待望の青空が・・・ない。
まだ雨が残っていた。まさか唯一の晴れ予報だった今日までも雨に変わったんじゃないだろうな。
スマホで天気予報を調べれば、間違いなく晴れ間がのぞくと出ている。
もう信じるしかない。

早朝の東室蘭から撮影地へ向かうべく、始発列車に乗る。

5時50分発長万部行き。
この列車は、室蘭本線での撮り鉄ご用達の列車。
車内に乗り込めば、数人の脚立や三脚を所持した、いかにもそれっぽい人たちばかり。
そう言えば昨日黄金から来る時も、同業者さんの数人は東室蘭で降りた。
おそらく同じ宿に泊まった人もいるのだろう。東室蘭はまさに撮り鉄の拠点である。

2両編成のこの列車。
ちゃんと車内にトイレもついているので、お腹の弱い人にも安心だ。
早朝から海沿いをひた走る気動車。早起きは辛いけど、非日常的で気分は悪くない。

この日は北斗星は上り、下りともに運行がなく、撮影することはできない。
では、はまなすでも撮るか?と考えがよぎったものの、さすがにはまなすの時間帯には起きられそうもなかった。
そこで今日のメインターゲットはカシオペアとすることにした。

今朝のカシオペアの撮影ポイントに選んだのは大岸ストレートのトンネル飛出し。
これもまた、宇宙軒に次ぐ室蘭本線の有名撮影地で、迫力のある構図で撮影することができる人気ポイント。
ネットで下調べした情報では、激パだなんだって書いてあったので不安だった。
同じ列車に乗った同業者さんの動向が気になるところ。どこで降りるのだろう。
稀府で一人降車。ここはどこがポイントなのだろう。
長和で二人降車。俯瞰以外にもポイントがありそうな一帯だからね。
有珠でも一人降車。意外にも宇宙軒は一人か。行くなら今日だった!?
そして豊浦では誰も降りず、私含め残った同業者4人は大岸駅で下車することになった。
今朝一番の人気はここでしたか。考えることはみんな一緒ってことなのかなぁ。

では大岸ストレートへのアクセスを紹介。
まず駅を出たら目の前にある道道608号を長万部方面へ(左折)。

この線路沿いの道をひたすら進んでいく。
するとつきあたりのカーブにたどり着くのでそのまま道なりに。
いつの間にか線路は上方になっており、道路とオーバークロスする形になる。
その間をくぐると、すぐに駐車場が目に入ってくる。

撮影ポイントはここである。
しかし初めて来た人はきっとまごつくに違いない。
え?どこ?どこ?ってね。
私もそうだった。歩くスピードの速さで、同業者さんを置き去りにしてきたとはいえ、
迷っているうちに好ポジションを取られでもしたら目も当てられない。
仕方ないので駐車してあった車内で待機していた先客者さんに尋ねたのだった。
どこへ行けばいいんですか?と。
その回答は、「上だよ、上!」。
ん?上?それってまさかあそこのこと?

そういわれてみれば、よーく見ると置きゲバしてあるじゃないか。
でもどうやってあそこまで行けばいいというのか。
よくよく近くを調べてみると、斜面にけもの道ならぬ、テツ道ってな具合の登り道が存在していた。

ここかい!こんなのわかるわけねーよ。
それにあんなところに撮影スペースなんてあるのかな?
こんなところが有名撮影地になってるの?
さまざまな疑問を抱きながら、その斜面を登っていくと・・・。

このような開けたスペースがあったのでした。
なるほど、これなら5、6人くらいは十分行けそうだな。
しかしまぁよくこんなところ探し出すよな。先駆者たちは偉大だ。
それに三脚をセッティングしてみれば、なるほどいい場所だなぁってつくづく思える。
二つ向こうのトンネルまで見える、非常に面白いポイント。人気があるのも頷けるわ。

さっそくカシオペアが来る前に試写。


5001D スーパー北斗1号札幌行き JR室蘭本線 礼文-大岸 撮影時刻7:56:29


EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 100mm SS:1/800 F5.6 ISO:320 WB:オート マニュアル露出


おお、角度を失敗しとる。
連写の続きはみんなはみ出してしまった。
あぶない、あぶない。まだ撮り鉄始めて日の浅い私には、やはり本番前のリハーサルは必須みたいだ。
しかしこの頃には、待望の日差しが!北海道にきてついに青空を拝めた。
iso感度もようやく3ケタに収まった。今日はきっといい撮影日和になるに違いない。

そしてカシオペアはやってきた。
ちなみに、この時は合計4人の撮影者でした。
同じ列車で来た人はいなかった。俯瞰アングルのカムイチャシ史跡の方へ行ったのかもな。


8009レ 寝台特急カシオペア札幌行き JR室蘭本線 礼文-大岸 撮影時刻8:50:03


EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 100mm SS:1/800 F8.0 ISO:640 WB:オート マニュアル露出

トリミングして縦位置にしてみました。
トンネル飛び出しキター!
このアングルだと体感スピードが早いので、速めのシャッタースピードにした方がよさそうです。
今回1/800で撮ったけど、行けるなら1/1000くらいはしておきたいところですね。

カシオペア@礼文-大岸
カシオペア@礼文-大岸 posted by (C)Tylor
EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 100mm SS:1/800 F8.0 ISO:640 WB:オート マニュアル露出


ついに来たでー、バリ順!いただきました!
トンネル飛出し、首カックン。
撮りたかった絵がアッサリとモノにできたことに大満足。
等倍で見ると、機関車後ろの展望席の客の姿もよく見えたりします。
羨ましいヤツめ(笑)。

3日目、最初の撮影を大成功に終えた私は、意気揚々と次の撮影地目指して駅へと向かうのだった。
今日は終日、撮りまくるぞ!

« 北海道撮り鉄紀行~2日目その2・北斗星撮影@黄金路線橋俯瞰 | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~3日目その2・豊浦俯瞰はどんなとこ? »

旅行・地域」カテゴリの記事

室蘭本線」カテゴリの記事

カシオペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 北海道撮り鉄紀行~2日目その2・北斗星撮影@黄金路線橋俯瞰 | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~3日目その2・豊浦俯瞰はどんなとこ? »