2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 北海道撮り鉄紀行~3日目その4・夕陽の北舟岡でカシオペア迎撃! | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~総括 »

2015/06/30

北海道撮り鉄紀行~4日目・憧れの宇宙軒カーブで撮った北斗星

いよいよこの滞在も最後の朝を迎えた。
本日も早朝5時起き。さすがに疲れが溜まっていたのか、アラームが鳴ってもしばらく気づかなかった。
今朝の天候は薄曇り。まだ道は濡れていないので雨は降っていないという事か。
このまま午前中くらいは雨がもって欲しいものだが・・・。

昨日と同じ、東室蘭発5:50分の始発列車に乗り込む。
本日の同業者数は4名ほど。
途中の駅で次々と増えてきたので少し嫌な予感がする。
そして有珠駅到着のアナウンス。昨日は降りたのはたった一人だった。
今日は・・・私を入れて4人。
あちゃー、やっぱ今日の方が多いんだね。北斗星だからか。

もっとも、歩くスピードの違いで有珠駅から他の人々は置き去りに出来た。
列車通勤組では一番乗りでお立ち台に到着。
所要時間は12分ほど。ま、ざっとこんなもんだ。
ちなみにこの時点ではすでに空が泣きだしていた・・・。
結局この遠征、最後まで雨にたたられっぱなし。
晴れ間が広がった昨日も朝は降っていたし、滞在4日中すべてで雨が降った。
北海道は梅雨がないはずなのにこの祟られよう。せっかく梅雨の本州から逃げ出してきたのにね。
これが蝦夷梅雨というやつなのだろうか・・・。

宇宙軒カーブのお立ち台に着いた時点では先客者は3人くらいだった。
昨日ロケハンして、ここが一番いいかなと思っていた大きな木の下、そのポイントは空いていたので三脚を設置。
理想通りのポジションに収まれたことが救いだった。
6時50分前には機材をセット出来ていたので、列車移動組としては最速の始発2本目の普通列車から撮影できる。


473D キハ150系109 幌別行き JR室蘭本線 有珠-北入江(信) 撮影時刻6:51:33


EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 220mm SS:1/320 F8.0 ISO:1600 WB:オート マニュアル露出


まだ小雨くらいなので写真的には影響が少ない。
iso感度もこれくらいで落ち着いてくれれば問題ないのだが・・・。

続いてやって来たのは一両編成。


477D キハ40系1762 室蘭行き JR室蘭本線 有珠-北入江(信) 撮影時刻7:47:24


EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 158mm SS:1/640 F6.3 ISO:2500 WB:オート マニュアル露出


この撮影地は一両編成だと少し不恰好になっちゃうね(苦笑)。
やはりここは長編成を撮りたい場所。
この頃には少しずつ雨は強まり、iso感度も跳ね上がった。
これはもしかしたら本番は厳しいことになるかもしれない。
そんな嫌な予感に襲われた。

朝8時をまたぐ頃には、撮影者の数はとうに10人を超えていた。
中には希望のポジションに収まろうとして、先客の神経質な人に怒鳴られる人もいたりして、ピリピリムードが漂い始める。
譲り合いの精神こそ撮り鉄に求められるマナーだけど、一人こういうのがいると途端に現場の空気は悪くなるね。


5001D 特急スーパー北斗1号 札幌行き JR室蘭本線 有珠-北入江(信) 撮影時刻8:11:13


EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 158mm SS:1/640 F6.3 ISO:1600 WB:オート マニュアル露出


8時台になってようやく特急が通過。
これでだいたい構図の最終調整が済む。
その確認にピッタリの貨物が直後に通るのだ。



EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 158mm SS:1/640 F8.0 ISO:1250 WB:オート マニュアル露出


レアもの、赤スカレッドベアいただきました!
これで構図、設定は決まった。
後は平常心を保つこと。そして願わくば雨が弱まる事。
ザーザー降ったり、小康状態になったりを繰り返す空模様にヤキモキしながらその時を待つ。
北斗星通過直前の撮影者の数は実に17人になっていた。
平日の早朝、こんな雨の中17人ですよ!?
この場所の熱気ぶりがわかるというものでしょう。
そして、ついにこの滞在で見る、最後のブルートレインの姿がファインダーに入ってきた。
雨は・・・残念ながら土砂降り。あとはもう祈るしかない・・・。


8007レ 臨時寝台特急北斗星 札幌行き JR室蘭本線 有珠-北入江(信) 撮影時刻9:05:47



EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 158mm SS:1/640 F6.3 ISO:1000 WB:オート マニュアル露出


昨日のロケハンでイメージしたことが今目の前で現実になっていることに震える。



EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 158mm SS:1/640 F6.3 ISO:1000 WB:オート マニュアル露出


ずっとここで北斗星を撮りたいと思っていた。
それが今叶っているんだ。



EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 158mm SS:1/640 F6.3 ISO:1000 WB:オート マニュアル露出


さぁ、あとは収まるところにうまいこと収めるだけ。
連写は控えめに、引きつけて引きつけて・・・バースト!
今こそ7D2の真価を発揮する時。10コマ/秒連写発動!


北斗星@宇宙軒カーブ
EOS 7D Mark II  EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 158mm SS:1/640 F6.3 ISO:1000 WB:オート マニュアル露出


・・・決まった。
さすがに土砂降りとなっては雨の影響は避けられなかったけど、これぞイメージした通りの絵。
これを撮れただけでもこの遠征は大成功だったと言える。
安堵感から、どっと力が抜けた。ここだけは失敗したくなかったので、とにかくホッとした。
カメラの性能に感謝。

こうして終わった今回の撮り鉄遠征。
有珠駅に戻った頃にはピリピリムードも和らぎ、同業者一同で談笑。
辛い雨の中で各々が頑張り、各々の成果を残せた、我々は同志だった。
そしてそれぞれの道に分かれていく。
ある人はまた別の撮影地に、ある人は今度は乗り鉄を楽しみに、そしてある人(私)は帰路へ着くため空港に。
すべて列車が繋げてくれた縁。
残せた写真も、集まった人たちも一期一会だ。

« 北海道撮り鉄紀行~3日目その4・夕陽の北舟岡でカシオペア迎撃! | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~総括 »

旅行・地域」カテゴリの記事

室蘭本線」カテゴリの記事

北斗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道撮り鉄紀行~4日目・憧れの宇宙軒カーブで撮った北斗星:

« 北海道撮り鉄紀行~3日目その4・夕陽の北舟岡でカシオペア迎撃! | トップページ | 北海道撮り鉄紀行~総括 »