2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 疲れを癒すこと優先 | トップページ | ボロボロ EPIC NIGHT »

2015/06/13

臨時北斗星撮影@川口駅

定期8007レ撮影。
今回の撮影地で選んだ場所は川口駅。駅撮りってやつだ。
北斗星撮影を始めて、初めての駅撮り。
乗客の邪魔になりたくないから駅撮りはなるべく避けていたけど、アウトカーヴ構図の写真が撮りたかったので。
幸い、川口駅の撮影ポイントはホームの先端で、乗降客の邪魔にはならない。
推定通過時刻の1時間半前からスタンバイ開始。場所は2番線の東京寄り。
この時点で先客は誰もおらず、特等席をゲット。
これならまず失敗はあるまい。怖いのは被りだけ・・・。

さっそくひっきりなしに行きかう普通電車でリハーサル。

作例:1


EOS 7D Mark II / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM / 100(概算160)㎜

京浜東北線は一番手前のレールを走行してくるので正面アングルでも撮れる。
あまりレンズをつきだし過ぎると警笛ならされるので注意しよう。

作例:2


EOS 7D Mark II / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM / 182(概算291)㎜

東京上野ラインが通るレールが北斗星の走行ルート。
リハーサルとしてはこの15両編成をもとに、北斗星の12両を想定した構図を測り撮影練習を繰り返した。

練習しているうちに気づけば同業者さんたちが7名ほど集結していた。
私が陣取ったホーム先端ポジションは詰めれば3人までは入れそうだけど、その後ろからでも狙えるみたいだね。
途中、駅員さんがやってきて、この先立ち入り禁ず的な張り紙をしていった。
こんな注意書きがなければやらかす奴もきっといるんだろうね・・・。
駅員さんたちもご苦労さまです。

ところでこの日は車両の安全確認かなんかで電車の遅れが発生するなどダイヤが乱れていた。
北斗星が近づくにつれ、前回ワシクリで味わった苦い記憶が蘇る。
なんか被られそう・・・。もし京浜東北線と同時に来られたら完全終了だ。
後ろからは上りが来るとのアナウンス。果たして・・・。
祈りは通じ、間一髪で上り到着前にブルーの車体が近づいてきた。
よしよし、リハーサル万全だし、これなら失敗はない!


8007レ EF510-513 臨時寝台特急北斗星札幌行


EOS 7D Mark II / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM / 200(概算320)㎜

いただきました~。
意図通りの構図。完璧。さすが7D2、楽々と撮れちゃったよ。
513号機が復活して初めての遭遇だね。最近はオール青釜で運行してるのかな?
って、んん?なんか端っこに写ってないかい?
おーい、同業者さんが道路っぱたにスタンばってたのかよ!
心霊写真じゃないんだからさ・・・。

それでも、撮りたかったアウトカーブの作例は撮れた。
なんちゃってワシクリ島川踏切アウトカーブっぽく撮れたし、もう東鷲宮まで行かなくて済むね。

駅撮りは歩かなくていいのでお手軽だし、ここ川口駅は撮りやすいのでお勧めですね。
って、もともと超有名撮影場所か、ここは(笑)。

さて、北斗星撮影も数をこなしているうちに気づけば完全廃止まで残り2か月弱となってしまった。
私のこの先のスケジュールを考えると、これからはなかなか撮影のチャンスはなさそう。
特に下りを撮れる機会は今日が最後になる可能性すらある。
できるだけ調整して撮りに出かけたいけどね。あとわずかの機会、無駄にできないね。
今後行ってみたい撮影地は、白岡付近や新浦和橋のエビ反り、梶原踏切あたり。
全部上り撮影地か。まだ撮れてない正面ドカンも撮っとかなきゃだよなぁ。
後は北海道でのDD51重連も外せないところ。あと何回撮りに行けるだろう・・・。


EOS 7D Mark II / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM / 200(概算320)㎜

« 疲れを癒すこと優先 | トップページ | ボロボロ EPIC NIGHT »

東北本線」カテゴリの記事

北斗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臨時北斗星撮影@川口駅:

« 疲れを癒すこと優先 | トップページ | ボロボロ EPIC NIGHT »