2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« こんな休日の過ごし方 | トップページ | 人材不足!? »

2015/07/20

準備着々

昨日池袋へショッピングに行った中で最大の目的は、三脚を買う事だった。
現在所持している、VelbonとSlikのはトラベル用のミニ三脚に分類されるもの。
携帯性はいいが、強度や安定性、積載できる重量には物足りなさがある。
実際、先の北海道撮り鉄遠征の時に持って行ったものの、他の同業者たちとの意気込みの差を感じた。
そこで私も大型で頑丈な三脚が欲しいと思い、池袋のカメラ館へと行ったのだ。

来るまでは、ハスキーの3段か4段にしようと思っていた。
これこそが撮り鉄の標準装備だからである。
最大限に伸ばせば2mにもなる大型三脚は、強度安定性高さ耐荷重とも文句なし。
だがそれ故でかく重たく、何より値段が高い。
3段は7万円台、4段は8万円台もした。
どうせ買うなら一生ものってことで、ハスキーで良かったのかもしれないが、ここで弱気の虫が出る私。
果たしてここまでの物が必要なのだろうか・・・と。

そこで他のメーカーのもじっくり検討してみた。
候補はVanguard製かManfrotto製。
これらも撮り鉄の現場で良く目にする三脚メーカーである。
値段もハスキーよりは安い。
そんな中で目に留まったのが、Manfrottoの055プロアルミニウム三脚3段+RC2付き3ウェイ雲台キット。
私の求める理想のスペックには若干劣るものの、それでも値段が3万5000円ほどなことを考えると、コスパがよさげだった。
長さは最大183センチ。私の身長よりも10センチ近く伸びる。
重さは3.5キロ。旅行で運べ得る範囲の重さ。
最大耐荷重は8キロ。ハスキーの10キロには及ばないが、必要十分。
何よりデザインがカッコいい。
これに決めました。専用のケースも購入して4万円弱でした。
ハスキーの半分ほどの値段で納得いくものが買えたのだから良しとしよう。

そして安く済んだので、ついでにこのアイテムも購入。
マルチアーム、通称鉄っちゃんバー。
これを三脚に装着すると、一つの三脚で複数のカメラをつけられるという珍アイテム。
これも現場ではよく見かける。
これから北斗星ラストランを迎えるにあたって、スチール撮影以外にも動画撮影をしたいと考えていたので、
せっかく重厚な三脚を買ったわけだし、この機会に手に入れておこうと思ったのだ。
買ったのはVanguardのMulti-Mount 6。
2台以上カメラを装着できるというアイテム。

さっそく家に帰ってきてから手持ちの機材でフル装着してみました。

α99とEOS 7D Mark II。400㎜望遠レンズに大口径ツァイスレンズ。
持ち得る重量のあるレンズを装着したにも関わらず、微動だにしません。
頼もしい三脚です。これならば次の現場が楽しみだ。
それにしてもこのバー。思っていたよりも重厚・・・というか大袈裟!?

Slik製にも鉄っちゃんバーあるんだけど、そっちはもっとコンパクトだ。
まぁその分安定性はこのバンガード製の方なんだろうけど。

角度も自由自在。
たぶん両サイドのネジ部分にも雲台取り付けられて、そうすれば4台体制ってのも出来てしまいそうだ。

しっかし凄いの買い揃えちゃったな。持ち運ぶ覚悟が必要なくらいに。
まぁこんな具合に北斗星ラストランを迎える準備は着々と進んでいるのであります。
残り、もう一か月と2日だ・・・。

« こんな休日の過ごし方 | トップページ | 人材不足!? »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 準備着々:

« こんな休日の過ごし方 | トップページ | 人材不足!? »