2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 明日は仕事燃えるぞ | トップページ | 古河の街で途方に暮れる »

2015/08/19

臨時北斗星撮影@白岡

執念で仕事を午前であげ、予定通り半休を使い北斗星撮影へ出向きました。
いよいよ大詰めを迎える中、撮影地選びも難航することが多くなってきています。
やはり同じところでよりは、違う場所での違うアングル、構図で1枚でも多く残したいですからね。
で、今回は白岡-新白岡間での撮影をチョイスしました。
いや、仕事終わりでワシクリまで歩くのダルかったんですよ・・・。

白岡-新白岡での寝台特急撮影では、何と言っても白岡陸橋からの俯瞰撮影が有名である。
というか、ネット上に溢れる、このあたりの作例はほとんどが陸橋からのものだ。
でも個人的にはあまり好みの構図ではない。
ということで、知る人ぞ知る白岡-新白岡間のマイナー撮影地に出向いてみました。

陸橋までの道のりは同じ。
ただその撮影地へは陸橋のかかる大通りを渡り、その先へと進みます。
すると田園地帯が広がっています。

陸橋俯瞰での上り作例で写っている田んぼはこの辺りの物。
そこを進んでいくと、線路沿いへと抜けられる畦道があるのです。

ぐんぐん進みます。
なんかヘビとか出てきそうだけど、恐れず前進あるのみです。

すると右手に果樹園が見えてきます。
撮影地はこの果樹園の向こう側。

こんな感じの撮影ポイントがあるわけですねぇ。
奥に写っているのがメジャー撮影ポイントの陸橋です。
ちなみに大宮以降、蓮田も陸橋も大勢の同業者氏が集結していたけど、この場所には誰もおらず。
おかげで初めて来た場所で好きなように構図を練ることが出来ました。

キャパ的にはせいぜい10人までってところですかね。
フェンスの高さは成人男性の平均身長くらいあればどうにかカメラは構えられそう。
174センチの私は問題ありませんでした。
が、窮屈な格好になってしまい構図も乱れるでしょうから、簡易式でもいいので踏み台or脚立があると安心。
私は誰かが捨てて行ったと思しきボロい踏み台みたいのが落ちていたので利用させていただきました。

さっそく貨物やら普電やらで撮影練習。
この撮影地、マイナーだけあってなかなか撮るのが難しい。
望遠レンズが望ましい場所だけに、手持ち撮影だと重さで腕プルプル。
構図がどうしても乱れてしまうのだ。


EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 312㎜ 1/640 F5.6 ISO400 WBオート
東北本線/白岡-新白岡


この作例では水準が滅茶苦茶だったので修正を余儀なくされた。

それでも何回か撮りつづければ慣れてくる。
北斗星の一個前の湘南新宿ラインでようやく自分の意図通りに撮れるようになれた。


EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 312㎜ 1/640 F5.6 ISO800 WBオート
東北本線/白岡-新白岡


ただ右下にあるポールみたいなのが邪魔なんだよなぁ、ここ。
人がいないのはこのせいか?
それからバリ晴れだと若干光線状態がよくないらしいので、曇りの方がいいみたいです。
ちなみにこの時間帯は薄曇り。条件的にはベスト。
7D2の性能もあり、失敗しようがない状況で北斗星を迎えたのでした。


8007レ 臨時寝台特急北斗星 EF510-513+24系 撮影時刻16:57:38


EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 330㎜ 1/640 F5.6 ISO800 WBオート
東北本線/白岡-新白岡


うん、ポールを消すことにも成功。
側面に信号の色が写りこんで綺麗だ。


EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 330㎜ 1/640 F5.6 ISO800 WBオート
東北本線/白岡-新白岡


ポールは写りこんでしまうけど、引きつけの1枚。
ピンもよく来ている。


EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 330㎜ 1/640 F5.6 ISO1000 WBオート
東北本線/白岡-新白岡


おまけ。
バッファフルのなか最後の一切れで撮れた1枚です。

ここでの北斗星撮影を大成功の元に終えたのでした。
いや、実は危なかったんですよ。間一髪で被りを回避してたわけで。
もう切羽詰まった状況での被りとかほんと勘弁して欲しいですからねぇ。
この後の宇都宮配給は案の定被られたし。
苦し紛れで縦位置で押さえては見たけど・・・。


EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 114㎜ 1/640 F5.6 ISO800 WBオート
東北本線/白岡-新白岡


これじゃあんまりだよなぁ。
北斗星の時にこうならなくて本当に良かった。
これにて撤収したわけだけど、結局最後まで同業の方は誰も来ませんでした。
5月から北斗星撮影始めたわけだけど、孤独の撮影はこれが初めて。
大詰めの状況の中でこの閑散ようは、ここがいかに穴場なのかを物語っているのか、
はたまた、ただ人気がないだけなのか、たまたまだったのか、それはわからないけど、
もしラストランで狙いの場所が満員大激パだったら、最後の手段としてここに来るのもアリかもな。

そう、北斗星撮影もいよいよラストランの上下2日のみとなったのです。
撮影地は両方ともようやく決断しました。
最後まで私も北斗星も、無事に終えられますように。

« 明日は仕事燃えるぞ | トップページ | 古河の街で途方に暮れる »

東北本線」カテゴリの記事

北斗星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臨時北斗星撮影@白岡:

« 明日は仕事燃えるぞ | トップページ | 古河の街で途方に暮れる »