2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« より月曜を迎えるのが鬱に | トップページ | 暗算が苦手 »

2015/09/28

ベランダでお茶を濁す

今日はスーパームーンってことで、1年でもっとも大きな満月が見られる日。
そういう特別な日だからきっと写真愛好家の人たちは渾身の作品を残すべく出かけたりするのだろう。
私も帰り道にちょうどサイドに見えていて、いつも通る踏切からの眺めが非常に良かったので、
こりゃあ列車と絡めて山崎さんばりの夜感鉄道撮影でもしようか!?という考えが一瞬よぎったけど、
いざ家に帰ってしまうともう一度出かけようという気にはなれなかった・・・。
我ながら情けない。
仕事終わりで疲れていたとはいえ、行動力を起こせない自分が切ない。

それでもせっかくだからと、家のベランダから月だけでも撮っておくことにした。
今まで何度か月の撮影は試みたことはあるけど、超望遠を手持ちで撮ったのでブレブレな糞作品しか残ってない。
そこで本日は三脚を設置して、なおかつレリーズを用いて撮ってみた。
これでブレは皆無のキリっとした写真が撮れるはずだ。
機材はEOS 7D Mark IIとTAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD。
テレ端で撮るわけだから概算で960㎜の超望遠。
手持ちじゃ無理に決まってる(^^;

月の撮影はホワイトバランスやシャッタースピードで得られる結果がだいぶ変わってくる。
何枚か撮った中でこれかなぁという3枚をセレクトして載せてみたい。


1枚目


若干暗めの1枚。
ホワイトバランスは太陽光。月は太陽の光を浴びて輝くので、基本は太陽光で撮るべき。
シャッタースピードは1/500の設定。これより速いと暗すぎで使い物にならなかった。


2枚目


同じくWB太陽光設定だが、SSは1/60。
ここまでシャッタースピードを落とすと肉眼に近い感じで写せた。
輝く満月の夜って写真ならこれかな。


3枚目

こちらはホワイトバランスをオートで撮ったもの。
オートで撮ると白っぽく写る。
実際の月はきっとこっちの方が近いのだろう。
月は黄色か白か。個人の好みでホワイトバランスを設定すればいいんじゃないかな。


いずれの写真もトリミングしております。
概算960mmでも足りないぐらいなのだから、やっぱりお月さまは果てしなく遠いのだ。
少しでも距離を稼ぐために、外じゃなくベランダから撮ったわけで。
しっかし、漠然と月撮ってもあんまり面白くはないわな。
うーん、やっぱり列車と絡めて作品残したかったな・・・。
もっと行動力を持ちたい。

« より月曜を迎えるのが鬱に | トップページ | 暗算が苦手 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベランダでお茶を濁す:

« より月曜を迎えるのが鬱に | トップページ | 暗算が苦手 »