2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 下剋上どころか | トップページ | さらばメイショウタツノリ »

2015/10/17

カシオペアクルーズ撮影@岩本

本日は眠い中早朝に起き、始発列車に乗って上越線を下った。
目的はカシオペアクルーズの撮影である。
カシオペアクルーズとは、普段運行している札幌との往復をしているカシオペアとは違い、
ななつ星のようなクルーズ列車として観光スポットを巡る、お金持ち専用の臨時お楽しみ列車のこと。
おそらくは、定期運行が終了した後も、車体がまだ新しい以上今後も定期的に運行されるはず。
今回は日本海側ルートを下るという事で、地元の上越線での撮影が叶い、前からこの日に有給をとっておいた。
しかも今日は他にもELレトロみなかみやSLみなかみも運行され、まさにネタが満載の一日。
楽しみにしていたのだが・・・。

高崎を出発した時には曇り空だったが、目的地に着く前の渋川を過ぎたあたりから雨になってしまった。
正直、こんな滅多にない日に雨が当たるだなんてどんだけついてないんだよって気が滅入った。
このところずっと晴れ間が続いていたのに、ピンポイントで雨になるんだからなぁ。
かつて私が北斗星の撮影に出向くとほとんど曇天ないし雨になった嫌な過去を思い出す。
どうやら私は鉄道カメラマンの山崎氏もビックリの、撮り鉄雨男みたいだ。

始発列車が目的の岩本駅に着いたのはAM7時過ぎ。
だが、途中の車窓からすでに大変な人数が陣取っているのが見たので、慌てて場所を確保しに走った。
雨でも、早朝でも、お構いなしにこの人数。
やはり珍しいカシクル他ネタ車Day。みんな大好きパーイチもあるでよ。
この津久田-岩本間の撮影地は、岩本駅をでて津久田寄りに複数の踏切付近に点在する。
一か所がダメでも、まだ2か所踏切付近での撮影が可能。
景色も谷あいで、もう少しすれば紅葉も美しくなるであろういい撮影地。
だからこそここを選んだわけだが、考えることはみんな一緒で、完全乗り遅れ気味の私はポジションを取れず。
北斗星の時も味わったことのない、初めての大激パってやつでした。
それでもなんとか先客たちの邪魔にならない場所を確保し(かなりの妥協地点)、三脚を構える。
雨は小康状態だが、靄がかかって見晴らしは悪い。せっかくの好撮影地が台無しで軽く萎える。
ここからは本番まで、だいたい30分に1本の列車がやってきて多少の練習は出来た。


115系普通列車

115系@津久田-岩本
115系@津久田-岩本 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA 55mm 1/1000 F5.0 ISO800 WBオート
上越線/津久田-岩本


ポジション的に、線路寄りに乗りだせない(後ろの先客のカメラに写りこんじゃう)ため、広角気味に撮らなければならない。
だが、空気読まないじーさまが後から来てちょうど入り込む場所に割り込んで来たり、
ひとつ向こうの踏切に陣取る10数名の同業者たちが入り込んじゃったりで、あまり広角にもできない。
妥協に妥協の50㎜付近が一番いいと判断したが、これだとカシクルはケツまで入りそうもなかった。

カシクルが来る前にELレトロみなかみがやってくる。
これも撮るのは初めてだし、普段のSLとは違うものも撮れるので目当ての一つだった。


ELレトロみなかみ EF64 1001+EF64 1052+旧客4B


ELレトロみなかみ@津久田-岩本
ELレトロみなかみ@津久田-岩本 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA 60mm 1/1000 F5.0 ISO1250 WBオート
上越線/津久田-岩本


上りこう配の中、EF64重連でうねりを上げながらやって来た。
その迫力はSLにも勝るとも劣らないもので、これもまたいいなぁと思った。
雨もだいぶ小降りになってきており、空も明るくなりつつある。
ISO感度も常識の範囲内に収まりそうで、とりあえず胸をなでおろす。
ただ、やっぱりこの感じだとカシクルは収まりきらないのは確定的。
まぁ今さらどうすることもできないのでこのままいくことにする。
そしてメインディッシュがやってきた。
撮影者は最終的に3つの踏切付近併せて100人は下らない大フィーバーだった。


9011レ カシオペアクルーズ EF64 1051+EF81 97+E26系12B 撮影時刻10:15:37


カシオペアクルーズ@津久田-岩本
カシオペアクルーズ@津久田-岩本 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA 55mm 1/1000 F5.0 ISO1000 WBオート
上越線/津久田-岩本


やっぱりケツはキレたが想定内。
悪条件の中、色合いや止める位置など、その他の点では上出来の結果。
そりゃパーイチ先頭がよかったし、ヘッドマークがついてないもの残念。
だけどこの普段は見られない組み合わせの牽引で走行するカシオペアは普段よりかっこよかった。
撮影地の雰囲気的に、天気がよかったらもっといいものになったのかと思えば少し残念ではあるが。

この後1時間後くらいにSLも来るのだけど、ここまで雨の中ずぶ濡れになりながら撮影してきただけに、
服もカメラ機材もびしょ濡れで寒いわ気持ち悪いわカメラが心配だわで、撤収することにした。
SLはいつでも撮れるし、だったらもっと条件のいい日に来ればいいさ。
今日はとりあえず、ELみなかみとカシクルで満足である。
晴れの日、この撮影地の本来の場所で撮りに必ずまた来ようと思う。

« 下剋上どころか | トップページ | さらばメイショウタツノリ »

上越線」カテゴリの記事

カシオペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシオペアクルーズ撮影@岩本:

« 下剋上どころか | トップページ | さらばメイショウタツノリ »