« 秋の撮影旅行・エピローグ編 | トップページ | どのぐらい稼げたのかな »

2015/11/23

α900を使ってみての印象

3連休最終日はじっくり体を休めました。
昨日の黒田原の山登りで、足腰肩、そしてケツの筋肉までもが凄まじく痛い!
カメラを趣味にするものの宿命ですね。

そんなカメラ機材の内、今回主に使用したのが先日入手したα900だった。
初めての実戦となった今回、その使い心地はどうだったかというと・・・。
とりあえず一番気になった点は、レリーズタイムラグが結構あるってことかな。
α900と言えば、やれ高感度に弱いだとか、やれライブビューがないとか、やれAFが遅いとかいろいろ言われるけど、私が一番気になったのがこの点でした。

特に今回鉄道という動き物を撮影したので、それをより感じた次第なのです。
キヤノンやニコンなどのようにAFが強くて、任せておけばしっかり追従してくれるカメラと違い、α900で動き物を撮ろうとすれば置きピンが基本となる。
で、今回の撮影でも置きピンで撮影したのだが、理想の位置でシャッターを切っても、撮影結果は若干通り過ぎたシーンが記録されているというものだった。


8010レ 寝台特急カシオペア EF510-512+E26系
8010レ 寝台特急カシオペア EF510-512+E26系 posted by (C)Tylor


上の写真などは、本来は成功のメインカットとしたいところだけど、このレリーズタイムラグのせいでカツカツになってしまっている。
シャッターを押したときには決まったと思っただけに、ちょっとガッカリもした。
今後はもしこのカメラで動き物を撮る場合はその辺を踏まえて少し前でシャッターを切らないといけないかもしれない。
でもあんまりその感覚に慣れちゃうと、レリーズタイムラグの少ないカメラを使った時に戸惑うかもしれないけど・・・。

それ以外では、シャッター音の大きさやミラーショックもあんまり気にならなかった。
ISO感度は今回は意識して最大640にするようにしたけれど、そこまでなら特に気になるノイズは出なかった。
ISO800以上になった時にどうなるのかはまだ未知だけど、そういう露出が厳しい日には持ち出さなくても他にもカメラはあるわけだから、適材適所で使う機材を替えれば済むことなので気にしないことにする。
とにかく、何かと撮りがいのあるカメラであることは間違いありませんでした。
買って良かったと思います。

« 秋の撮影旅行・エピローグ編 | トップページ | どのぐらい稼げたのかな »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: α900を使ってみての印象:

« 秋の撮影旅行・エピローグ編 | トップページ | どのぐらい稼げたのかな »