« 今後に向けての明るい話題 | トップページ | 痴漢騒動に遭遇 »

2015/11/01

長さか、性能か

本日は天皇賞・秋が行われるという事で、早朝5時から競馬場へと出向いた。
今回は馬券で勝つことはもちろん、前回の撮影で7D2を買ってから初めての失敗気味に終わった撮影のリベンジもしたい。
ちなみに今回は7D2と100-400Ⅱ型の組み合わせをチョイス。
広い東京競馬場での撮影の時は、ソニー機時代は500㎜、7D2を使うようになってからはタムロンの600㎜をメインに使用してきたが、前回タムロンの600㎜で超望遠域を使いこなせず失敗したので、今回はあえて東京競馬場では短い部類の400㎜を選択してみた。
今回の結果いかんでは次回以降も400㎜を使うことになるかもしれない。
何と言っても最新の白レンズ。性能はサードパーティのものとでは雲泥の差なのが現実。
長さか、性能か、それを見極めたい。

で、今回撮ってきた主な成功カット。











どれも成功していると言えるんじゃないかなぁ。
ちなみに今回のAIサーボの設定はCace1で、測距点は65点自動選択。
65点自動選択AF時のAIサーボAF開始測距点を真ん中に固定して、
ピントが合ったことをきとんと確認してから追従させつつ連写。
前回ピンボケを量産させた結果を踏まえての、心に余裕を持つことを常に念頭に入れての撮影を心がけた。
その結果、ピンを外した外れカットは最小限に抑えられ、成功カット多数の好結果を生みだせた。
前回の失敗があったからこその今回であり、やっぱり写真はいろいろ考えて撮らなきゃなんだなと改めて思った。
外科医が切って切って切りまくることでしか成長しないように、写真も撮って撮って撮りまくらなければうまくならない。
まだまだうまくなりたいので、次回以降も慢心せずに精進したい。
それから、やっぱり純正白レンズの性能の良さは、焦点距離の不足という弱点を補ってくれるなと思った。
最悪ある程度はトリミングできますしね。

ちなみに、天皇賞は馬券の方も万馬券を見事にゲットし、撮影ともども大成功のもとに1日を終えることが出来たのでした!
ラブリーデイ!

« 今後に向けての明るい話題 | トップページ | 痴漢騒動に遭遇 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長さか、性能か:

« 今後に向けての明るい話題 | トップページ | 痴漢騒動に遭遇 »