2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« OM-D E-M5 mark II 購入! | トップページ | 受け入れて使っていく »

2015/12/10

OM-D E-M5 mark II 撮影実戦~撮り鉄編

昨日買ったばかりのOLYMPUS OM-D E-M5 Mark II。
休みの本日は本格的な撮影テストを行いに、いつもの線路端へと足を向けた。
写真に動画に、撮り鉄でその機能の一端を覗かせてもらおうって寸法だ。
レンズはキットのM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II。
マイクロフォーサーズなので、フルサイズ換算すると2倍の焦点距離になる。
つまり28-300mmというかなりの高倍率ズームレンズという事だ。

まずは写真撮影から。
とりあえずコンティニュアスAFの性能を知りたい。
という事で、撮影条件としては優しい部類の正面から向かってくるアングルを撮れる場所へ。


211系@新前橋-井野
211系@新前橋-井野 posted by (C)Tylor 150mm F5.6 1/800 ISO640 WBオート
両毛線/新前橋-井野


おお、211系だ。久々に遭遇したなぁ。
ピントもきっちり来ているし、この条件下では何の問題もなく撮れるね。
ちなみにこれは低速連写(秒間5コマ)で撮影したもの。
正面からのアングルならこのくらいの速度でいいね。


場所を変えて今度はワイド端で撮影。
スピード感が増すのでAF性能が悪いと目も当てられない結果になるが。


115系@井野-高崎問屋町
115系@井野-高崎問屋町 posted by (C)Tylor 14mm F4.5 1/1250 ISO200 WBオート
上越線/井野-高崎問屋町


以前α55でしくじったこの撮影場所。
今回はアッサリとものにすることが出来ました。
これは当然高速連写モード(秒間10コマ)を使っての撮影。
連写は速いがバッファ容量は7D2のようにはいかないようだ。
もちろんダメダメソニー機よりは持ちます。
もっともSDカードの転送速度の問題で息切れしただけかもしれんが。

最後に81点という多数の測距点を使っての置きピン撮影。


115系@井野-新前橋
115系@井野-新前橋 posted by (C)Tylor 80mm F5.6 1/1250 ISO1000 WBオート
上越線/井野-高崎問屋町


これだけ測距点が多いと置きピン撮影が楽でいいね。

という事で写真撮影に関しては特になんのストレスもなく行うことが出来たのでした。
だが、このカメラを買った最大の要因はムービー。
5軸手ブレ補正を擁した動画撮影こそが一番の目的だったのだ。
だからあえて手持ちで鉄道走行シーンを撮影してみました。
これくらいは楽に出来なければ、買った意味はないと言えるだけに、結果を楽しみにしていたが・・・。



いいですね、これはいい感じです。
デジカメで手持ちでこれだけ撮れればもう十分ですよ。
ホッと胸をなでおろし、筆おろし撮影を〆たのでした。

ところが帰ってきてから問題発生。
写真は問題なく綺麗な結果を得られていたのだが、動画の方が・・・。
パソコンに取り込んだ動画を再生すると、見事なまでのカクカク動画ぶりを炸裂。
これはいったいどうしたことか。
ちなみにWindows Media Player。
MOVファイルだからQuick Time Playerじゃないとダメなのか?と思い、そっちで再生したら普通に再生された。
でもおかしいなぁ。7D2で撮った動画もファイル形式は同じMOVだけど、そっちはWindows Media Playerで問題なく再生されるけどなぁ。どうしてOM-Dだとカクカクしちゃうんだろう。
ビットレート?それ以外に何か設定を誤っている?
せっかくの動画がパソコンで見られないんじゃ編集のしようもない。
使いにくいQuick Time Playerを常用する気にもなれないし、これは非常に参った。
早急に解決策を探さないと、これから実戦で使用していくことができない。
それでは買った意味がまったくなくなってしまう。
良い結果と悪い結果が両方出て、喜んでいいのかガッカリなのか非常に微妙な筆おろしの1日となったのでした。

« OM-D E-M5 mark II 購入! | トップページ | 受け入れて使っていく »

カメラ・写真」カテゴリの記事

上越線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OM-D E-M5 mark II 撮影実戦~撮り鉄編:

« OM-D E-M5 mark II 購入! | トップページ | 受け入れて使っていく »