2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« この忙しさでは無理か | トップページ | OM-D E-M5 mark II 撮影実戦~撮り鉄編 »

2015/12/09

OM-D E-M5 mark II 購入!

明日は楽しいボーナスちゃん♪
という事で明細を頂きました。うん、夏よりは多いかな。
で、そのボーナスで買いたいものがあったんだけど、明日休みという事もあり、
入金される前に待ちきれずにフライングで買いに行ってしまいました
向かった先はビックカメラ。という事は、買うのはカメラ機材という事になります。
思えば去年はこの時期は7D2やその周辺機材を揃えるのに惜しみなくボーナスをつぎ込んでいた。
3年前は初めてのフルサイズ機導入となるα99を清水の舞台から飛び降りて買っていた。
思い切った買い物をするのはやっぱりこのタイミングとなる事が多いのです。
でも今年買ったものはここ数年に比べればまだ可愛いものです。
買ったのは、そう、オリンパスのOM-D E-M5 mark IIというカメラ。
14-150mm II レンズキットでおよそ15万円ほどでした。
ね、去年とか3年前とかの30万前後吹っ飛んでいた買い物に比べれば半額で済んだし可愛い物でしょ?

なぜこのタイミングでオリンパス機を導入するに至ったか。
それは先日の磐越西線~東北本線での撮影旅行での痛い目にあった事が非常に大きい。
フラグシップ機2台体制でしかも重たい三脚と鉄ちゃんバー担いでの徒歩鉄は身体への負担が凄まじかった。
考えてみれば北斗星のラストランの時など、カメラ3台、レンズ3本、三脚2本、鉄ちゃんバーなどという、常軌を逸したような糞重たい機材でクリコガを徒歩鉄するというバカな行為もしたわけで。
撮影後はしばらく身体の節々が痛んでどうしようもなかった・・・。
そこでどうしても小型軽量のサブカメラが欲しくなり、いろいろ物色した結果、OM-D E-M5 mark IIに白羽の矢が立ったのだ。
どうせなら使い慣れたソニー機のα7シリーズでも良かったのだが、フルサイズではたとえミラーレスでもシステムの重量化は避けられない。何より高いということで、候補から外れた。

OM-D E-M5 mark IIはマイクロフォーサーズマウント。
センサーサイズが、フルサイズ機、APS-C機の次にあたる規格。
小型軽量を求める私のニーズに今一番合うのがこれだと言えた。
417gという重さは、お店で実機を手にとっても、フラグシップの比ではない軽さ。
だが軽くても質感はちゃんとしているのもまた良い。
即決で購入しました。

帰ってきてさっそく開封の儀式を行います。

新しいカメラを買った時のワクワク感はいつ経験しても変わらずいいものだ。
高揚感を抑えつつ中身を取りだします。
おお、やっぱ小さい!

左上から、バッテリーチャージャー、バッテリー、外付けフラッシュ、外付けフラッシュ用ケース
レンズフード、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II、カメラストラップ、USBケーブル、BT用コード、カメラ本体、レンズ取説
カメラ取説、セットアップ用CDロム


カメラ本体もレンズも期待通りに小さく、一眼レフ機のそれの半分以下の大きさ重さ。
そうであってこそのサブ機だ。



事前に購入してあったSLIKの軽量カーボン三脚に設置。
この三脚もメインのマンフロットのサブとして、主に遠方に遠征する際に持参しようと思っている。
撮影機材の軽量化はだいぶ改善されたことだろう。
今後はα99なりα900なり7D2なりのフラグシップクラスのカメラ1台+OM-D E-M5 mark IIというパターンが常用化することだろう。

今夜の撮影テストはとりあえずいつも通りのネコ。



画質は申し分ないと思う。
フルサイズ機はともかく、そこらのAPS-C機には対抗できそうだ。
サブ機としての用途は十分達している。
電子ビューファインダーは正直まだまだ。何世代か前のソニー機の足元にも及ばない。
そこはいち早く光学ファインダーを見切ったソニーに一日の長があるということか。
まぁ軽いのでライブビューでも何の問題もなく撮れるし、無理にファインダーにこだわる必要はなさそうだ。
それより正直、初めてのオリンパス機という事で操作には戸惑う。
カスタマイズもしていきたいし、しばらくは試行錯誤が続くと思う。
そして何よりもこのカメラを買った最大の要因はほかにある。
それは5軸手ブレ補正を活かしたムービー撮影。
動画の撮影能力を重視しての導入でもあったのだ。
明日は休みなので線路端に出て鉄道撮影のテストを行ってみたい。

« この忙しさでは無理か | トップページ | OM-D E-M5 mark II 撮影実戦~撮り鉄編 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OM-D E-M5 mark II 購入!:

« この忙しさでは無理か | トップページ | OM-D E-M5 mark II 撮影実戦~撮り鉄編 »