2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 九州温泉めぐり2016その1~旅立ちの時 | トップページ | 九州温泉めぐり2016その3~別府地獄めぐり »

2016/01/09

九州温泉めぐり2016その2~別府温泉(大分県)

朝蒲田で目覚めた。
疲れていたはずの身体はなぜか軽い。当然だ、ここからお楽しみが始まるのだから。
今朝はJRが止まっていたみたいで、利用客の大勢が京急の方を目指して歩いていた。
そんな出勤者たちに混じり歩く、旅人スタイルの私。
私だって多忙な労働の末に勝ち取った休暇なんだから後ろめたいことなんてない。

羽田から乗るのは大分行きの便。
そう、今年の目的地は九州なのだ。
この年明けの旅では3年前にも行っているね。その時は黒川温泉や湯布院温泉へと行った。
今年はその他にもたくさんある九州の魅力的な温泉地を巡ってみようと考えていた。
大分空港にしたのは最初の目的地に近いから。
そう書けば行き先はだいたいわかるだろう。そうです、別府です。
別府と言えば大分を、いや九州を、いやいや、日本を代表する超有名温泉地と言えるんじゃないだろうか。
そんな別府温泉だが、九州入り3度目にしてこれが意外にも初めて行くわけです。

大分空港から空港バスで別府方面へと向かう。
別府と言っても広いので、どこへ行けばいいのかわからなかったが、とりあえず別府駅を目指してみた。

駅前に佇む謎のオッサンの像。ちょうど駅に特急ソニックが到着したところで記念撮影。
これぞ別府観光の父、油屋熊八なのである。フーン。

どうしようかと思ったが、駅近くに商店街があったので入って行った。
まずは別府駅周辺の街並みを観察してみよう。
観光地別府だが商店街は静かであまり人もおらず、閉まっている店もあった。
この辺は全国各地の商店街と同様で過疎化が進みつつあるようだ。
そんな商店街の片隅にある小さな路地、竹瓦小路。

アーケードも竹瓦で出来ているそんなシブい路地に行き当たり思い出した。
たしか竹瓦温泉っていうのがあったなぁと。
ひとえに別府温泉と行ってもたくさんあって、別府八湯と呼ばれる大きな温泉街が8つあることが特色。
竹瓦温泉はその中で別府温泉にカテゴライズされる場所だ。
進んでいくとすぐにその温泉、というか入浴施設があった。

この場所を、新年最初の温泉入浴地と決めた。
中に入って入浴料を支払う。なんと100円で入浴できる。安い。
タオル260円の方が高い始末だ。

シブい温泉施設だが、中には大勢の観光客や地元のジーさんがおり、中には金髪の外国人の姿も。
さすがは私でも知っていた竹瓦温泉。
市営の共同浴場ながら、1879年開湯の老舗中の老舗、別府を代表する温泉の一つだけある。

さっそく入浴。
扉を開いて中に入るとすぐに湯船が下に見える。
脱衣所はその上にあって、裸になってから下へと降りていく。
浴場は湯船が一つあるだけで、その他は身体を洗うスペースもシャワーもない。
地元のじーさんは、湯船脇で持参の桶と手ぬぐい石鹸で、お湯をすくって体を洗っていた。
私はさすがにここで体を洗う気にはならなかったので入浴のみ。
お湯は熱めで、この辺は地元の共同浴場だなぁ(つまり年寄り向け)と思わせてくれた。
だが、年明け最初の温泉はやはり格別であった。
疲れ果てていた肉体と気持ちに少し活力が戻ったかな。

ところでこの竹瓦温泉だが、付近はなかなかにいかがわしい雰囲気。
スナックやら風俗店やらがそこかしこにある。
別府と言えば歓楽温泉というイメージの強い人もいるだろうが、それはまさにこの竹瓦温泉周辺。
ヘルス、ソープランド街である。
竹瓦温泉は特殊浴場に囲まれた共同浴場ってことになる。
なかなかシュールな街づくりだなぁ。

おそらくかつての赤線地帯であったろうこの付近。
その名残も消えつつある中、今でも性産業は活発じゃないにしろ健在のようだ。
昼間だから雰囲気出てなかったけど、夜はまた違う顔を見せてくれるのだろう。
日本の古き温泉街を思わせてくれる場所で、怪しい路地裏など、日本の温泉街の裏路地に興味のある私にとっては時間を割いて散策してみたい場所であると言えたが、この先のスケジュールを考えて移動することにした。
ここからは別府観光の肝、地獄めぐりのスタートである。


別府温泉データ

泉質:ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉(塩化物泉)
温度:42~57.7℃
効能:きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、痔疾、冷え症、疲労回復など

« 九州温泉めぐり2016その1~旅立ちの時 | トップページ | 九州温泉めぐり2016その3~別府地獄めぐり »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/63059143

この記事へのトラックバック一覧です: 九州温泉めぐり2016その2~別府温泉(大分県):

« 九州温泉めぐり2016その1~旅立ちの時 | トップページ | 九州温泉めぐり2016その3~別府地獄めぐり »