2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 九州温泉めぐり2016その3~別府地獄めぐり | トップページ | 九州温泉めぐり2016その5~湯布院でななつ星を撮ろう »

2016/01/09

九州温泉めぐり2016その4~鉄輪温泉(大分県)

地獄めぐりを終え、タクシーに乗車して向かったのが今夜の宿泊先である鉄輪温泉。
位置的にはさっき行ったばかりの海地獄をはじめとする各地獄の傍なので、
辿る経路としては血の池から始めた方が効率的だったのかもしれないね。

今夜宿泊する宿はホテル山水館。
湯治場の雰囲気を残す鉄輪温泉においては大規模なホテルであり、別府湾を見下ろせる好立地にある。
通された部屋もまさにそんな場所で素晴らしい眺望だった。

この辺りは西の方だけあって日照時間が長い。
地元の感覚だとすでに真っ暗な17時を過ぎてもまだまだ西日の染まる程度の街並みであった。
そんな暮れなずむ時間帯にとりあえず温泉へと向かった。
このホテルは大浴場が2か所楽しめる。
そのうちのややこじんまりとした方に最初に入浴した。

まだあまり客のいない温泉はまさに格別。
内湯で温まった後、露天へ。
そこには樽風呂が3つあって別府湾も眺め渡すことが出来る。
そのお湯の素晴らしさ、そして景色の素晴らしさで思わず感無量になる私。
11月から年初にかけての残業地獄の日々を思い出し、ああ頑張って来たな自分・・・と思わず目頭が熱くなった。
その苦労の果てにたどり着いたこの場所で、その苦労が報われているのだ。

夕食で絶品懐石を堪能した後、今度は1階の大浴場へ入りに行った。
こちらには大規模な露天風呂があり開放感が抜群である。
お湯もさっきのところとは源泉が違っており、別の温泉を楽しめるようになっている。
これも別府ならではだね。
ところでこの1階の露天風呂なんだが、どうも気になる事があって・・・。
うーん、なんか女湯との仕切りが低すぎやしないかい?
丁度いい具合に岩場もあったりして、これじゃ簡単に覗けてしまうような気がするのだが・・・。
それに上を見上げれば客室があって、よく見れば私が泊まっている部屋の窓もよくわかった。
ここから見えるってことは、上からも丸見えなんじゃないのか?
っていうかさっき別府の街並みを撮影するためにカメラのレンズを伸ばしてしまったじゃないか。
女湯盗撮と勘違いされてたらえらい事だったわ(苦笑)。

温泉は凄まじく気持ちよかったが、なんだか落ち着かない私なのであった(笑)。
こうして温泉に始まり、温泉に終わり夜は更けていった。


鉄輪温泉データ


泉質:単純温泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉
温度:50~100℃
効能:神経痛、リウマチ、疲労回復、高血圧、糖尿病、動脈硬化、皮膚病、婦人病、腰痛など

« 九州温泉めぐり2016その3~別府地獄めぐり | トップページ | 九州温泉めぐり2016その5~湯布院でななつ星を撮ろう »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/63059853

この記事へのトラックバック一覧です: 九州温泉めぐり2016その4~鉄輪温泉(大分県):

« 九州温泉めぐり2016その3~別府地獄めぐり | トップページ | 九州温泉めぐり2016その5~湯布院でななつ星を撮ろう »