2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 最高更新・・・ならず | トップページ | 前クールが良すぎただけに »

2016/01/22

カシオペア撮影@ワラナン

平日休みだった今日はピーカンの絶好の天候。
ただし凄まじく寒いが・・・。
そんなだから空気は逆に澄んでいて、写真はいいものが撮れそうだった。
となれば出かけるしかないでしょう。
そうです、先日九州遠征の帰りに立ち寄るも、まだ少し時期尚早で露出があがらず大失敗に終わったワラナンでのカシオペア撮影。
あれから10日あまり。日ごとに日照時間が延び、そろそろ下り列車も撮れそうな頃合いですが果たして。

寝台列車の撮影地として人気のワラナン。
赤羽-浦和 (蕨-南浦和)間の撮影地であり、通称ワラナンと呼ばれるクネッとしたS字強調の写真が撮れる好撮影地だ。
ただし都心部なので高いフェンスがあるのは当然のこと。
これを工夫して交わすことで魅力的な写真が撮れる。
アクセスは南浦和からでも蕨からでもOK。蕨からの方が多少近いがほとんど変わらない。
駅を出て線路沿いを外環道を目指して歩いて行けばいい。
南浦和から向かった場合、かつて私が北斗星を撮影した外環道下の歩道橋よりもさらに先となる。
撮影位置はちょうど浦電の横となる。

この標識が目印ですかね。
三脚を使う場合、ハスキーの4段が必要。脚立は3段。2段ではちょっと低いかも。
重装備が無理な場合はガードレールの上に乗ることで手持ち撮影もできるので安心だ。
結構安定して構えることが出来ます。

さっそく上野東京ラインで構図の確認&調整。


E231系@ワラナン
E231系@ワラナン posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算262㎜ 1/400 F5.6 ISO320 WBマニュアル
東北本線/赤羽-浦和 (蕨-南浦和)


来た当初はまだ陽射しが車体に当る時間帯のため、建物の影も落ちてしまっている。
ベストなシーズンはもっと陽の高い季節なのだろう。
それでもこのクネりは一度体験したら病み付きになりそう。


185系団体臨時列車(回送)@ワラナン
185系団体臨時列車(回送)@ワラナン posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算192㎜ 1/400 F5.6 ISO160 WBマニュアル
東北本線/赤羽-浦和 (蕨-南浦和)


広角から望遠まで好きなように構図をとることが出来る。
さて、本番のカシオペアはどうしようか。
思考を巡らせていると何やら向こうからやって来た。
あまり出会いたくない白黒のパンダ・・・パトカーだ。
寝台特急と警察の見回りはセットみたいなものだから今回もそれかなと思いきや、警官が二人降りてきた。
なんでも危険なことしている人がいると誰かが通報したんだと。
うーん、確かに大の大人がガードレールによじ登ってる姿は興味のない人間からすれば異様かもしれんが、交通を妨げる位置には飛び出してないし、ましてや線路に乗り出してもいない。
目くじら立てるほど危険なレベルではないぞ。
もっとも警察官の人の話によれば北斗星の時はもっと大勢で大変だったらしいし、我々としては通報があれば一応来ないわけには行かないんだよと、困った顔をしていたものの、撮影行為を禁止はされなかった。
ただしカシオペアが通過するまでは隅っこの方で一応待機してたみたいだけどね。
鉄が面倒かけてすみません。お疲れ様です。

そしてカシオペアが定刻通りやって来た。


カシオペア@ワラナンその1
カシオペア@ワラナンその1 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算342㎜ 1/400 F5.6 ISO800 WBマニュアル
東北本線/赤羽-浦和 (蕨-南浦和)


カシオペア@ワラナンその2
カシオペア@ワラナンその2 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算342㎜ 1/400 F5.6 ISO800 WBマニュアル
東北本線/赤羽-浦和 (蕨-南浦和)


結局、影落ちを防ぐべく影響が極力ない位置で望遠で抜いた。
望遠効果で圧縮されてしまいクネりはやや薄れたけど、それ以外はほぼイメージ通りで撮れた。
しかし前回から10日経ってもやっぱりまだ多少暗いね。
露光をプラス補正することで事なきを得、無駄にISO感度は上がらずに済んだのが幸い。
アクシデントはあったけどワラナンでの撮影は成功と言ってもいいんじゃないでしょうか。
この前のリベンジ達成ですね!
写真で残しておきたかったものが無事撮れて満足して帰路へと着いたのである。

実質2016年のカシオペア撮りはじめとなりました。
今後はしばらく下りを撮影する機会はありません。上り専門でいきます。
次に下りを撮る頃には、ヒガハスはおろかワシクリまで行けるようになってればいいですね。

« 最高更新・・・ならず | トップページ | 前クールが良すぎただけに »

東北本線」カテゴリの記事

カシオペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシオペア撮影@ワラナン:

« 最高更新・・・ならず | トップページ | 前クールが良すぎただけに »