2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 北海道カシオペア集中撮影旅行その8~エピローグ・最後の上りヒガハス | トップページ | 2月は鬼門 »

2016/02/17

私の7流

今回の撮影旅行で持ち出したカメラはEOS 7D Mark IIだった。
いつも持ち出す機材には迷うけど、今回に関しては7D2一択だった。
絶対に失敗は出来なかったからである。
そして結果的に7D2だからこそ撮れたであろう作品を数多く残すことが出来た。
やっぱり現在手持ちのエースはこのカメラで間違いない。
豊浦で撮影したカシオペアのデータは、パソコンモニタ上で見ても素晴らしく解像されており、本当に一期一会だったのだなと思う。
気に入ったのでキタムラでパネルプリントでもしてもらおうかしらん。

私が鉄道撮影をする際の7D2の設定は、測距点はゾーンAFでシャッターを切りたいところに設置。
AFカスタム設定ガイド機能はCase3の「急に現れた被写体に素早くピントを合わせたいとき」で、
列車の走行速度によって、測距点乗り移り特性をさらに+2にカスタマイズしてます。
これでほぼ失敗はなし。
絶対に失敗できない場面では置きピンが基本というけど、よほど悪条件じゃない限りこの設定で乗り切れると思います。

まぁこのカメラを使用している人はこんな感じでしょうけどね(^^;;

ところで本職である競馬撮影の方では、まだ設定を完全に煮詰めることが出来ておりません。
うん、まだまだ使いこなせてないですね、私(笑)。
入手してから1年半くらいしか経ってないし、奥は深いです。

« 北海道カシオペア集中撮影旅行その8~エピローグ・最後の上りヒガハス | トップページ | 2月は鬼門 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の7流:

« 北海道カシオペア集中撮影旅行その8~エピローグ・最後の上りヒガハス | トップページ | 2月は鬼門 »