« 北海道カシオペア集中撮影旅行その6~大岸-豊浦 | トップページ | 北海道カシオペア集中撮影旅行その8~エピローグ・最後の上りヒガハス »

2016/02/15

北海道カシオペア集中撮影旅行その7~苗穂-白石

豊浦での撮影を大成功の元に終えた私は、伊達紋別経由でスーパー北斗に乗車、最後の撮影地へ向かった。
ところで、スーパー北斗っていつでも満員だよね。
通路はおろか、デッキまでビッチリに客積んで、2時間近く立ちっぱなんてこともよくある。
この列車、もっと増結出来ないものなのかね?快適とは程遠いんだよなぁ。

そんなこんなでどうにかたどり着いたのは苗穂駅。
最後の撮影はこの付近でする。
つく頃には雪が舞っており、ここまで立ちっぱなしで来た体は疲れていたので、
駅前にある温泉、蔵ノ湯に入って入念に体を温めてくことにした。
きっとまた震えながらの撮影になるだろうからね・・・。

十分身体をほぐして、撮影地へと向かった。
最後に行くのは苗穂-白石間にある撮影地。
ここではワラナンっぽいS字の写真が撮れる。結局、今回はどの撮影地でもS字狙いでしたね。
まぁでもこの雪ならきっと豊浦みたいな感じになっちゃうんだろうなぁとは思ったけど。

アクセスは、正規のルートはよくわかりません。
私が辿った、一番迷わないであろうルートを記しておきます。

『苗穂駅を出て、目の前の札幌・江別通を直進、豊平川を渡りそのまま南7条通りまで進む。
南七条通まで来たら左折。
そのままひたすら歩くと線路にたどり着く。
線路下のアンダーパスを渡りきったら、もう一度線路方向に戻って右折。
最初の信号を左折し、つき当りまで行ったところが撮影地付近。
この時期だけに当然雪がこんもりと積もっておりますが、線路に使づきすぎないようにして三脚を据えましょう。
苗穂駅から歩くと結構遠いです。雪が積もっている今の時期30分以上はみておいたほうがいいかな。』


時刻はカシオペア通過のおよそ2時間前。
雪がそぼ降る中、最後の戦いが始まった。


183系特急北斗@苗穂-白石
183系特急北斗@苗穂-白石 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算396㎜ 1/640 F5.6 ISO400 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


ここも積もっている雪は豊浦と同じでパウダースノー。
車体が通り過ぎれば舞い上がってしまい辺り一面を真っ白の世界で包み込んでしまう。
編成写真は無理っぽいので、印象に残る写真を撮れるように努力した。


733系快速エアポート@苗穂-白石
733系快速エアポート@苗穂-白石 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算320㎜ 1/640 F5.0 ISO320 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


この当たりは線路が千歳線と函館本線の複々線になっているので、次々と各種車両が通過する。
反対方向を向けば下り列車も綺麗な編成写真が撮れそうだ。
そして気をつけたいのは、一番手前の線路を走る列車が来た時。
風圧で雪が舞いあがって撮影者に襲い掛かってきます。
人間も冷たいけど、カメラやレンズにビッシリと雪が付着してしまいます。
一番手前に列車が来るたびにブロアーで雪を吹き飛ばす必要がありましたよ・・・。


261系特急スーパーとかち@苗穂-白石
261系特急スーパーとかち@苗穂-白石 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算252㎜ 1/640 F5.0 ISO200 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


1時間も撮影していると、吹雪いてきてしまった。
さっき温泉で温めた身体はもうすでに冷え切っていた。
ここまでの疲れも溜まっており、そろそろ体力的にも精神的にもきつくなりだしていた。
もしカシオペアが来る頃、これ以上の吹雪になってしまったらどうしよう。
徒労感だけが残る不満作を最後になって残したくないと、どうにか吹雪が抜けてくれることを祈った。
そして祈りが通じたのか、豊浦の時同様の奇跡が起きたのである。
薄日が・・・差し始めた!こうなったら一刻も早く来い、カシオペア!


8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石1
8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石1 posted by (C)Tylor 16:19撮影 EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算236㎜ 1/640 F5.0 ISO500 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


やった、薄日ながら順光だ。


8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石2
8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石2 posted by (C)Tylor 16:19撮影 EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算236㎜ 1/640 F5.0 ISO500 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


これで見納めとなるDD51牽引のカシオペア。
ガチピンで素晴らしく解像された画像をモニタ越しで見て、この日2度目のガッツポーズを作った。
撮りたい絵が撮れたことが満足だった。
雪煙で車体後尾はうっすらとしか見えないが、この季節ならではの写真が撮れたと言っていいだろう。


8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石3
8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石3 posted by (C)Tylor 16:19撮影 EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算236㎜ 1/640 F5.0 ISO500 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


北海道で撮った最後のカシオペアが行ってしまった。
ちょっとだけ放心する。でも、願いどおり雪も止んだし、寂しさよりも満足感の方が強かった。
しんどかった身体に活力が戻った。
そしてこの撮影地でも、御一緒させていただいた同好の志に車で駅まで送ってもらったのである。
今回は本当に助かりましたねぇ。苗穂駅までは遠いし、フライトの時間も迫っていたので。
おかげで空港に着いてからはのんびりと搭乗準備が出来ましたよ。
同じ趣味を持つ人の優しさに、またまた心がほっこりと温まったのでした。

こうして今回の北海道での撮影全行程を終えた。
この日は最初から最後まで雪との闘いだったけど、それでもカシオペア通過時に起きた2度の奇跡によって、かけがえのないものをたくさん残すことが出来た。悪天続きの週間予報を見た時は来るのを一瞬躊躇ったこともあったけど、来れて本当に良かったと心から思ったのでした。

この日の撮影を成功させたことが、私にさらなる意欲をもたらした。
休みはまだもう1日ある。
ということで、予定外だったけど浦和でもう一泊して、明朝ヒガハスに繰り出すことにしたのである。
さっき送ったカシオペアを、今度は関東に戻ってメジャー撮影地でお出迎えする。
そんな旅の締め方もいいじゃないか!

« 北海道カシオペア集中撮影旅行その6~大岸-豊浦 | トップページ | 北海道カシオペア集中撮影旅行その8~エピローグ・最後の上りヒガハス »

旅行・地域」カテゴリの記事

千歳線」カテゴリの記事

カシオペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道カシオペア集中撮影旅行その7~苗穂-白石:

« 北海道カシオペア集中撮影旅行その6~大岸-豊浦 | トップページ | 北海道カシオペア集中撮影旅行その8~エピローグ・最後の上りヒガハス »