2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 客商売をなめるな | トップページ | 忘れかけてたこの感覚 »

2016/02/27

楽しすぎたぜCP+

カメラ関連の展示イベントCP+2016、今年も参戦してきました。
毎年楽しみにしているこのイベント。
年々参加者も増加しているみたいで、みなとみらい駅に着いたら大勢の人が下車しました。
会場に着いても長蛇の列ができており、熱気でムンムン。
みんな思い思いのカメラを首から下げており、ここに賭ける思いが伝わってきます。
私は例年通り、α99とプラナー85ミリで参戦。
対お姉ちゃん撮りで、持ち得る最高の組み合わせであります。
そう、このイベントはカメラ機材を見て回るだけでなく、そこにいるコンパニオンのお姉さんの写真を撮らせてもらうのも楽しみの一つ。
撮影会など、気後れして行けない人でもこの会場内ならカメコがたくさんいるので紛れ込みやすいのです。

入ってすぐのところにあったのが我らがソニーブース。
大勢の人が集まっており、ソニーもなかなか人気じゃんと思わせてくれます。
と言っても、人気なのはα7シリーズであり、Eマウント。
Aマウント使いの人は少々肩身が狭い・・・。
Aマウントの情報など皆無っぽいので、とりあえずソニー姐さんをパシャリ。

お綺麗な人ですね。
ところでソニーブースでは、これから一押しで攻勢をかけてくるシリーズ、「G MASTER」レンズのお試し使用ができた。
しかも撮影データは持ち帰り可能とのこと。
今まではデータ持ち帰りは不可って場合が多かったと記憶しているけど、やっぱり直接撮った結果をネットで広めてもらえれば宣伝になると考えたんですかね。
せっかくだからタッチ&トライさせていただきます。
ボディはα7R2。レンズはGマスターの85ミリ。
上記写真のα99&プラナー85ミリと条件はほとんど一緒です。

どうでしょう。
やっぱこのクラスになると縮小画像では優劣や違いなんてわかるわけありませんよね。
ただ初めて触ったα7シリーズだけど、使い心地やシャッターフィーリングが思いのほか良くてビックリ。
こんなにサクサク撮れるようになってたんだ。
手持ちのα99のモサモサした動きや、プラナーのジージーうるさいモーター音から見れば隔世の感がありますね。
ソニーのEVF機も進歩してたんだなぁ。だからこそのこの盛況ぶりであり、今日のEマウント隆盛の理由なんでしょうね。
ソニーブースではα6300も触らせてもらいました。
連写やバッファがAマウントで味わった苦しみとでは歴然の違いでこれまた驚いたのでした。
この本気がもっと早く欲しかったです・・・。

続いて向かったのは、私のもう一つの主力でもあるキヤノンブース。

キヤノン姐さんは毎年手ごわく、なかなか目線いただけないんです。
今年も・・・ハアア。

それはさておき、ここでもタッチ&トライで是非見て見たかったものが。
そうです、泣く子も黙るプロ用最高級機、1D X MARK IIであります!
こんな高級機、こういう機会でもなければ触る事すらままならん、ってなわけで並んで触ってみました。
うーん、やっぱプロ機はゴツイ。そしてボタンの配置も7D2とは違っており、少し戸惑った。
それでも、注目の秒間14連写とやらを試せた。
もうね、圧巻。凄すぎてわけわかんないくらい。
ブース内では男性二人組が体操の演技を見せてくれてたわけですが、AIサーボはみんなそれを捉えてんの。
これがキヤノンのプロ機か、これが60万円越えのカメラかと唸りました。
ミドル機の7D2がおもちゃに思えてしまうほど圧倒された、1D X MARK IIのお試しでした。
うーん、いい機会でした。

サンディスクブースでは、鉄道写真家の長根さんの講演があったので拝聴させていただいた。
サンディスクの公演なので、サンディスクの商品紹介中心であり、鉄道写真のお話は少なかったけど、ためになった。
置きピンの正しいやり方、正直間違った知識で行ってましたよ。いい勉強になった。
そして北海道で撮影されたという作例を拝見させていただいたが、やっぱプロは凄いなと思ったよ。
先日のカシオペア撮影で一期一会の写真が撮れて喜んでたけど、あれを見ちゃうとレベルの違いを痛感せざるを得ない。
まだまだ勉強あるのみです。


ではここからはお待ちかね、撮影してきたお姉ちゃん掲載です。
去年見た人も多く、数はあんまり撮れませんでした。
だけど女性を撮るのってやっぱ楽しいっすね(笑)。
最近列車ばかり撮ってたんで新鮮な気持ちになりましたよ。








F値は1.6で撮ってたんだけど、ピント合わせるの難しい・・・。
それにモサモサしか動かないα99がもどかしい・・・。
ISO100で収まるならα900持って来ればよかったかな・・・。


お姉さん撮りのハイライトは今年もいました、やっぱりこのお嬢さんでした。
正直、断トツで可愛らしい方ですね。



目線いっぱいくれるのでありがたいです。




この表情は反則でしょう。



時間をおいて行ったら衣装チェンジしてました。
どうしてもふくらみに目が行ってしまう・・・。


こうして熱気に溢れたCP+2016も駆け足で過ぎて行ったのです。
あー最高に楽しかったなぁ。
まわりはカメラ機材ばかりだし、いるのはみんなカメラ愛好家の仲間だし、綺麗なお姉ちゃんがたくさんいるし(笑)。
早くも来年が楽しみでなりません。
来年は別の機材持って行ってみようかな!

« 客商売をなめるな | トップページ | 忘れかけてたこの感覚 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しすぎたぜCP+:

« 客商売をなめるな | トップページ | 忘れかけてたこの感覚 »