2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 清原なにやってんだよ! | トップページ | こんな大人になりたかった »

2016/02/04

カシオペア撮影@新浦和橋

平日休みだった今朝は早朝5時起き。
せっかくの休みの日になんでそんな早起きしたかと言えば、上りのカシオペアを撮りにいくため。
北海道へ行ってきたばかり、そして来週にも遠征が待っていることから、節約のため今回は現地前乗りは断念。
その代りの早朝出撃となった。
アラームが鳴った時は、物凄い葛藤と、眠りへの欲求に負けそうになったが、平日に撮影に行く機会がもうあるかわからないこと、平日だからこそ行っておきたい撮影地があることから、己を奮い立たせ暗い街へと飛び出した。

始発の新幹線に乗って向かったのは北浦和。
今回の撮影地は、ずっと行ってみたいと思っていた通称・新浦和橋下。
エビ反りで向かってくる列車を撮れる昔から有名な好撮影地だが、ネックなのが極狭なキャパ。
ネットの情報を総合すると、ベスポジは2組程度とある。
日曜や祝日では激パ必至、だからこその平日出撃なのだ。

撮影地までのアクセスは以下。

北浦和駅東口を出る→そのまま進み「北浦和駅東口」信号を右折→「浦和橋」信号まで来たら左折
→その2つ先の十字路(狭い道)を右折→そのまま道なりに進むと到着

という簡単なもので、徒歩10分程度のお手軽撮影地だ。
ただし、高いフェンスがあるので脚立必須な事と、三脚の設置が工夫をしないと難しい点は覚えておきたい。
脚立は有刺鉄線の間から抜くなら2段、上からなら3段が必要。
カメラのレンズは300㎜程度が望ましい。

現地に着いてみたら先着者は中高生くらいの少年3人。お前ら平日なのに学校はどうした。
ベスポジ2組なだけに無理かと思ったけど、頼んでスペースを分けてもらった。
話の分かる少年で良かった。
さっそく朝練開始。


湘南新宿ライン@新浦和橋
湘南新宿ライン@新浦和橋 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算342㎜ 1/500 F5.0 ISO200 WBマニュアル
東北本線/浦和-さいたま新都心(浦和-北浦和)


この撮影地は被りのメッカとしても知られる。
E231や京浜東北線の上下線がひっきりなしに通るので練習にはいいが、常に被りの恐怖とも戦うことになる。
そうでなくとも、北斗星の時は被り率のやたら高かった私。
今日はどうか。


651系スワローあかぎ@新浦和橋
651系スワローあかぎ@新浦和橋 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算352㎜ 1/500 F5.0 ISO100 WBマニュアル
東北本線/浦和-さいたま新都心(浦和-北浦和)


この日は晴れで順光。
だけど冬場はやっぱりビル影が落ちる。
ベストのシーズンは夏場。だから予想ほどは混んでなかったんだね。

カシオペアはツイッター情報によれば15~20分程度遅延しているとのこと。
まぁこれは想定内。先週自分が乗車した時は12分遅れだったしね。
このくらいなら問題はない。ないんだけど寒いなぁ、ここ。
冬場は晴れていても陽射しは一切当らないので、かなり厚着をしてこないと震えて待つ羽目になります。
さっさと終えてしまいたかった。

そしてようやく大宮を出たとの情報が入る頃、何やら目の前で下り列車が徐行を始めた。
おいおい、もうすぐきちゃうよ!
そう思っていたら完全に抑止してしまった。
これはもう裏被りは覚悟した方がいい。表かぶりだけは絶対避けたいので、ケト線だけは来てくれるなと祈った。


8010レ寝台特急カシオペア@新浦和橋
8010レ寝台特急カシオペア@新浦和橋 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算342㎜ 1/500 F5.0 ISO100 WBマニュアル
東北本線/浦和-さいたま新都心(浦和-北浦和)


ようやくやって来たカシオペアは銀釡の510号機。
そうだ、もう青釜は一つも残ってなかったんだよね・・・。
だけど去年9月以来の銀釜との再会は待ちわびていたカシオペア正調編成。
天気よし、止める位置よし、ピントよし、なのに邪魔なのが小さく写りこんじゃってる抑止した下り列車・・・。


8010レ寝台特急カシオペア@新浦和橋
8010レ寝台特急カシオペア@新浦和橋 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算342㎜ 1/500 F5.0 ISO100 WBマニュアル
東北本線/浦和-さいたま新都心(浦和-北浦和)


季節的なことを考慮すればこれはもうVと言っていい出来。
それだけに、下り列車がかすかでも写りこんじゃってるのが余計に残念である。
重箱の隅をつつくようなレベルだけどね。表被りしなかっただけまだマシか。
というのも、完全に通過しきった後でビデオ撮影の方にも影響はなかったけど、ほぼ直後にケトがやってきていた。
遅延の影響を、最小限に食い止められただけでも良かったとするしかあるまい。
ずっと来たかった撮影地で、完全なる失敗を犯さなかったことで胸をなでおろしもしたのでした。

高崎に帰ってきてからはもう少し寄り道をしてきた。
高崎操車場に富山に輸送中のEF510-514号機が止まっているからだ。


EF510-514@高崎操車場1
EF510-514@高崎操車場1 posted by (C)Tylor


田端に残っていた最後の青釜機関車。
すでに1月末に客車牽引の使命からは離脱しており、今後は富山の方で貨物を引くことになる。
514号機は先日ワラナンでの撮影で記録は出来ていた。
カシオペアを引く姿を最後に撮れておいてよかったな。


EF510-514@高崎操車場3
EF510-514@高崎操車場3 posted by (C)Tylor


この機関車が北斗星やカシオペアを牽引し始めたのは2010年からだからわずか5年余り。
あまりに短い活躍の場でしたね・・・。
今後は用途は変わってしまうけど、まだまだ現役でバリバリやれるはずなので、向こうでも引き続き頑張って欲しい。
「夢」を引き続けてきた青釜に乾杯。

実り多き平日休みだった本日。
カシオペア撮影はまだまだ続きます。
いよいよお次は、短期集中撮影旅行だ!

« 清原なにやってんだよ! | トップページ | こんな大人になりたかった »

東北本線」カテゴリの記事

カシオペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシオペア撮影@新浦和橋:

« 清原なにやってんだよ! | トップページ | こんな大人になりたかった »