2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の記事

2016/05/31

今年は記録的に野球を見る機会が少ない

今日からプロ野球は交流戦開始ですか。
ぶっちゃけつまんないんだよねぇ。
この間って順位の変動が少ないじゃないですか。
つまりパリーグ全勝、セリーグ全敗みたいなことが普通にあるんで、なかなか順位が動かない。
結局終わる頃にはセリーグの各チームの勝率が落ちているだけであまり変わらないままリーグ戦が再開。
そしてすぐにまたオールスター。
正直交流戦後のオールスターとかまったく新鮮味が感じられないんですよねぇ。
そうでなくても今シーズンは野球を見る機会が激減しているところ。
気が付いたら消化試合になってた・・・とかありえそうですね。

2016/05/30

燃え尽きていられない

ダービーが終わり祭りの後の寂しさをかみしめる・・・。
例年ならこれで燃え尽き症候群になるところ。
だが今年は今後にも予定が満載。
今週4日間働いたら、5連休。カシクル追っかけ撮影旅行だ。
憂鬱な梅雨入り前にここで目一杯撮影を楽しんでおきたい。
7月、それから8月にもおぼろげながら予定が見えてきている。
今年の夏は燃え尽きてられないぞ。

2016/05/29

取った!獲った!撮った!

さすがに真夜中3時起きは辛い。
だが今日はダービーDay。
すぐさま覚醒して競馬場へ乗り込んだ。

着いてみればすでに長蛇の列。
まぁ想定内だったので我々も並ぼうと思ったら・・・拒否されたんです、JRAの職員に。
このまま列が伸びると道路まで進入してあぶないんだってさ。
それはわかるんだけど、こんな馬鹿げた時間帯にやってきた客に対してそれはないだろうと。
2階で並んでくださいって言われても、2階は地上以上の大混雑ぶり。
そこからではスタンドの席に陣取っての観戦は不可能だ。
少しでも可能性のある下から開門ダッシュをしたい。
仕方がないので列整理が始まるまで遠くから待つしかありませんでした。
列整理が始まったのは5時過ぎ。3時になんて起きる必要がなかったわけです。
しかも業を煮やした大勢のファンに押し切られてからのようやくの列整理ですからねぇ。
お役所仕事ここに極まれりって感じでしたねぇ。
みんな言ってたけど、混むのは最初からわかりきっていたのだから対応策を考えておけと。
それが夜明け前から来てくれる熱心な顧客に対する誠意じゃないのかしらね。

そんなこんなで開門ダッシュ。
一時はダメかと思われたけど、どうにかこうにか足かけ席を取ることができたのでした。
個人的には最高の走りが出来たと思います。我が俊足の足に乾杯!
3つの「とる」、一つ目は無事達成です!

のこる2つ。
ダービーの馬券を獲り、そしてダービーの写真を撮る。
結論から言えば馬券はマカヒキ本命で3連単を獲りました!イェイ!
2つ目クリア。
最後の「とる」写真は・・・。



やった、頑張った、タムロン!
甘々600㎜でよくぞ捉えてくれた。
写真も無事に納得いくものを撮ることができました。
3つの「とる」、オールクリアです!

最高の気分で1日を終えることが出来ました。
夜明け前はイラつきもしたけど、総合的に楽しい楽しい時間を過ごせました。
ダービーはやっぱり最高です。
これで心置きなく、6月からのカシ撮影に専念することが出来そうです。
競馬もしばらく休んだら復帰するけんね!

2016/05/28

万全の態勢で明日を迎えるために

ダービー前日の土曜日。
これまでは野球を観に行くのが恒例だったが今年はなし。
ダービーに集中するためだ。
今年はダービー後はしばらく競馬からは離れることになりそうで、その分今回に賭ける気持ちは大きい。
土曜競馬をちょっと遊んだあとは縄文の湯で身体を清め、じっくりとマッサージを受けて早めの就寝。
友人たっての希望で明日はAM3時起きだ。
それでもきっと遅いんだろうけど、必ず3つの「とる」を達成してやるからな!

2016/05/27

今年も目標はこの3つ

さて、いよいよ明日からダービーのために府中入りする。
去年のこのブログでも書いたが、ダービーの日には達成したい目標が3つある。
それは、3つの「とる」である。
つまり、

・開門ダッシュで席を取る
・ダービーの馬券を獲る
・ダービーの写真を撮る

だ。
簡単なようですべてクリアするのは至難の業。
平常心で行けるかどうかがカギとなる。
まずは最初の開門ダッシュ、これですね。
さて、日曜日の夕方、どのような気持ちで帰りの電車に乗っていることだろう。
まさか3つどれもクリアできないなんてことは・・・ないよな!?

2016/05/26

これよりダービー休暇

今週のお仕事を無事終えた。
明日より3日間のダービー休暇に入る。
枠順も発表されていよいよ高まって来たな。
個人的にはこのダービーでしばらく競馬はお休みになるので、全力で楽しみたい。
そのためにはまず明日は体力回復に努める。
幸い雨予報だったのでゆっくり寝てられるだろう。

2016/05/25

迷うのもまた楽し

エイシンヒカリの海外GI圧勝に沸いた昨夜。
競馬が一番盛り上がるダービーウィークに届いた快挙に、より気持ちが盛り上がってくる。
だがしかし、肝心のダービーの本命が決まってないのだ。
勝ちそうな馬がいくつかいるんだけど、それのどれに本命を託すか決まらない。
ダービーなんだから、いろいろゴチャゴチャ買って当てるよりも、ビシッと1頭の馬に期待して当てたい。
そんな理想論ばかり持ってるから外れるのだろうか。
でもそんなこだわりもダービーだからこそ。
いつかは出さなければならない結論。きっと当てたい。

2016/05/24

架純ちゃんを至近距離で見たいが

ダービーのプレゼンターで有村架純ちゃんが来るんだよなぁ。
去年も来たんだけど、はるか遠くから人の頭越しに見れただけなんだよなぁ。

600㎜超望遠&トリミングの破たんした画質でもこの可愛さなんだから、間近で見れたら感動的なんだろうな。
スタンドじゃなく、ゴール前を取れば少しは近寄れるんだけど、それすら困難なほど朝の開門ダッシュは激戦なのでしょう。
やはり快適さ重視でスタンド狙いか・・・。

2016/05/23

夏は出費が多いんです

今日は暑かった!
30℃超えですか。まだ5月でっせ。
湿度がない分まだマシだけど、いよいよ灼熱の季節がやってくるんだなぁ。
まぁいいんですよ、夏は好きなんだから。

給料明細をもらい、今後の割り振りに頭を巡らす。
ダービーで増やせないかしら?
カシクルの追っかけで道入りしたらいくらくらいかかるだろう。
なるべく節約路線にするつもりではいるけど。
預金にはまたあまり回せないかなぁ。
来月は給料+ボーナスちゃんが出るからそこで少しは貯められるんだけどね。
相変わらず、趣味が豊富過ぎてお金が溜まりませんね。
そうでなくても夏は出費がかさみやすいのだから。

2016/05/22

ダービーウィークの始まり

オークスが終わるともうダービーに向けて気持ちが切り替わる。
この瞬間から来週の日曜日までの特別な週間がダービーウィークと呼ばれる。
競馬好きにとっては本当にワクワクする1週間だ。
そんな週には過去休暇を取るケースが多かった私。
去年は5連休くらい頂いた気がする。
ダービーはお祭りだから終わった後の空虚感と体力の消耗が凄まじい。
休息が必要なんだ。
今年の場合は3連休に落ち着いた。
これはその後に待っている撮影旅行のために抑えたからであるが、毎年翌日月曜は必ず休んでいたものを今年はなしとした。
あまりはしゃぎ過ぎると次の日が仕事がきついかもしれない。
まぁでも、きっとはしゃいじゃうんでしょうな。
唯一気が重いのは早朝の開門ダッシュ。席に座るために最低でもAM4時には競馬場に行かなければならない。
おっさんには辛いのよねん・・・。

2016/05/21

郭公のSeason

今年も近所に郭公がやってきた。
この時初めて記事に書いたが、あれから10年以上が経っても、毎年当たり前のようにこの時期にやってくる。
この鳥の鳴き声を聞くといよいよ夏到来、いや梅雨到来って感じがするなぁ。
でもね、本当に感慨深いよ。
私が子供の頃からそれこそ何十年、代が変わっても必ず来てくれるのだから。
この街も昔に比べて住宅だらけになっちゃって自然も少なくなってるけど、いつまでも見捨てられないことを願うよ。

2016/05/20

PIYO PIYO

道端でピヨピヨしてるスズメの赤ちゃんがいた。
まだ空も飛べずにヨチヨチしている。
どこか巣から落ちたのだろうか。親鳥の姿もない。
このままでは車や自転車にひかれてしまうのは時間の問題。
そう思ったので公園の中に移しておいてやった。
だが親鳥と離れた今、無事に空が飛べるまで成長できる可能性は限りなく低いんだろうな。
地力で餌も獲れないかもしれないし、カラスに狙われることもある。
あのまま道端でひかれて即死してしまうのと、徐々に餓死していくのと、同族に喰われてしまうの・・・どれが一番つらい運命なのだろう。
どちらにしても、私にはこれ以上何もしてやれないのだ。

2016/05/19

激しい違和感

Youtubeでカシオペアクルーズの試験走行の映像を見たが、道内を走るレッドベア牽引のカシオペアのなんと違和感の大きい事よ。
DD51が引退で赤熊になるのはわかっていたこととはいえ、やっぱり雰囲気は出ないよなぁ。
言っておくが、赤熊だってコキを牽いて走る姿はカッコいい。
客車を牽くから違和感があるってだけで。
乗っている人にとっては機関車なんてなんだっていいのかな?
何が牽いてるかって、撮る側だけじゃなく、乗る側も結構気になると思うけどね。
まぁ走ってくれるだけありがたいと思わなきゃだね。
でも結局廃止前にさんざん言われた問題(青函トンネルを引く機関車がないけどJR貨物から借りるのは障害が多い云々かんぬん)だっけ、普通に解決されてるし。
だったら今後も、貨物列車の繁忙期以外だったら、四季島デビュー以降でも、クルーズトレインじゃない移動寝台として臨時に細々と走って欲しいものだね。

2016/05/18

もう少しで全開宣言でますよ

ここにきて、ようやく5月病も克服できたかなと思う今日この頃。
仕事もソコソコ捗るし、なにより何もしたくないというあの特有の気分が解消されたのだ。
さわやかな五月だもの、いつまでもそんなんじゃ嫌だからね。
あっという間に季節は巡り、憂鬱な時期がもうすぐそこまで来ている。
そこで全開になれるための準備期間なのかもしれないね、五月病は。

2016/05/17

カシクル追っかけ撮影計画

お休みの本日は、半日かけて来るカシオペアクルーズの撮影計画を練った。
時刻表とネットを頼りに、ああでもないこうでもないといろいろ探って大変だったが、どうにか完成。
カシクルはその名の通りクルーズトレインなので停車時間が長い所が多々あるので、そこを利用して追っかけ撮影が出来る。
私のような乗り&徒歩鉄でも無理のない行程で、理想的に行けば日程内で計6回ほど撮影のチャンスがありそう。
すべて未踏の撮影地なので何もかもうまく行くとは限らないが、とりあえず予定はバッチリ決まった。
あとは天候。せっかくなんで雨は勘弁して欲しいなぁ。
カシクル運行日は天候が崩れるというジンクスがあるらしいが・・・。

2016/05/16

遠征明けでも大丈夫じゃん

東京から戻って来てのお仕事だけに辛いかなと思いきや、意外に体は重くなかった。
やっぱ楽しいことをしてくるとリフレッシュできるのね。
明日が休みというのも大きかったのかもしれない。
精神的に不安なことがないと、遠征明けでもバリバリ働ける、そんなことが確認できた日でした!

さぁ、明日は貴重な休みを使って遠征計画を完成させるぞ

2016/05/15

やっぱり甘々タムロン

今日は競馬のヴィクトリアマイル。
新緑まぶしい東京競馬場で馬券&写真撮影を楽しんだ。
広い東京競馬場という事で、今回7D2に装着したのはタムロンの600㎜。
この馬鹿でかいレンズは過去にも何度か使ったことがあるけど、いまだ納得いく結果が得られてない。
どうも描写が甘いというか、ピンをよく外すのだ。
サードパーティーだけに仕方ない面もあるのだが、せっかく熱戦を撮ってもしょーもない結果では泣くに泣けない。
だから今日はあえてテレ端の600㎜は封印して、450㎜近辺で撮影してみた。



やはり東京は広いので、スタンドからだと450㎜でもまだ足りない。
だがおかげで描写はまずまず。
・・・ううん?
まずまずだったのは途中まで。
ゴール板に近づけば近づくほど、甘い描写、ピン外しを連発する結果となってしまっていた。
SSが1600を確保できているので被写体ぶれは考えづらい。
じゃあ手ブレか?VCの効きは純正には劣るってことか。
気をつけたけど重い長玉で腕がプルプルしていたのか。
これじゃやっぱり怖くてここぞの場面では使えないなぁ。
安定性を求めて一脚を使ってみるのも手かもしれないね。

2016/05/14

次は秋口の優勝争いの時期になるかな?

今日は東京ドームでの野球観戦。
おなじみ、お気に入りのC指定席からの観戦!



特典付きの席だったらしいけど、引き換えするの忘れた
それはともかく、試合は巨人先発今村、ヤクルト先発山中だったので打ち合いになる予感がしていた。
せっかく球場で観るのだから貧打戦より乱打戦の方がいいので、この組み合わせは面白そうだった。
が、意外にもヤクルト打線は、四球連発の今村を打ち崩せない。
一方、巨人打線は全員山中にタイミングが合って、アウトになっても当たりはすべて良い。
特にギャレットがタイミングバッチリに見えたので打ちそうな気がしたら、本当にホームランを打っちゃった。
結果7-1で巨人が快勝したのである。
もつれずにアッサリだったね〜。

今年はこれが球場で観るのは3試合目。
だがこの後はしばらく予定がない。
毎年恒例の真夏のダブル、トリプルヘッダーも無理かも。
別の予定満載なので、もしかしたら秋口まで機会はないかもな。
夏のナイター好きなんだけどね。
その頃にはどのチームが抜け出してるんでしょうね。

2016/05/13

定宿が増える予感

今日は仕事が多い中、無理矢理終わらせていつもの時間の湘南新宿ラインに飛び乗った。
そう、ブクロナイトです。
職について以降の私のささやかなお楽しみであり息抜きでもあるブクロナイト。
主に東口が私の楽園です。
そんないつも利用する東口のビジネスホテルと言えば、京王プレッソインだった。
ところが最近は週末は強気の価格設定で、1万円前後かかる。
ビジネスホテルの理想価格は5000〜7000円台だと思うので、最近は京王プレッソインはあまり利用してない。
池袋に泊まる時は苦肉の策で、アウェーの西口で探したりもして失敗もあった。
そんな中、今回東口で手頃な価格のホテルを見つけたのだ。
ホテル周辺や、サービスもなかなかで気に入った。
新しい定宿になる予感がします。

2016/05/12

一人労使交渉

週の始まりの月曜日に用事があって休みたい場合、これがまた面倒なんだ。
トップに相談してどうにか休めるっちゃー休めるんだけど、まぁネチネチ言われますよね。
でもうちの場合休みが固定じゃないので、月曜だって別に休んで構わないはずだ。
そこは週休2日の権利を振りかざして、休みたいと思う時は休みを要求していくつもり。
たとえ何か言われても、その3倍は言い返す覚悟だ。
ネチネチ言う奴にしたって、自分の有給は年度内に必ずすべて消化してるわけだからね。

遠征明けの出勤は辛いので、月曜休みって手はかなり有効だからね。
そもそも私の場合、常日頃の働きぶりが他者より断然すごいのだから、その点は考慮してもらわないと。
トップにまかせておいたら、金曜日あたりとか一番当たり障りのないところに休みを入れられちゃうに決まってるからね。

ちなみにこの土日も競馬で東京遠征だが、今回は来週月曜は普通に出勤。
だから疲れを残さないように競馬が終わり次第即帰ることになる。
このように、遠征するからって毎回月曜日に休みたいってわけじゃないから、月1とかたまにはいいじゃないか。

2016/05/11

あとは撮影計画を詰めていくだけ

6月のあたまに、カシオペアクルーズの運行に合わせて休暇を申請していたが、どうにか5連休をできる運びとなった。
ということで、カシクルの追っかけ撮影遠征を敢行することに決めました。
渡道することにもなるでしょう。
正確なスジはわからないので、推定で撮影計画をたてることになるけど、運行予定を見てもおおよその時刻は上がっているのでそれを元に考えるしかあるまい。まぁそっちはどうにかなると思う。
問題はどういう追っかけ方をしたら、1枚でも多くの写真を残せるか。
それを考えるのは大変だけれど面白くもある。
私は時刻表鉄の成分も少し含まれている体質なので、こういうのは嫌いじゃないんだよね。

去年は、北海道は梅雨がないからって期待して渡道したら、見事に蝦夷梅雨に当ってしまい雨ばっかりだったという悪夢を味わったけど、去年は6月末の渡道だった。今回は6月初旬なので蝦夷梅雨にもあたるまいて。
せっかく撮影計画をたてても雨に当ってしまったら運が悪いじゃすまないからね・・・。

2016/05/10

有給が有り余っていれば・・・

ミス連発の新人をよそに、私自身は好調の波が続いているお仕事。
昨日今日と、午前中でほぼ終わらせることに成功。
となれば半休で帰る、って手も視野に入ってくるのだけど、悲しいかな使える有給はさほど多くない。
できれば半休じゃなく完全な休みとして使いたいからね。
そうでなくてもこれから夏に向けて遠征計画も立てなきだしな。
ということで、結局新人の仕事を手伝って時間をつぶしたのであった。
あーあ、楽してお金もらえる人はいいよなぁ。

2016/05/09

五月病多発!?

世の中には昨日でゴールデンウィーク10連休が終わったなんて恵まれた人もいるのだろう。
私の7連休もたいがい恵まれているが上には上がいる。
で、そんな10連休明け組が仕事リスタートとなった本日。
そこかしこで、だるい、五月病発病だという声が聞こえてくる。
五月病なんてただのサボり病にほかならないが、たしかにこの時期の気持ちの入りにくさったらない。
新年度が始まって一息つく時期、陽気がよくなってくる時期と被るから仕方ない面もあるけどねぇ。
本来5月は1年で一番気持ちのいい季節のはずなんで、そんな気持ちの下がるようなことなんてないはずなんだがなぁ。
私は今週5連勤。そのあと東京遠征。
先に楽しみがあると、辛い仕事も頑張れるんで5月病も乗り切れるでしょう。

2016/05/08

体の調子が悪いのだろうか?

なんと今日は12時間も寝てしまった。
いや、12時間まったく目が覚めなかったわけじゃない。
いつもの習慣で、6時くらいにはいったん覚醒はした。
その後、ラジコでケンタッキーダービーの中継を聞きながら再び微睡の世界へ。
中継が終わるや否や、即座にまた深い眠りに落ちたのである。
そして起きたのは11時過ぎ。前日就寝が23時だったからおよそ12時間。
年齢が行くと、これほど長い睡眠は難しくなってきて、実際私も良く寝ても9時間で十分な最近だ。
それなのにこれだけ寝ちゃって、かつ、起きてからもまだ眠いのは、身体の具合が悪いんじゃないかと疑いたくなる。
寝る子は育つというが、寝れば寝るほど体が重くなるのはどういうわけだろう・・・。

2016/05/07

暑さには慣れが必要

今日は今年初めて仕事中に汗をダラダラ流してしまいましたね。
もう気温は夏のそれに近づいております。
暦の上ではもう夏なんだけどね。
で、体の方はまだ暑さになれてないものだから堪えます。
連休明けでまだ本調子じゃないことも手伝って、キレが悪いことこの上ない。
あー、もうすぐそこまで汗臭い日々がやってきてるのですね。
女の子の薄着は嬉しいけどねぇ。

2016/05/06

やはり私は天才だった

1週間ぶりの仕事は・・・怠かった。
やはりこなす量は多く、残業になってしまったが、それでもすべて片づけた。
行く前は嫌でも、始めてしまえば私はやはり天才。
割とアッサリと終えることが出来たのであった。
明日もう1回行けばすぐに日曜日。
土曜日の仕事終わりに飲むコーヒー、好きなんですよね。
それを楽しみに、ちょちょいのちょいと片づけてしまいましょうか。

2016/05/05

【悲報】俺氏、7連休終わる

ああ、今年もゴールデンウィークが終っちゃったな。
明日から仕事か。すさまじく憂鬱だなぁ。
6時起き、できるかなぁ・・・。
遠征から帰ってきてからずっとゴロゴロして過ごしてたので、身体はフワフワ。
きっとものすごくまなっているに違いない。
明日の仕事は身が入らんぞ、きっと。
そうでなくても休み明けで滅茶苦茶多い可能性もあるからな・・・。
ま、明日1日乗り切れば通常運転に戻れると思うけど、まず明日出勤するまで続く気持ちのドンより感だけはどうにもならないのである。

2016/05/04

3日間の猶予

昨日から眠気が止まらない。
寝ても寝てもまどろんでしまう。
よほど疲れていたのか、それとも風邪薬を飲んでいるせいか。
何にもやる気が起きないけど、それでも根性でブログは書き終えました。
疲れと風邪を癒す猶予はまだ明日1日あります。
遠征帰宅後から3日間あれば、どうにか仕事をこなせる状態には戻れるんじゃないか。
そう思って連休最後の3日は何もしないって初めから決めていたんですよ。

2016/05/03

アラフォーの肉体は正直

遠征明けの今日は久々に10時間以上寝てしまいました。
そして昼寝も1時間ほどするという有様で、1日ぐったりとしてました。
体の節々がギシギシ痛み、おまけに同行した友人からうつされたと思しき風邪の症状もあって、ブログの更新もままならず。
写真の現像だけはどうにかこなし、あとはずっと録画したテレビを見てました。
そう言えばすっかり失念していたけど、昨日は36歳のバースデー。
いよいよアラフォー盛り。この衰えた肉体が恨めしいわい。

2016/05/02

新緑の高山本線を撮影しよう

遠征4日目。
昨日は競馬終わりに友人と別れ、一人名古屋に泊まっていた。
今日は高山本線に撮影に行こうと考えていたのだ。
かつて下呂温泉に行った時に乗ったことのある高山本線は、沿線に広がる景色が絶景だったことを記憶している。
撮り鉄を始めたからには、一度は訪れておきたい路線だった。

名古屋から岐阜経由で高山本線の普通列車に乗り込み降り立ったのは焼石という駅。

なんの変哲もないこの駅付近には、高山本線でも屈指の名撮影スポットがあるのだ。
そこへは国道41号沿いを歩いて、飛騨金山方面へと戻ればたどり着ける。
徒歩30分くらいで、ああここだなとすぐにわかる場所へと着く。
だってそこにはこんな絶景が広がっているのだから。

見事な水鏡。見事なシンメトリー。
息をのむような絶景目当てに、多くの観光客が立ち寄っていた。
国道41号沿いにある駐車帯はスペースもあるのでゆったりと撮影ができる。

さっそく撮影を開始した。
高山本線はあまり本数がないので、1回1回が勝負だと思って入念に構図、設定を練った。
実はこの場所、午前中は逆光になってしまうので、カメラをうまく設定しないと絶景が表現できない。


26
キハ85系「ワイドビューひだ」水鏡その1 EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
高山本線/飛騨金山-焼石


露出をマイナス側にだいたんに補正することで緑の世界を強調できた。
ただしこの場所での肝はあくまで水鏡。
もっときれいに写し込みたい。
ただ水鏡になるにはいろいろ条件があって、バリ晴れよりは薄曇りがよく、また無風なのも絶対条件。
今日は風こそなかったが、陽射しはタップリ。条件的にはあまりよくなさげだった。


キハ75形水鏡
キハ75形水鏡 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
高山本線/飛騨金山-焼石


普通列車を撮影。
これがこの場所のベストカットです。水鏡もまずまずと言えるでしょう。


27
キハ85系「ワイドビューひだ」水鏡その2 EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
高山本線/飛騨金山-焼石


雄大な風景を大きめに取り入れて撮影。
この3本を撮ったところで次の目的地へと向けて移動することにした。
帰りの焼石駅でもちょうどワイドビューひだが通りかかったので撮影しました。


28
キハ85系「ワイドビューひだ」@焼石駅 EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
高山本線/焼石駅


これを撮っちゃうと次まで時間が空いてしまう。
高山本線はそうでなくても本数が少ないのに、下呂から富山方面へはさらに本数が少ない。
そして次の目的地はそっち側だったのだ。効率よい撮影は難しく時間が空いてしまう。
そこで11時そこそこだったけど、いったん下呂で下車して昼飯と温泉に入ることにした。
久々の下呂温泉はやっぱり気持ちよかったですよ。
そうそう、下呂でももちろん撮影ポイントを探して撮り鉄もしました。


キハ85形「ワイドビューひだ」@下呂温泉
キハ85形「ワイドビューひだ」@下呂温泉 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
高山本線/下呂-禅昌寺


温泉地下呂で鉄道撮影なんかしてるのは私くらいでしたよ・・・。

下呂から再び普通列車に乗車して降り立ったのは、渚駅。
山の中なのに渚ってのがいいよね。


ここ渚駅付近も有名撮影地で、あちこちにスポットが点在する。
有名なのはガーター橋だろうけど、私が最後に撮りに行ったのは風景写真をメインで撮れる場所。
せっかく新緑が広がっているのだから列車メインで撮っても仕方ないしね。
ポイントへは、渚駅から飛騨小坂方面へと歩いて30分くらいで着く。
国道沿いだけど、滅多に人が通らない歩道での撮影なので三脚も問題なく設置できる。
時間の都合上、ここで撮れるのは2本のみ。
構図は慎重に考えた。


新緑をゆく気動車その1
新緑をゆく気動車その1 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
高山本線/飛騨小坂-渚


鉄道風景写真は四分割構図を意識すると綺麗に撮れる。
鉄道写真家の中井精也さんの提唱するレイルマン構図、山崎友也さんの言うところのグルジア(ジョージア)国旗構図ってやつだ。
上の写真は車両を右下に配置して撮影してみた。
ただ、ここも逆光での撮影となってしまったため、白く飛んだ空が写りこんでしまったのがよろしくない。
そこで最後は空を消すように、車両を右上に配置する構図での撮影を行う。


29
新緑をゆく気動車その2 EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
高山本線/飛騨小坂-渚


これはまずまず満足の1枚となりました。
本当は2両編成の列車だと綺麗に収まったんだけど、時間の都合上こればかりは仕方がない。
それ以外では逆光ゆえに木々の緑が煌めいていい感じだ。
この場所の順光時間は午前中だけど、むしろ逆光狙いで訪れたい場所である。


こうして計3か所でのすべての撮影を終え、同時にゴールデンウィーク遠征のすべての行程も終えた。
初日の野球観戦から始まり、温泉、競馬、そして今日の撮り鉄と、趣味を満喫しっぱなしの中身の濃い旅でした。
帰りはさらに富山まで高山本線の乗り鉄を楽しみ、北陸新幹線で帰ってくるという、最後まで妥協せず趣味を追及してきました。
あっという間の4日間だったな~。

2016/05/01

難しいパターン

遠征3日目の今日は京都競馬場での春の天皇賞観戦。
朝5時起きして競馬場へ突撃し、暑いくらいの陽射しの元、競馬を楽しんだ。
春の天皇賞は3200メートルという距離が時代錯誤という声も多いが、個人的には大好きなレース。
長い距離を走るからこその駆け引きが面白いのだ。
また今回は前々で引っ張りそうなキタサンブラックという強い馬がいたので、どんなレースメイクをしてくるか楽しみだった。
逃げの手に出たキタサンブラックは、直線を向いていったんは完全に他の馬に交わされたが、ここからもうひと踏ん張り。
俗にいう差し返しを見せての勝利。
なかなか見られない熱戦に7万人以上の観衆が沸いた。
で、写真の撮影結果はと言うと・・・。

うん、内からの差し返しだとどうしてもこうなっちゃうよね。
2着の馬に隠れてしまって、勝ち馬にスポットは当てられなかった。
競馬撮影の中でも難しいパターンだ。
だが、これはこれで熱戦の記録という意味では良しとしたい。
え?馬券?ほっとけ。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »