2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« カシオペアクルーズ2016年6月追っかけ撮影記その3~秘境駅・姫川 | トップページ | カシオペアクルーズ2016年6月追っかけ撮影記その5~東北徒歩鉄ロケハン »

2016/06/05

カシオペアクルーズ2016年6月追っかけ撮影記その4~黄金海岸ロケハン

姫川駅での撮影をもって道内でのカシオペアクルーズの撮影は終了。
翌日の上りは待たずに、東北本線での撮影にシフトする。
ということで、道内での鉄道撮影を楽しめるのは今日1日だけ。
カシオペアはなくとも、残りの時間を楽しみたい。
森駅前のラーメン屋で遅い昼食を食べながら、この先の行程を考えた。
導き出した結論は、黄金海岸のロケハン。

室蘭本線の黄金駅周辺には、崎守方面の陸橋俯瞰の撮影地と、稀府方面の海岸のポイントが二つある。
前者は、昨年の撮影旅行の時に北斗星を撮影した。
今回行くのは海岸の方。
この撮影地は噂が噂を呼んで有名になった場所で、夕暮れ時の海岸線を走るドラマティックな写真が撮れる場所。
その存在を知ったのは北斗星の終息の頃で、時期的な問題もあって行けずじまいになっていた。
カシオペアの(臨時だけど)定期運行末期では、日没時間の問題で撮影機会はなかった。
一度は来てみたかったんです。今日はカシオペアクルーズは来ないとはいえ、ロケハンの意味合いも込めて。
貨物列車なら通りそうだったので、今回のターゲットはカモレとした。

着いてみれば、カシが来なくても数人の撮影者の姿。
やっぱりこの場所は室蘭本線上り撮影地では屈指の場所になったようだ。

青い空、青い海。絶好の天気になっているこの日ならきっと夕暮れも美しいに違いない。
ちなみに撮影地の足場はこんな感じです。

キャパは広めだと思うけど、間際に来るんだったら脚立があれば安心かな。

さっそくやって来たのはスーパー北斗。


281系スーパー北斗@黄金海岸
281系スーパー北斗@黄金海岸 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
室蘭本線/黄金-稀府


イメージ通りに撮れた。
この時期だけに足回りは雑草が生い茂っちゃってるね。
地元の同業曰く、本州からやってくる撮り鉄じゃないと草刈りはしないそうな。


キハ150形@黄金海岸
キハ150形@黄金海岸 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
室蘭本線/黄金-稀府


少しずつ西日が傾いてゆく黄金海岸。
普通列車もいい具合の色合いになってきました。
狙いのカモレは地元の同業曰く18:50前後とのこと。
この時期ならきっと日没間際の狙いの光線状態になるはずだ。
そして。


DF200-63+コキ@黄金海岸
DF200-63+コキ@黄金海岸 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
室蘭本線/黄金-稀府


・・・うわー、これ北斗星やカシオペアで撮りたかったなぁ。
この撮影地のイメージそのままじゃないか。
それだけ今日の天気が絶好のものだったってことですね。
昨日の夜22時に起きてからずっと活動していてもはやクタクタだったけど、撮りにきて良かったですよ。
願わくばこの日のロケハンが活きる日が来ますように。

« カシオペアクルーズ2016年6月追っかけ撮影記その3~秘境駅・姫川 | トップページ | カシオペアクルーズ2016年6月追っかけ撮影記その5~東北徒歩鉄ロケハン »

旅行・地域」カテゴリの記事

室蘭本線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« カシオペアクルーズ2016年6月追っかけ撮影記その3~秘境駅・姫川 | トップページ | カシオペアクルーズ2016年6月追っかけ撮影記その5~東北徒歩鉄ロケハン »