2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@陸前山王 | トップページ | ヒガハスの惨劇について »

2016/08/09

『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@高久

這う這うの体で陸前山王駅まで戻った私は、仙台経由で新幹線に乗り、一路高久を目指した。
カシオペアクルーズ撮影、掉尾を飾るのは高久のS字だ。
黒磯~新白河に点在する撮影ポイントは、私のお気に入りであるが、カシクルで撮影に行くのは初めて。
というのも、どこも撮影地までは駅から遠いので、列車移動では追っかけ先回りが難しいから。
今回の撮影の最重要ポイントを高久と考えた時、少しでも数多く撮れて、なおかつ高久にも間に合わせるためにどうしたらいいか時刻表とにらめっこして導き出した結論が、仙台手前の陸前山王での撮影だったのだ。

最速でたどり着いても高久駅に降り立ったのは13:37。
カシクルがS字地帯を走行するのは私の推定では14時過ぎ。
初めて行くポイントだけに、まさに一か八かだった。
そして国道をえっちらおっちら歩いて行ったのだが、どうもこのままでは間に合わないんじゃないのか?と不安がよぎった。
せっかく新幹線使ってここまで来たのに、撮れませんでしたではあまりにもったいない。
天候がここまで南下したら青空になっていたことも、撮影意欲を増させていた。
高久のS字地点は午後から順光になるのだ!

そして私は行動に出た。
国道から離れ、いったん線路際まで道なき道を進んでいく。
そして線路脇に出たらの犬走りの上を一心不乱に黒磯方面へと歩いて行く。
先日導入したDJ-X8の列車接近警報があるので安心だ。
すると、彼方に同業者の姿が見えたじゃないか。
どうやら間に合ったようだとホッとした。ちなみに2名でした。これまでを思えば余裕。
だが、もうカシクルは間際に迫っていたので慌てて構図を整えた。
そして練習電も何もないまま、列車接近警報が「上り接近」を伝えてきた。


第3回カシオペアクルーズ@高久~黒磯
第3回カシオペアクルーズ@高久~黒磯 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
東北本線/高久-黒磯

第3回カシオペアクルーズ@高久~黒磯2
第3回カシオペアクルーズ@高久~黒磯2 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
東北本線/高久-黒磯


参考通過時刻:14:10


高久駅に着いてからおよそ30分後の事だった。
まさにギリギリ。大回りしていたら間に合わなかったかもしれない。
理想の光線状態の元、間に合わなかったらきっと悔やんでも悔やみきれなかったことだろう。
本日の3枚の中で一番の結果を残せた。
まさに紙一重でしたね・・・。

こうして終えたカシオペアクルーズの撮影。
帰りの道中は計3回やり切った充実感に満ち足りていた。
3回目にして、一番天候に恵まれたのが今回であり、大好きな夏に楽しいことが出来て幸せだった。
信州クルーズは追っかけが難しそうなので、一応これでひとまず完結になるのかな?
11日って紀行あるんだっけ?あれば行くかもしれないですけど・・・。
何はともあれ、6月からずっと追いかけ続けてきたカシオペア。
ラストランからわずか3か月後に、こんな機会を得られたことを嬉しく思います。
四季島が始まってもまだまだ楽しませてほしいね!


第3回カシオペアクルーズまとめ動画

« 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@陸前山王 | トップページ | ヒガハスの惨劇について »

東北本線」カテゴリの記事

カシオペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@高久:

« 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@陸前山王 | トップページ | ヒガハスの惨劇について »