2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@岩原スキー場前 | トップページ | 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@間島~越後早川 »

2016/08/06

『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@村上~間島

岩原スキー場前から再び越後湯沢経由で新潟へと向かった。
乗車した新幹線はなんか雰囲気が違った。
どうも現美新幹線ってやつらしい。
世界最速で動く美術館?ってコンセプトらしい、6両編成くらいの短い新幹線で、
座席もソファー席が片側にあるだけで通路が広い構造になっている。
車内には絵画が飾られていたり、カフェやらキッズコーナーまでも備えられていた。
ジョイフルトレイン風の新幹線でした。
まぁその分座席が限られているので、始発駅組以外では立ちっぱを余儀なくされるんだけどね・・・。

そんなこんなで新潟へ着き、息をつく暇もなく村上行きの列車に乗り換えた。
岩原を出てから3時間後、ようやく村上に到着。
追っかける対象のカシオペアも、一足先に村上に到着して停車していた。
写真を撮ろうと群がる人を尻目に、私は猛ダッシュで改札を出てタクシーに乗り込んだ。
次の撮影は、今止まっているカシクルが間島に移動して停車する間に撮ろうと思ったのだ。
撮影場所は自然と間島ストレートと呼ばれる海岸沿いの撮影地になる。
徒歩では間に合わず、村上駅のレンタサイクルを借りる手もあったが、楽なタクシーを選んだのだ。
運ちゃんも心得ていたようで、気さくに対応してくれて助かった。
前回ワシクリまでタクシーに乗った時は、鉄道撮影者が集まる場所までって言ったら「ハァ?」って顔されたから・・・。

タクシー車内からでも、そこが異常な光景になっていることはわかった。
国道沿いに、おびただしい数の人々が陣取っている。
その数はおそらく100人を下らないだろう。
運ちゃんも唖然のその光景に、一般ドライバーはどう思ったのだろうな(苦笑)。
来る途中、車の動きがどうもノロノロしてるなと思ったが、これだけの人数が国道沿いにいたのではそれも仕方ない。
せめて迷惑かけないようにしないと。
・・・って、ほらまた白黒パンダカーが赤ランプ灯らせてやってきちゃった・・・。
まぁ今回はパトロールに来るには仕方ないと思うよ。それだけ異常事態だもの、この状況は。

それでもどうにか妥協ポジションに陣取り、機材をセッティング。
日本海側の午後の下り列車なので逆光はもう仕方ない。
逆光なら逆光で印象的に仕上げる努力をすればいい。
邪魔な電線を回避しつつ、海を入れて空はなるべく写さず・・・って構図決めるのに難儀したわ~。
ま、間際に来たのだから贅沢は言えまい。


第3回カシオペアクルーズ@村上~間島
第3回カシオペアクルーズ@村上~間島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
羽越本線/村上-間島


参考通過時刻:15:43


首尾よくゲットした本日2枚目。
与えられた条件でレインボー機を美しく写し込めたと思います。
ここに来るのは移動を含めて賭けだったけど、来てよかったと思いました。
むしろここに来れたおかげで、当初2か所の予定だったのが、もう1本撮れることになったのだから。
今行ったカシクルが間島駅で止まっている間に追い付け追い越せ。
ちなみに、間島駅までは炎天下の中、恐怖の徒歩鉄です・・・。

« 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@岩原スキー場前 | トップページ | 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@間島~越後早川 »

羽越本線」カテゴリの記事

カシオペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@村上~間島:

« 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@岩原スキー場前 | トップページ | 『カシオペアクルーズ2016年8月』撮影@間島~越後早川 »