2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年4度目の新白河へ | トップページ | 同じ穴のムジナだもの »

2016/10/10

カシオペアクルーズ2016年10月撮影@白坂

新白河のビジネスホテルで4時50分に目覚めた。
今日は秋のカシオペアクルーズの撮影だ!
お馴染み、5時23分の始発でいざ出発。
ただ、いつもと違うのは、今回は下りを撮りに行くこと。
これまで豊原やら黒田原へは、すべて午前中の上りを撮るために出向いていた。
今回はカシクルの往路行程が珍しく東北本線を下って行くものとなったため、撮影地選びがなかなか難しかった。
東北本線は上り撮影ポイントの方が好撮影地が多いからだ。
悩み抜いた末にたどり着いた結論が、今日やって来た白坂にある有名なトンネル飛出しポイントだったのです。

駅から至近なその撮影ポイントにたどり着いた時、先着者はおらず私が1番乗りだった。
ただし置きゲバはしてあったが、すぐ脇のベストポジションを押さえることが叶った。
カシクルがここを通過するのはお昼過ぎなので、こんな6時前からはさすがに誰もやってこない。
祝日であることを考慮して念には念を入れての始発出発だったが、結果的には早すぎたね。
でもおかげで好きなように構図を練ることが出来た。
なるべく線路から離れるようにしないと編成を収めるのが難しく、正面がちにしか撮れない。
場所を選ぶため、あとから来て撮ろうとするならハスキーの巨大な三脚と脚立が必須の撮影地です。


E721@豊原-白坂
E721@豊原-白坂 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
東北本線/豊原~白坂


朝から素晴らしい青空が広がり、燦々と太陽光が降り注ぐ中撮影開始。
だが、あまり早い時間帯だと木々の影落ちがある。


701系@豊原-白坂
701系@豊原-白坂 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
東北本線/豊原~白坂


8時過ぎから10時台にかけてはまさに理想の光線状態、バリ順となる。
だが、あまり晴れすぎてもこの先の事を考えるとよろしくない。
集まりだしてきた撮影者一同、空を眺めては曇れ、曇れの大合唱であった。


719系@豊原-白坂
719系@豊原-白坂 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
東北本線/豊原~白坂


その願いが通じたのか、お昼前から雲がかかり始めた。
余計な光線を気にしなくてよくなり、安堵感が漂い始めた。
しかし鉄ちゃんはベタ光が好きだよね。というか、逆光にやたら拒絶反応を起こすな。
私は正直、逆光は逆光で面白いと思ってるので、成り行きまかせで良いんだけどねぇ・・・。


3085レ EH500-5+コキ@豊原-白坂
3085レ EH500-5+コキ@豊原-白坂 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
東北本線/豊原~白坂


東北本線だけにひっきりなしに貨物列車が通る。
すべて金太郎とはいえ、長編成はカシオペアのイメージづくりに欠かせないので、構図を追い込むのにピッタリ。


3083レ EH500-39+コキ@豊原-白坂
3083レ EH500-39+コキ@豊原-白坂 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
東北本線/豊原~白坂


確かに曇ったおかげで編成の後ろまできれいに写るようになった。
若干露出が落ち気味だったが、カシオペアに向けてなんら不安はなく視界良好と言えた。


EF81-97牽引 カシオペアクルーズ2016年10月@豊原-白坂
EF81-97牽引 カシオペアクルーズ2016年10月@豊原-白坂 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
東北本線/豊原~白坂


そしてやってきてから実に8時間後、ついにカシオペアがやって来たのである。
今回の牽引は97号機。正直、カシクルを牽くには地味釜である。
まだ撮れてない81号機がよかったのが本音。
だがしかし、実は97のカシもまだ撮れてなかったので、一つ潰せたことも確か。
撮影も無事決まって、粘り抜いた甲斐があったというものだ。
黒磯で停車していたため、前パンが下がった状態でやってきた。
郡山以南でこの状況はとてもレアだと、同業者の一人が熱く語っておりました。
そう言うのが写真に残せたのなら、付加価値がついたんじゃないですかね。

今回は追っかけはせず、また復路も仕事のために撮影は行けないのでこれ1枚で終わりとなる。
今後カシクルをまたやってくれるのかわからないし、まだ撮れてないパイパイカシオペアは果たして撮れるのかも不明。
あと何回かあるカシオペア紀行は露出的に撮影は可能なのか。
撮っても撮ってもまだ撮りたい。まだまだ名残惜しいカシオペアです。


camera今回の動画train

« 今年4度目の新白河へ | トップページ | 同じ穴のムジナだもの »

カシオペア」カテゴリの記事

東北本線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/64327736

この記事へのトラックバック一覧です: カシオペアクルーズ2016年10月撮影@白坂:

« 今年4度目の新白河へ | トップページ | 同じ穴のムジナだもの »