2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« カシオペアクルーズ2016年10月撮影@白坂 | トップページ | 喉をやられて喋るのが辛いんや! »

2016/10/11

同じ穴のムジナだもの

昨日の白坂の撮影地で、実は顔見知りに遭遇していた。
カシオペア撮影で集まった同業の中に、どこかであったような気がする顔が。
それは、あの3月の豊原で、おかしなポジションに陣取ってくれて、結果私の撮影が失敗に終わるという屈辱を味わされた相手。
それとわかったのは、特徴的な点があるから。
その人物はろうあ者なのだ。
他人とのコミュニケーションは手話でおこない、通じない相手にはウーウーとしか言えない。
前回はそれで意思疎通がとれずにおかしなポジションからの撮影となってしまったのだ。
だが先を越された前回と違い、今回の主導権はこちら。
もう邪魔はさせない・・・って、なんか私の目の前に陣取りだしたんですけど・・・。
撮影現場では譲り合いが大切だから最大限譲歩したけど、基本先着者の前には来ないでもらいたいものだ。
しかも今回もうまくコミュニケートできてるのか怪しく、できる限り注意しながら撮影したが、向こうもそれなりに気を使ってくれたためお互い無事に撮影を終えることが出来た。
現場は気持ちよくありたいものだから、向こうにも先着者を敬う気持ちがあることが分かった時点でわだかまりは消えていた。
だってボクらは同じ穴のムジナなんだから(笑)。

それにしても豊原と白坂で出会うってことは、この辺の人間なんだろうかね。
この趣味していると、同業と顔なじみが出来ても良いようだけど、なかなか再会の機会は少ない。
撮影結果がその日の物しか撮れないように、出会いも一期一会。
だからこそ、たまたま2度もご一緒した縁は貴重だ。また会うかもな。

« カシオペアクルーズ2016年10月撮影@白坂 | トップページ | 喉をやられて喋るのが辛いんや! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ穴のムジナだもの:

« カシオペアクルーズ2016年10月撮影@白坂 | トップページ | 喉をやられて喋るのが辛いんや! »