2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 今日の115系 Vol.8 ~紅葉の諏訪峡へ~ | トップページ | 今年は中国に決定! »

2016/11/13

α99 & α65 引退撮影終了

昨日は諏訪峡で撮り鉄をしてきたが、実はこの撮影を持って愛機α99とα65は第一線を退く見込み。
というのも、来るα99Ⅱを買う際に下取りに出すことに決めたからだ。
α99Ⅱ予算は出来上がってはいるが、どうせ新しく高画素カメラを買うのならレンズも新調したい。
候補は70-200 F2.8Gか70-400Gの白レンズ。
だがさすがに高いので、ボディと同時購入は不可能。
下取りで浮いた分+ボーナスの併用で買うつもりでいる。
もはや下取りは避けられない以上、ケジメの引退登板が必要と判断し、昨日は久々にα2機を持ち出しての撮影だった。

α99は2012年末に購入。

当時は同時期に5DⅢとD800が市場をにぎわしており、フルサイズ機戦争が開幕した頃のカメラ。
評判のいいキヤノンとニコン機を尻目にα99を買った私は、店員さんに「いいもの買いますね」と褒められたわけだが、α史上最高を謳った画質はほぼ満足したものの、それ以外の操作性には難儀させられ、「レフ機」への憧れを余計に募らせてくれた迷機であった。
とはいえ、購入以降は7D2を買い増しするまでは常に第一線で活躍する我が家のエース格であったことは間違いない。
毎年行く年明けの温泉一人旅では購入以来4年連続のお供を務めてくれた。
今年の夏に、イメージセンサー内の汚れが画像に映り込んでしまう不具合が発覚したが、どうにか自身にて清掃でき写りへの影響がなくなった。大事に使ってきたのでキズもなく良好品である。
総ショット数は不明だが、推定5万前後かなぁ、と思う。
高感度を必要としない静物撮影では、まだまだ健在の高画質カメラだと思います。
α99でのベストショットは、北斗星撮影で訪れた宇宙軒カーブでの1枚です。


臨時北斗星@北入江(信)-有珠(宇宙軒カーブ)その2
臨時北斗星@北入江(信)-有珠(宇宙軒カーブ)その2 posted by (C)Tylor


α65は2012年の夏に購入。

α55で一眼タイプのレンズ交換式カメラデビューしていた私だが、α55はエントリー機で何かと縛りが大きく、何より動画撮影における熱問題という致命的な欠陥を持っていた。
もう少し本格的な撮影がしたいと考え、ミドル機を探していた時に白羽の矢が立ったのがこのカメラ。
兄貴分に、αへの信頼を決定的に失墜させた問題作α77があるこのカメラの立ち位置は、エントリーミドル機!?だろうか。
画素数が24MPとなったが、APC-Sの画素ピッチには持て余す容量で、画質的にはむしろα55の16MPの方が高いという謎の進化を遂げたカメラであり、せっかく買ったものの出番はあまりなく、数か月後にα99を買った時点で実質御役御免となる。
北斗星撮影をしていた頃、動画撮影用という新しい役目を与えられたが、それもOM-D E-M5 Mark II導入までであり、以降は防湿庫の肥やしとなっていた。昨日は実に久々のスチル撮影でした。
そんなわけでほとんど使ってないこのカメラの総ショット数はおそらく1万行っているかどうかくらい。
売ったとしても1万円つくかつかないかくらいだろうけど、防湿庫で眠っているよりは使ってもらえる可能性のあるオーナーの元へ行って欲しい。
α65でのベストショットは2014年の日本ダービーです。α65で撮ったにしては奇跡的な出来のよさでした。



α99Ⅱはα99よりも高画質で、α65の連写能力を圧倒する、1台で何でも来いの万能機であると信じていますよ。

« 今日の115系 Vol.8 ~紅葉の諏訪峡へ~ | トップページ | 今年は中国に決定! »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: α99 & α65 引退撮影終了:

« 今日の115系 Vol.8 ~紅葉の諏訪峡へ~ | トップページ | 今年は中国に決定! »