2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の115系 Vol.9 ~α99Ⅱ撮影実戦 カシオペア紀行回送もあるよSP~ | トップページ | 師走前の静けさ »

2016/11/29

α99II 私のファーストインプレッション

師走前の5連休、最終日の今日はゆっくり静養した。
この連休中、遊びっぱなしだったからね。身体と財布も労わってやらないと(笑)。
だから使いたくてウズウズするけど、今日はα99IIは防湿庫からとりだしてません。
その代り、昨日は簡単に撮影結果について感想を述べたけど、今日は1日5時間ほど使ってみての率直な感想でも書こうと思います
旧機種α99、そしてカメラ界の王者キヤノンのレフ機、7D2使用経験のある私から見てのα99 II評ですね。
これから購入を検討されている人の参考に、わずかでも情報を与えられたらなと思います。

まず画質面。
これはもう文句なし。別次元でした。
さすがはカメラ大賞のα7R IIゆずりの42MPセンサー。
TLMの影響による画質の低下など、ほとんど感じられないと思います。
嵌った時のα900のそれをはるかに凌駕する絵が飛び出てきます。

次にAマウントレンズ。
正直今のソニーはEマウントが主力で、Aマウントの開発にはあまり力を入れてないと思います。
それゆえレンズもいささか古くなった物が多く、AFの速度とかも気になるところだと思います。
私がα99 IIに装着して使ったレンズはまだSAL70300Gと、SAL2470Zの2本だけなんですが、
この2008年発売のちょっと古くなりつつあるレンズでも、AFの遅さ、迷いを感じる場面はありませんでした。
それどころか、42MPにきっちり対応する神レンズでした。

一番気になる操作性。
α99でのモッサリ感に嫌気を差してレフ機やEマウントに移行した人も多いと思います。
私も、いくどとなくシャッターチャンスを逃してきました。
新型になってそこはどう変わったか。
電源を入れてから起動するまでにかかる時間、これは大幅に短縮されました。
しかし、まだレフ機のそれに比べればワンテンポ以上遅いと思います。
これはEVF機だけにある程度は仕方ないと目をつぶるしかありませんね。

マルチセレクターは、ネット上でもそういう声が多かったですが、意思通りに作動しないことが多いです。
強く押し込めば良い的な解決案も見かけましたが、使いこなすのに感覚慣れする必要があるかと。
画像削除に手こずりました。

シャッターは感度が高すぎるくらいで、ちょっと押したくらいでカシャって切れてしまってビビります。
早切りには要注意。

連写はバッファフルになるまで使う場面はそうはないと思うくらいよくなりました。
ただし公称の最大秒間12コマ連写ですが、その速度には結構ムラがある印象。
例えるなら、押した瞬間に12コマ、ワンテンポおいて8コマくらいに落ち、その後12コマに復活・・・って具合でしょうか。
あくまで最大速度が秒間12コマであって、平均秒間12コマじゃないってことだと思います。
いきなり速度が落ちたりする場面があったので、向かってくる被写体に対して早くからバーストすると突然コマ速が落ちて逃してしまうってことがあるので気をつけた方がいいでしょう。
なるべく引きつけて1枚切りの感覚で連写すればまず失敗はないと思います。

連写で言えば、私は7D2の秒間10コマ連写を多用するわけですが、それは常にバースト状態ではなくて、連写、ワンテンポ空け、連写・・・って繰り返しで撮ることが多いのですが(無駄なカットを減らす意味もある)、α99 IIでそれをやろうとすると痛い目にあいます。
というのも、レリーズを止めた時点でモニターに撮影結果をいったん必ず表示するようになっているので、書き込み読み込み時間の関係で動きが止まってしまうのです。
このタイムラグでシャッターが再開する前に被写体が行ってしまうわけで、撮り逃した場面がありました。
いったんシャッターを切ったなら、中途半端には止めず、被写体が完全に収まりきるか、バッファフルになるまで連写は続けた方が無難。

動画はまだ撮ってません(4Kは我がPCでは再生不可)。
フルHD120pがどんな具合か近々試してみます。
高感度耐性も、昨日の撮影場面ではISO一桁で収まるシーンしかなかったのでまだ実感できてません。
電池消耗はさすがに早いです。数時間の撮影では予備バッテリーや、バッテリーグリップは必須。
EVFの見え具合は、なんか先代α99やα65のそれの方が綺麗だったような!?
α900級のOVFのクオリティを望むのは難しそうですね。

以上、わずか5時間あまり使ってみて気づいた点です。
今後の主力機になるのは確実なので、早く癖を掴んで使いこなしたいですね。
一応週末に再び撮影予定があります!

« 今日の115系 Vol.9 ~α99Ⅱ撮影実戦 カシオペア紀行回送もあるよSP~ | トップページ | 師走前の静けさ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: α99II 私のファーストインプレッション:

« 今日の115系 Vol.9 ~α99Ⅱ撮影実戦 カシオペア紀行回送もあるよSP~ | トップページ | 師走前の静けさ »