« あずさ50周年記念号撮影@多摩川橋梁 | トップページ | 落失 »

2016/12/19

SAL70200G2導入

α99 IIを買ったからには白レンズが欲しい。
候補は70-200か70-400かで悩んでいると書いてきたが、このほどようやく結論が出ました。
購入したのは、SONY 70-200mm F2.8 G SSM II です!



と言ってもこれ、新品じゃないんですよね。
ヤフオクで落とした中古品です。
誰も入札する人がいなくて、20万円以下で落札できそうだったのでつい落としちゃいました。
せっかく白レンズを買うのだから新品が良いのはやまやまだけど、20万円以下ってのに惹かれました。
でも「使用回数数回程度の美品」って書いてあってもどうせキズまみれだろうなぁ、とあまり期待してなかったのですが、届いた荷物を開けてみてまぁビックリしました。
これ、ほとんど新品同様じゃないか!

そうなんです、キズはおろか、使用感すらまったく感じられないほどの極上品でした。
レンズに埃が混入してないのはもちろんのこと、元箱まで擦れ傷ひとつないのです。
ガチの、数回程度の使用だったみたいです。保管の仕方も素晴らしかったのでしょう。
もはや新品同様として捉えていい。こりゃ滅茶苦茶な掘り出し物でしたわ。
新品だったらどんなに安くても25万円~のレンズだもの。19万円落札は安すぎた!

さっそく愛機α99 IIに装着してみました。



やはりフラグシップ機には白レンズがとてもよく似合いますね。
しかしなんと美しいフォルムなんでしょう。
悩んでいた自分がバカバカしくなりましたよ。やっぱりカメラを趣味にする者として、一度はナナニッパは手に入れないと。



このレンズはインナーズームなので、長さが変わることはありません。
気になる重さは1340gって話ですが、持ってみてさほど重いとは思いませんでした。
むしろ955gのツァイス24-70の方が小さい分ズシリと重たい印象です。
これなら手持ちでもぶん回せそうだし、持ち運びも苦にならないんじゃないかな。



ナノARコーティングが施された前玉は、私が所有する他のソニーレンズとは少し違く見えます。
公称では逆光性能が高まっているって話ですが、このレンズの使用者レビューには逆光がダメって書いてあるのが多いので、今後検証していかなければなりませんね。まぁ光源を画面に入れなければなんとかなるでしょう。


せっかくなので、手持ちの他のαにも装着してみた。
まずはα55。



これは明らかにミスマッチですね(笑)。
ちゃちなエントリー機で使うレンズじゃないわな。

ではα900ではどうでしょう。



さすがの貫禄ですね。
このボディなら白レンズ相手でもまったくひけをとりません。
っていうか、α900のファインダーでこのレンズを装着して覗くとヤバいです(笑)。
α99 IIがメインなのは違いないけど、α900でも積極的に使っていきたい。

お次は、キヤノンの白レンズとの比較をしてみました。



ちなみに7D2に着けているのは、100-400のⅡ型です。
こうして見ると同じ白レンズでも明らかに色合いが違いますよね。



ソニーの白レンズはまさに純白。
フードまで真っ白なんだから、現場では目立つことでしょう。
っていうか、少々フードは大袈裟かな(汗)。

窓から庭の木々を試し撮りしてみたけど、AFはスムーズでピントもずれてなく問題なさそうでした。
外装が綺麗でも、機能がダメだったら無意味な買い物なんでホッとしました。
オークションで中古品を買うのは冒険だったけど、一期一会の大当たりをひいたみたいです。
19万円落札じゃ出品者さんが少々可哀そうだな~。

これにて本年度のカメラ機材の導入は完了です。
αのシステムも買い足すとしたら、あとは最強の名玉である135ZAくらいでしょうかね。
2017年はα99 IIと、SAL70200G2で、撮って撮って撮りまくるぞ!

« あずさ50周年記念号撮影@多摩川橋梁 | トップページ | 落失 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SAL70200G2導入:

« あずさ50周年記念号撮影@多摩川橋梁 | トップページ | 落失 »