2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 最果て温泉紀行~その9 最後に歩いて関門海峡を越えよう!? | トップページ | もう1回北海道で撮っておくべきか »

2017/01/11

見えてきた課題

旅から帰ってきて、のんびりと家で過ごしております。
実は休暇は今日を含めてまだ2日あるんだけど、旅の疲れを癒したり、
ブログを書きあげたりする貴重な休日として早めに旅を切り上げたのです。
もっとも、温泉効果で疲れ切っていた身体が癒え、旅から帰った割には身体は軽いままなんですが。
この分なら明後日からの仕事も全開で行けそうですね。

そんな楽しかった温泉旅ですが、ひとつ課題が見つかりました。
今回は初日に倉敷でビジネスホテルに泊まった以外は温泉旅館に3連泊でした。
これは過去になかったことです。
過去の年明け旅では、同じく3~4泊したとしても、温泉宿には2日が最大で、
それ以外はビジネスホテルで済ませるパターンも多かったのです。
例えば去年だったら、初日に別府の温泉旅館に泊まり、2日目は久留米のビジネスホテル、
3日目は指宿温泉の旅館、と言った具合に必ずどこかで一つ休息と言うか節約な1日がありました。
それゆえ、温泉旅館で過ごす日の有難味と新鮮味が最後までなくならなかったのです。

今年の場合は節約とは無縁の大盤振る舞いで3連泊。
少々有難味が薄れて行った嫌いがあります。
懐へのダメージも大きく、十数万円持って行ったのに、帰ってきた時には財布の中は2000円だけでした(汗)。
それはまぁいいんです。この旅は自分へのご褒美ですから。
温泉旅館3連泊も新たなパターンとして、別に不満があるわけじゃないんです。
でも私の中に残る物足りなさはなんなのか。
答えはわかりました。

今回泊まったのは大規模な温泉ホテルばかりでした。
こじんまりとした、古き良き温泉情緒漂う宿はありませんでした。
どこも大勢の宿泊客がおり、騒がしく、大浴場は人で溢れかえってました。
旅の行程の1つ、2つはそれでもいいかもしれません。贅沢な思いをさせてくれて満足は満足なんです。
でも3日連続だと、ちょっと違うって思っちゃったのです。
四国に行った2年前、私は最高の気分で旅を終えられました。
旅の最後で立ち寄った道後温泉で泊まった宿が、まさにそんな静かで落ち着く洗練された旅館だったのです。
今回はそれがなかった、そういうことなんだと思います。
立ち寄り湯で行っただけの長門湯本温泉が一番よかったと思うのも、温泉地の雰囲気がそんなだったからでしょう。

こうして来年以降の課題がハッキリ見えました。
次からはもっと早めに計画案を立ち上げて、そんなのんびりできる上質な宿を探して確保しよう。
私が求める癒しを叶えてくれる宿を。
旅慣れたと思っていても、まだまだだった自分への戒めを込めて、今回のブログを書いておきます。

« 最果て温泉紀行~その9 最後に歩いて関門海峡を越えよう!? | トップページ | もう1回北海道で撮っておくべきか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/64750271

この記事へのトラックバック一覧です: 見えてきた課題:

« 最果て温泉紀行~その9 最後に歩いて関門海峡を越えよう!? | トップページ | もう1回北海道で撮っておくべきか »