2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 最果て温泉紀行~その1 倉敷前乗り | トップページ | 最果て温泉紀行~その3 宮浜温泉(広島県) »

2017/01/07

最果て温泉紀行~その2 伯備線でサンライズ出雲を撮ろう

倉敷のビジネスホテルで朝5時に目覚めた。
温泉でのんびりするはずの旅で何故こんなに早く起きたか。
それは今日は温泉の前にまず、趣味の一つである鉄道撮影を楽しむため。
ターゲットは伯備線を走るサンライズ出雲と、貨物列車の3082レ。
伯備線の2大看板をメインに、特急やくもなんかも撮れたらと考えていた。

撮影地に選んだのは井倉駅からほど近い橋梁。
最近の撮影では立川、蒲須坂に続いて、なんだか鉄橋シリーズが続いてますね!
撮影ポイントはすぐに見つかったのだが、どうも今は河川を工事中みたいで、
関係者が早朝から出張っていて、こんな時間に鉄道撮りに来た酔狂物は奇異の目で見られてしまった(汗)。
それでも邪魔にならない場所に三脚を据え、構図を整える。
練習電が何もないまま、一発勝負でサンライズ出雲がやって来た。


サンライズ出雲@方谷~井倉
サンライズ出雲@方谷~井倉 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
伯備線/方谷-井倉


時刻は7時半過ぎ。
すでに夜は明けていたとはいえ、周りを山に囲まれた一帯は陽射しは届かず薄暗い。
露出も厳しく、感度も爆上り。
それでも絵にしてくれるα99 IIに感謝。
幸先よく、最初のメインターゲットを捉えることが出来た。
乗りたかったけど、撮るのもまた良いね。あまり車両としての魅力はないけど、
貴重な電車寝台だし、機会があればまた撮りたい。いや、乗りたいかな(笑)。


115系@方谷~井倉
115系@方谷~井倉 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
伯備線/方谷-井倉


岡山の普通列車は115系が主力。
俗にいう、幸せの黄色い電車ってやつですね。
これは河原に降りて違う角度で撮ってみました。


381系特急やくも@方谷~井倉
381系特急やくも@方谷~井倉 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
伯備線/方谷-井倉


このやくもを撮ったところで、場所を橋梁の反対側に移りました。
まだ陽射しは見えてこないものの、もし晴れれば逆から撮ると順光となるからです。
この反対側のポイントは伯備線の超有名撮影地で、特別なトワイライトエクスプレスが走った時などは大変な激パだったみたいです。


115系@井倉~方谷
115系@井倉~方谷 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
伯備線/方谷-井倉


まだ陽射しは届かず・・・。

反対側に移った後のターゲットは貨物列車の3082レでした。
ロクヨン牽引の貨物も狙いに行かなければなかなか撮れないので、それも含めての本日の撮影計画でした。
ところが、来る予定の時刻になっても一考に姿を現しません。
ウヤになったのか、そもそも設定がなかったのか、Twitterを見ても情報はなく、
貨物ちゃんねるを睨めっこしながらジッと待ちつづけました。
どうやら伯備線で、信号異常の確認が原因でダイヤに乱れが生じていたようですが、
その影響なのかも判然としません。最悪なのはやっぱりウヤの可能性でした。
いつ来るかわからないものを待つのは辛いもので、何度も帰ろうか迷いました。
ずっと一人で撮影していた中、途中でもう一人合流したのですが、
あまりに3082レが来ないのでそのうちいなくなってしまいました。
トイレにも行きたくなり、諦めかけたその時、轟音が響き渡りました!


3082レ EF64 1021+コキ@井倉~方谷
3082レ EF64 1021+コキ@井倉~方谷 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
伯備線/方谷-井倉


おそらく定刻より1時間をはるかに遅延していたと思います。
でもそのおかげで、いつの間にか橋梁は完全に陽が差しこむ状態になっていました。
いわゆるバリ順です。見事なくらいに。
長時間待ち続けていたものに対するご褒美だと思いました。
きっと定刻だったら陽が当たらないか、もしくはマンダーラだったことでしょうから。


381系特急やくも@井倉~方谷
381系特急やくも@井倉~方谷 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
伯備線/方谷-井倉


返す刀で、やくもも順光で撮り、撤収しました。
伯備線はこのポイント以外にもいろいろ撮影地が多そうで、
また貴重な車両がたくさん走っており、また来てみたいと思わせてくれました。
心の開放の旅、まずは撮り鉄を十分に楽しんで幸先良いスタートです。

« 最果て温泉紀行~その1 倉敷前乗り | トップページ | 最果て温泉紀行~その3 宮浜温泉(広島県) »

旅行・地域」カテゴリの記事

伯備線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最果て温泉紀行~その2 伯備線でサンライズ出雲を撮ろう:

« 最果て温泉紀行~その1 倉敷前乗り | トップページ | 最果て温泉紀行~その3 宮浜温泉(広島県) »