2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今年のCP+は例年以上に楽しんだ! | トップページ | 北海道発着 カシオペア撮影まとめ »

2017/02/27

北海道戻りラスト!カシオペア紀行撮影@黒田原切り通し

新白河のビジネスホテルで朝4時半に起床し、5:23の始発列車に乗る。
幾度となく繰り返されたこの行程も、今日でおそらく最後になるのだろう。
そう思えば辛い未明からの活動もへっちゃらでした。こんな楽しいことできるのも最後なのだから。

降り立ったのは黒田原。
カシオぺア紀行の北海道帰りの最後の上りを撮る撮影地をどこにするか散々悩みました。
とりあえず直線区間で7-3の編成写真を撮るのはお腹いっぱいなのでそれ以外の構図を撮れる場所を考え、高久のインカーブと秤にかけた結果、今回は黒田原の切り通しにあるカーブで撮ってみようと思い立ったのでした。
昨年7月に切り通し奥のガードレールが突き刺さった付近からは撮っているので、今日はもう少し手前から。
ここからだと機関車を正面に捉えつつ、アウトカーブ気味に撮れるのです。

来る途中の薄暗い車窓からは、豊原大築堤も、黒田原の切り通しにもすでに数台車が止まっており、さすがの出足の早さを実感させられました。
最後だけに平日もクソもないってことでしょう。
まぁ黒田原の方は、みんな奥に陣取っていたので余裕でポジションを探れたのでよかったです。
なお持参したレンズでは少々長さが足りなかったので、今回はクロップモードで撮りました。


E721系1000番台@豊原-黒田原
E721系1000番台@豊原-黒田原 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/豊原-黒田原


最初にやって来たのはE721系の1000番代。
置き換えが進む新しい車両だけに綺麗でした。
何より夜明け前のこの幻想的な雰囲気はやっぱりたまりません。山中だけに余計に。


701系@豊原-黒田原
701系@豊原-黒田原 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/豊原-黒田原


日差しが出て明るくなると、編成の短い凡庸電では絵になりませんね。
せめて719系撮りたかったが・・・・。


3064レ EH500-53+コキ@豊原-黒田原
3064レ EH500-53+コキ@豊原-黒田原 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/豊原-黒田原


逆に長い貨物はピッタリ。
縦位置で正面ドカン風にしても面白いかもしれない。

ただこの場所、あまり後方によると俯瞰お立ち台の構図に入り込んでしまうし、線路から離れすぎると正面がちにしか撮れないしで、なかなか難しい場所でした。
理想の構図をとるには敷石に三脚の脚がかかるくらいがちょうどいいんです。
でもそこだと、最悪列車を止めてしまいかねない。
様々な葛藤がある中、カシオペアの晴れの舞台で走行の邪魔だけはしまいと、最初の位置より気持ち離れて最終的な構図を決めました。


8010レ EF81-81牽引カシオペア紀行 北海道行き最終上り@豊原-黒田原
8010レ EF81-81牽引カシオペア紀行 北海道行き最終上り@豊原-黒田原 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/豊原-黒田原


これがその結果です。
少し、構図がずれて窮屈な印象になってしまいました。
100%満足したわけでも、全く悔いがないわけではありません。
最後の上りで冒険をしないで、普通に編成写真で締めてもよかったのかもしれません。
でも、北海道への行き帰りはこれで最後だけど、まだ今後も撮影のチャンスはあります。
ここで100%満足しなかったことで、まだ追い求める要素が残った、そう思うことにします。


8010レ EF81-81牽引カシオペア紀行面縦@豊原-黒田原
8010レ EF81-81牽引カシオペア紀行面縦@豊原-黒田原 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/豊原-黒田原


せっかくの高画素機を使っているのでいろいろ切り取ってみました。
やっぱりローピンは美しい。
田端の至宝パイパイこと81号機。
同業の話では今後全検に入るとか。
またカシオペアを牽く機会はあるのだろうか。至高の組み合わせをまたいつか見たい!


カシオペア紀行北海道行き最終牽引はパイパイ!
カシオペア紀行北海道行き最終牽引はパイパイ! posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/豊原-黒田原


これにて一つの区切りがつきました。
鉄道事業にとっても、カシオペアの北海道撤退は大きな出来事だと思います。
個人的には、今日をもって北海道に鉄道で行く時代は完全に終わりを告げたんだと思っています。
たった一度でもこの夢の列車に乗れたことが誇りですね!
今後は東日本管内での走行中心になると思われますが、大事に使えばE26系はまだまだ向こう10年は使えると思うので、夢の続きをまだまだ我々鉄ちゃんに与え続けて欲しいですね。

« 今年のCP+は例年以上に楽しんだ! | トップページ | 北海道発着 カシオペア撮影まとめ »

東北本線」カテゴリの記事

カシオペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道戻りラスト!カシオペア紀行撮影@黒田原切り通し:

« 今年のCP+は例年以上に楽しんだ! | トップページ | 北海道発着 カシオペア撮影まとめ »