« 第一次北海道遠征2017 4日目その2〜大沼で四季島とゆる鉄を | トップページ | 旅の反省点 »

2017/06/21

第一次北海道遠征2017 5日目〜最後にもう一度大沼で四季島を撮影

遠征最後の朝を迎えた。
今朝は急ぐ必要もなかったのでのんびりと起きたのだが、窓の外を見てもう一度寝たくなった。
外は靄がかかり、視界不良だったのだ。
スマホの天気予報では大沼地方は昼まで晴れマークが並んでおり、相変わらずのいい加減さに腹が立つのを通り越して呆れてしまった。
それでもチェックアウト時間はあるのでしぶしぶホテルから出て最後の撮影に出向いた。

今日の撮影予定は再び四季島。
晴れだったら駒ケ岳をバックにした定番ポイントで撮ろうと考えていたのだが、この空模様ではそれは断念せざるを得なかった。
そこで駅前でレンタサイクルを借りて、代わりの撮影ポイントを探してうろつきまわった。
大沼界隈で発掘されている撮影地は、かつて北斗星を始めとるする寝台特急が全盛だった時代に探し当てられた場所であり、総じて午前の下り向き。
上り撮影地はなかなか難しい。

とりあえず小沼バックのストレートとカーブ地点から上り側をチェック。
誰かの置きゲバもしてあったので、ここでも撮れそうなことは撮れそうだった。
だけど練習電で確認したところあまり好みな感じでもなかったので場所を変更。
色々考えたけど、結局昨日撮った踏切の反対側から撮ることで落ち着いた。


キハ261系特急スーパー北斗@大沼~仁山
キハ261系特急スーパー北斗@大沼~仁山 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
函館本線/大沼-仁山



スーパー北斗と北斗でテスト撮影。


キハ183系特急北斗@大沼~仁山
キハ183系特急北斗@大沼~仁山 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
函館本線/大沼-仁山



この場所は、昨日の下り側よりもさらに交わすべき障害物が多く、制約が多いようだ。
それでももう時間はなかったので、どうにか最善を尽くして四季島を狙い打った。


四季島@大沼~仁山
四季島@大沼~仁山 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
函館本線/大沼-仁山



これがこの遠征最後のターゲット、トランスイート四季島。
ケツがカツカツになってしまたが、これ以上乗り出すわけにも行かなかったので仕方がない。
どうせどん曇りになるんだったら、大沼に留まらないで別のところ行ってもよかったかもな。
それこそ順光逆光気にせず撮れたわけだから。
まぁそれも結果論。与えられた条件で最善を尽くす、それが私の鉄道写真の矜持でもあるのだから、これはこれでいいんじゃないでしょうか。

こうして終わった今年の第一次北海道遠征。
アクシデントは帰りに起きた。
関東悪天の影響で飛行機使用機到着遅れが発生。
予定よりも2時間遅延でのフライトを余儀なくされてしまった。
あー、帰りが遅くなって明日に疲れが残りそう!
それを乗り越えて、また来月北の大地に戻ってくるぞ。

« 第一次北海道遠征2017 4日目その2〜大沼で四季島とゆる鉄を | トップページ | 旅の反省点 »

旅行・地域」カテゴリの記事

函館本線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一次北海道遠征2017 5日目〜最後にもう一度大沼で四季島を撮影:

« 第一次北海道遠征2017 4日目その2〜大沼で四季島とゆる鉄を | トップページ | 旅の反省点 »