2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 予定がたちそう | トップページ | 今日の115系 Vol.25 紅葉真っ盛りの吾妻線へ »

2017/11/16

私に必要なレンズ

撮影機材のさらなる軽量化を追い求める今日この頃。
ハンディカムを導入し、軽量三脚も購入した。
これだけでだいぶ違うけれど、あともうちょっと軽くなれば身体への負担が減る。
となるとカメラボディか、レンズを軽く済ませようってことになる。
だけどカメラボディはどうなのか。
確かにSONYのEマウントは魅力的なラインナップになってきた。
正直隣の芝生は思いっきり青く見える。
だけど、私は昨年買ったα99 IIをいたく気に入っている。
画質、操作性、文句なしだ。
これだけのボディがある以上、Eマウントへの買い替え、買い増しは愚の骨頂。
それこそ昨年の今頃、必死に金をかき集めていた自分が馬鹿らしく思えるじゃないか。

となるとレンズなんだけど、Aマウントは新作が出ないんだよなぁ・・・。
ということで、過去のラインアップを見ていたら、目に留まったレンズがあった。
それはSAL2875という2009年発売のズームレンズ。
28㎜~75㎜のF2.8通しのフルサイズ機対応のズームレンズだ。
現在、Aマウントの標準ズームでは選択肢がこれか、ツァイスの24-70ZAの2択しかないのだ。
ツァイスは購入当時20万円以上しただけあり、描写は文句なし。
ただしとてつもなく重たい・・・。
撮影旅行に行く時はたいてい24-70ZAと70-300Gの2本持ちで出かけるんだけど、意外に出番が少ないのが24-70の方で、重たい思いをしながら一度も使わないまま・・・ってことも多々あった。
かと言って広角レンズを持たずに出かける勇気はなかなか持てない。
重さを諦めていた私に、軽くて価格が手頃で、しかも古いとはいえ純正の28-75㎜ F2.8 SAMは魅力的にうつってしまう。
長期旅行用には明らかにこっちのレンズを持ち出した方が幸せになれそう・・・。
次にAマウントのレンズを買うとしたら70-400G2かな?って思っていたけど、SAL2875、行っちゃうかもしれないっす

« 予定がたちそう | トップページ | 今日の115系 Vol.25 紅葉真っ盛りの吾妻線へ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私に必要なレンズ:

« 予定がたちそう | トップページ | 今日の115系 Vol.25 紅葉真っ盛りの吾妻線へ »