2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今年の遠征はあと2回 | トップページ | 忙しさのプロローグ »

2017/11/29

カメラを落下破損の場合保証は適応されないのはなぜ?

冷や汗ものだった。
朝、ビデオカメラが出しっぱなしになっていたので、耐久素材の袋に入れて収納にしまおうとした瞬間、手が滑ってフローリングの床に落としてしまった。
おそらく1メートルにも満たない位置から落としたぐらいなんだけど、それでも床は堅いグローリング。
ゴトッ!っていう嫌な音もした。
恐る恐る袋からとりだしてみると、見た目には破損がなくとりあえずはホッとした。
だがそれもつかの間。電源を入れて愕然。
なんとピントが合わずに、ボーっとした画面のまま反応がなくなってしまったのだ。
レンズが割れたとかひびが入ったとかではないみたいなんだけど、オートフォーカスの肝心な部分に決定的なダメージを負ってしまったのかもしれない。
思わず舌打ちしたくなった。
だって、このビデオカメラはまだ買ったばかり。
実戦でもまだ3回しか使用してない新品同様品なのだから・・・。
買ったばかりだから当然保証期間内なんだけど、これも問題があって、実はメーカー保証では落下による破損は対象外なのだ。
たとえ1年以内でも、落として壊したものは実費での修理となってしまう。
それを知っていただけに、朝から嫌な気持ちで出勤する羽目になった。

帰って来てみて、念のためもう一度電源を入れてみた。
するとなんか復活してるんですけど・・・。
普通にフォーカスもあっているし、朝のような現象は綺麗に消え去っていたのだ。
どういうことなんだろう。
朝は急いでいたから、もしかしてズームがテレ端になっていて、至近距離過ぎてAFが動かなかったのかな?
それとも、一時的に落下のショックで動かなくなっていた機能が、時間を置いたことで復活したのかな?
なんにせよ、動くようになったのは喜ばしい。
とりあえず一度撮ってみて、それで大丈夫なら修理にも出さなくていいだろう。
いやあ、一時は肝を冷やしましたよ。
出さなくていい出費を出してしまうところだったからねぇ。
今後は気をつけて使っていきたいです。

ところで、修理保証で落下によるアクシデントは対象外ってのはなんでなんだろう。
正直、故障の一番多い原因は落下だろうに。
っていうより、初期不良以外、修理に出すようなアクシデントって、落下か水没くらいだと思うのだが。
その2つがどちらも対象外では、なんのためのサービスなのかわかりゃしないよ。

« 今年の遠征はあと2回 | トップページ | 忙しさのプロローグ »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラを落下破損の場合保証は適応されないのはなぜ?:

« 今年の遠征はあと2回 | トップページ | 忙しさのプロローグ »