2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 東京もまだ雪だらけだった | トップページ | まずはデスク、でもその前に »

2018/01/25

ラストラン!さよなら189系M50編成撮影@新桂川橋梁

今日は長年中央本線や富士急行線などで活躍してきた189系M50編成のラストランの日でした。
個人的に今までM50編成はM51やM52の撮影のついでに撮って来た編成でした。
しかし今日はもちろん堂々たる主役です。
そんなM50を主役に迎えるにあたって、ずっと温めてきた場所で撮ることにしました。

やって来たのは鳥沢にある新桂川橋梁。
昨年ここでは対岸から見下ろすアングルで撮りましたが、その時次回は逆に下から見上げる構図で撮りたいと思いました。
だけど見上げ構図には絶対条件があって、バリバリの晴天であること。
それもくすんだような半端な青空ではなく、澄み渡る美しい青さが必要でした。
大寒波襲来で、気温がマイナス10℃近くなるというニュースは多くの人がゲンナリしたでしょうが、私は逆にニンマリ。
だって、そんな寒さでこそ空は澄むでしょうから。
撮影地につき、雲一つない空を確認し、ラストランに相応しい舞台が整ったことを確信。
あとはだだっ広い足場がある中、いかに構図を作るかです。


朝日を浴びて輝く211系@新桂川橋梁
朝日を浴びて輝く211系@新桂川橋梁 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
中央本線/鳥沢-猿橋


まずは真下に近い場所から。
早朝は昇ったばかりの朝日が車体に降り注いでまばゆく輝きます。
これも美しい光景でしたが、足場をあちこち移動し妥協ないアングルを探すことにします。


朝日を浴びて輝くE351系スーパーあずさ@新桂川橋梁
朝日を浴びて輝くE351系スーパーあずさ@新桂川橋梁 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
中央本線/鳥沢-猿橋


先ほどより少し下がって撮影。
あまり真下から狙うよりもこっちの方がまとまりがよさそうな気がしました。
今日は189系M50編成のラストですが、E351系も早晩いなくなる運命。
朝日の反射がなんとも美しく、こんな写真も残せてよかったです。


初対面のE353系@新桂川橋梁
初対面のE353系@新桂川橋梁 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/鳥沢-猿橋


逆に真新しいE353系はこれからいくらでも撮れる被写体。
本番に向けてこれぞというアングル、構図がようやく固まったので、6両編成用の画角のまま撮影したため尻切れになりましたが、まぁそのうちまた撮ればいいでしょう。
実は私にとっては初対面でしたが、新型だけあって遠目でもピカピカの車両でしたね。


さぁ、いよいよ時間が来ました。
189系M50編成あずさ色、そのラストランを迎える時です。


189系M50編成ラストラン!@新桂川橋梁
189系M50編成ラストラン!@新桂川橋梁 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/鳥沢-猿橋


嬉しさがこみ上げる様な雲一つない青空。
美しい景色の中をゆくこの車両に待ち受けるのは廃車という悲しい運命。
そんなことがまるで嘘のような光景でした。
今まで主役にしてやれなくてごめん。
でも最後の最後に、キミは最高に輝いて見せてくれた。
中央本線を象徴する巨大な橋梁を走り抜けた姿、決して忘れはしない。
今まで幾度となく走った道のり。だけど今日は二度とは戻らぬ旅路。
名車がまた一つ、なくなってしまった。


189系は豊田車が残り2編成、長野車が1編成。
すでに豊田車のホリデー快速からの撤退が発表されており、いよいよ淘汰が本格化しだした。
おそらくは残りの編成の余命も1年はないのでしょう。
だから味わえる機会は大切にしていこう、改めてそう誓い鳥沢鉄橋を後にしました。

« 東京もまだ雪だらけだった | トップページ | まずはデスク、でもその前に »

中央本線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラストラン!さよなら189系M50編成撮影@新桂川橋梁:

« 東京もまだ雪だらけだった | トップページ | まずはデスク、でもその前に »