2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 九州の温泉と鉄道を味わい尽くす旅その5~武雄温泉(佐賀県) | トップページ | 九州の温泉と鉄道を味わい尽くす旅その7~ななつ星追っかけ撮影③遠賀川編 »

2018/01/08

九州の温泉と鉄道を味わい尽くす旅その6~雲仙温泉(長崎県)

武雄温泉で目覚めた朝。
さて今日はどうしようかな。
と言うのも今日はもともと撮影予定はなかったし、しかも外はそぼ降る雨。
アクティブに動き回れるような日ではないと判断し、温泉宿に泊まったばかりだけど、今日もまた温泉を求めてどこかへ行くことにした。

近辺でどこかないか考えた時、頭に浮かんだワードは雲仙。
あの雲仙普賢岳の噴火は子供時代の生々しい記憶として残っている。
そんな火山ならきっと温泉も湧いているはず。
調べてみると案の定ありました。
地獄めぐりもできるみたいだし、別府よろしく楽しめそうな気がしたので、今日は雲仙行で決定した。

武雄温泉から諫早まで列車で移動し、諫早からはバスに乗り換えて雲仙を目指した。
バスに揺られること1時間半ほどで雲仙に到着。
雨は降っていたけど、まぁギリギリ観光できる範疇。
地獄めぐりをしてみることに。



草津を真っ先に思い出す、硫黄の独特な卵のくさったようなにおい。
これこそ温泉のイメージそのもの。
入浴を楽しみに、地獄を巡っていると、雨に濡れてうずくまっているネコを発見。
このネコがまた人懐こくて、観光客相手にも物おじせずすり寄ってくる。
我が家の懐かないぬこにも見習ってもらいたいものだね。
そんなネコさんと記念写真(私の顔はカットよbleah



そのうち雨が強くなってきたのでそろそろ温泉に入ることにした。
温泉街入口の、立ち寄り入浴歓迎と大きく書かれていた施設にお邪魔することにした。



ザブン。ううう、気持ちええ。
雨でぬれて不快だった身体がサッパリしたよ。
武雄の成分を雲仙の成分で塗り替えたような感覚だけど、温泉なんてものは効能うんぬんより気持ちよければいいのだ。
まぁお湯は多少熱くて長湯はできなかったけどね・・・。
これにてざっとだったけど、雲仙の地を後にした。


今夜泊まるのは小倉なので、大移動です。
特急グリーン車で快適な移動でした。
着いて夕食を食べるなり、雨も本降りだったし、明日の撮影に備えて、小倉の色街にも出向かず早めの就寝としました。


雲仙温泉データ

温度:不明
泉質:硫黄泉
効能:血行促進、疲労回復、リウマチ、慢性皮膚疾患など

« 九州の温泉と鉄道を味わい尽くす旅その5~武雄温泉(佐賀県) | トップページ | 九州の温泉と鉄道を味わい尽くす旅その7~ななつ星追っかけ撮影③遠賀川編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/66273492

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の温泉と鉄道を味わい尽くす旅その6~雲仙温泉(長崎県):

« 九州の温泉と鉄道を味わい尽くす旅その5~武雄温泉(佐賀県) | トップページ | 九州の温泉と鉄道を味わい尽くす旅その7~ななつ星追っかけ撮影③遠賀川編 »