« ドラマに欠かせない人だった | トップページ | 給料握りしめて八王子へ »

2018/02/23

私は4月以降何を撮ればいいのだろう

2月もボチボチおしまいですが、この週末は日曜日に中央線の撮影に出向くつもり。
ということで、2月は平日休み含めてすべての休みの日に撮影をしたことになります、はい。
まさに撮って撮って撮りまくった月間になりましたね。
それと言うのも愛しい189系と115系の姿を見られるのもあとわずかだからなんだけど、それらがなくなっちゃったらどうするんだろう。
いったい何をターゲットにモチベーションを維持すればいいのだろう。

これまで撮り鉄デビューしてからと言うものの、北斗星→カシオペア→189系と、常に軸になる被写体があった。
それプラス日常の115系を撮れていたのだから恵まれていたのかもしれない。
でも4月以降はこれが激変する。
カシオペア紀行の設定も春以降少しずつ出てきてはいるけど、中心にするほどの数はない。
うーん、これまでは車両中心に撮影計画を練ってきたけど、これからはいろんな路線に出かけるのもアリかもなぁ。
まぁいいや、とりあえず4月までは撮りたいものだけ撮りまくって行こう。

« ドラマに欠かせない人だった | トップページ | 給料握りしめて八王子へ »

鉄道雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私は4月以降何を撮ればいいのだろう:

« ドラマに欠かせない人だった | トップページ | 給料握りしめて八王子へ »