2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 資金繰りが厳しく一つに絞る | トップページ | 待望の上りカシオペア紀行撮影@初夏の蒲須坂 »

2018/05/19

ロケハンしておいてよかった!

今日は午前中じっくりと休んだ後、栃木県へ向かった。
明日のカシオペア撮影に備えて久々の宇都宮泊だ。
で、ホテルに入る前に一度明日の撮影地の様子を見に行くことにした。
もし前日の段階で激パの予感がしたら置きゲバも辞さないつもりで・・・。
というのも、今回は久々の上りカシということで、人気の蒲須坂の鉄橋で撮りたいと思ったからだ。
去年の正月に撮ったことのあるその場所は、狭くて足場の悪いところに大勢の撮影者がひしめき合って撮る場所で、バカでかい三脚を持ってない人は早めに足場の確保をする必要があった。

で現地についてみると意外にも三脚も脚立も一切見当たらなかった。
まだ夕方とはいえ、これならベストアングルで撮れるなぁと喜んだのだが、実はここにはベストアングルなど存在しなかった。
なんと、生い茂った木々が鉄橋上に覆いかぶさり走行してくる列車を隠してしまっているじゃないか。
前回は真冬、そして今はまさに木々が映えわたる季節。
そんな季節的な問題が頭の片隅にも浮かばなかった自分が恥ずかしい・・・。
この場所でも線路寄りから面縦という選択肢もあり、それなら木々の影響もないけれど、それにはレンズの長さが足りない。
結局、鉄橋は撤退するしかなかった。

さて、どうするか。
片岡のお立ち台も考えたけれど、最終的な結論は近くの河原の築堤で撮ろうってこと。
あそこは足場も広いし、片岡と比べるとバックもすっきりだし。
ただし持参したレンズは鉄橋で撮るつもりだったので70-200㎜1本のみ。
サイドで撮れるわけもないので線路際の被りつきポジションをこの時点で確保しておくことにする。

面倒だったけど今日のうちにロケハンにきておいてよかったと思う。
これで明日は不安なく撮影できるはずだ。

« 資金繰りが厳しく一つに絞る | トップページ | 待望の上りカシオペア紀行撮影@初夏の蒲須坂 »

鉄道雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロケハンしておいてよかった!:

« 資金繰りが厳しく一つに絞る | トップページ | 待望の上りカシオペア紀行撮影@初夏の蒲須坂 »