2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北海道てつ旅2018初夏〜その3 白滝発祥の地にてキハ183系を撮る | トップページ | 北海道てつ旅2018初夏〜その5 懐かしの宇宙軒カーブで四季島を撮る »

2018/06/11

北海道てつ旅2018初夏〜その4 函館本線・砂原支線乗りつぶし!

昨夜は遅くに函館に到着したので眠くてたまりませんでしたが、今朝は朝5時起きでした。
なぜそんなに早起きしたのかと言うと、今日の最大の目的が函館本線の未乗車区間の乗り潰しをしたいと考えていたからです。

函館から森方面へ向かう列車は、ほとんどが大沼公園経由で走りますが、中には通称・砂原支線と呼ばれる山側ルートを通るものもあります。
過去2回大沼滞在時に、全然列車が走らない線路を見かけたことがありますが、そこが砂原支線だったわけです。
そして砂原支線ルートを走る本数は非常に少なく、また藤城支線経由を同時に味わえるダイヤはこの早朝の下り1本のみ。
そんな貴重なルートを通る唯一の列車ですから、早朝5時起きも致し方ありません。
記憶が曖昧ですが、おそらく藤城支線も初乗車だと思うので、まぁ必然の乗車でしたね。





まだ朝市も始まらない函館の街から旅立ちます。
駅にはそれなりに多くの人々が列車を待っていましたが、皆朝一の特急やはこだてライナー目当てらしく、5:51森行きの列車に乗り込んだのは数名だけでした。


733系はこだてライナー@函館駅
733系はこだてライナー@函館駅 posted by (C)Tylor


このはこだてライナーでは味わえない、非電化区間の秘境地帯を走行するのはもちろん我らがキハ40。
3両編成ですが、砂原支線へ入っていくのは一番前の1両のみです。





他の乗客は皆後ろ寄りに乗っていたので、1両目は私一人だけでした。
大好きなキハ40でのてつ旅を独り占めできて幸せな反面、こんなんで採算はとれるのか不安になります。
この列車は大沼公園ルートは通らない藤城線経由ですが、ほんのひと時だけ大沼が車窓から望めます。





そして列車は大沼に到着しました。
ここで後ろの車両の切り離し作業が行われるため12分ほど停車します。
降りて様子を見て来ました。








さぁ、いよいよここからが砂原支線です。
しかしこの列車は流山温泉駅は通過してしまいます。
JR北海道が開発した施設ですが、当然のように不採算で潰れてしまいました。
今では名前だけが虚しく残っているだけで、実質廃駅待ちの存在なのでしょう。





最初の停車駅は池田園。
誰も乗って来ません。
大沼以降、完全に私独りきりになってしまいました。
もしかしたらこのまま終着の森まで誰も乗ってこないんじゃ・・・と思っていましたが、鹿部駅から状況は一変します。
鹿部、渡島沼尻、渡島砂原と立て続けに学生たちが乗り込んで来ました。
列車はまさに原生林の中を走っていたわけですが、一体こんな密林地帯のどこにこんなに若い人たちが暮らしているのか、驚かされましたね。


一気に騒がしくなり、女子高生の匂いで充満しだした車内。
さっきまでの静けさが嘘のようです。
不採算路線かと思いきや、利用客はそれなりにいるようで少し安心しました。
やっぱり過疎地域の鉄道路線は学生たちによって支えられ存続していられるんだなと改めて実感した次第です。


砂原支線の乗り鉄旅ももうおしまいです。
列車は森駅へと到着しました。





藤城〜砂原支線初乗車を終えた感想ですが、正直乗り鉄旅としては、車窓風景が鬱蒼と生い茂る木々だけしか見られないので少し退屈でした。大沼公園ルートの本線の方が間違いなく視界的には美しいと思われます。
まぁこちらは原野そのものの北海道を味わえるので、好みの問題でしょうね。
しかし本当にあんなところのどこに人々は暮らしているのだろう・・・。


旅の締めに森駅名物のいかめしを買おうと思いました。
駅前の柴田商店は朝9時からの営業でまだやってませんが、駅構内のキオスクにも売っていたはずです。
ところが、なんとそのキオスクはすでに営業終了、つまり廃業していたと言うじゃないですか。








これでは朝早くしかスケジュールの都合がつかない場合はいかめしは買うことができません。
なんだか、北海道ではいろんな大切なものが消えていってしまっているんだなと改めて思い知らされましたね・・・。
森駅なんてみどりの窓口付きの有人駅だし、それなりに利用客もあると思うのになぁ。
駅前のセブンイレブンが強敵だったとか?


寂しい気持ちを抱えながら、森から再び札幌方面へと旅立ちます。
みどりの窓口で、キハ183系0番台運行終了記念入場券が売られていたので、せめてもの慰めで購入しました。
全部で17枚、北海道のゆかりの駅17で販売されているようですが、よほどの鉄道マニアじゃない限りさすがにコンプリートはできないだろうなぁ・・・。


« 北海道てつ旅2018初夏〜その3 白滝発祥の地にてキハ183系を撮る | トップページ | 北海道てつ旅2018初夏〜その5 懐かしの宇宙軒カーブで四季島を撮る »

乗り鉄」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/66818987

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道てつ旅2018初夏〜その4 函館本線・砂原支線乗りつぶし!:

« 北海道てつ旅2018初夏〜その3 白滝発祥の地にてキハ183系を撮る | トップページ | 北海道てつ旅2018初夏〜その5 懐かしの宇宙軒カーブで四季島を撮る »