2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 北海道てつ旅2018初夏〜その6 旅の締めに礼文華で四季島を撮影! | トップページ | バリ順光で四季島撮影@上越線八木原 »

2018/06/13

北海道てつ旅2018初夏〜その7 豊浦温泉(北海道)

全ての撮影行程を終えた私は、疲れ冷え切った身体を労わるべく豊浦にある天然温泉施設、しおさいを目指した。
礼文駅からちょうどここへ行けるバスが出ていたのでこれ以上濡れずに移動できた。
地元のお年寄りたちばかり乗るバスは、あちこちいろいろ迂回しながらしおさいへ向かった。
列車の本数が少なすぎて、地元民にとってももはや日常的な利用は考えづらくなっているのだろう。
バスが重宝されてしまうのも仕方がない。
それに地元の高齢者は無料なのか、誰一人運賃を支払わずに降車していたね。

そして到着。
結構な大きさに驚く。



豊浦には過去何回も来ているけど、ここには来たことがなく、昨年タクシー運ちゃんに勧められた時も時間の都合で行くことはできずにいたけど、きっと小さな入浴場なんでしょ?という先入観は見事に覆された。
しおさいは、立ち寄り客だけでなく宿泊も可能な、総合温泉施設であった。


湯船も広く、大勢の地元民や旅人が入浴していた。
きっと夏シーズンには海水浴客が身を清めに大勢立ち寄るのだろうね。
湯加減もちょうどよく、これまでずっと寒い思いをしてきただけに、余計に身に染みた。
いやぁ、来てよかった。また豊浦付近で撮影する機会があったら是非寄りたい。


こうして本当にすべての行程を終えた私は名残惜しい気持ちを抑えて日常への帰路へ着いた。
今回の旅は天候に恵まれたのはわずか1日だけで、不完全燃焼に終わったので、夏の間にぜひまた北海道には来ようと思う。


豊浦温泉データ

泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
温度:46.5~53℃
効能:神経系、冷え性、疲労回復など

« 北海道てつ旅2018初夏〜その6 旅の締めに礼文華で四季島を撮影! | トップページ | バリ順光で四季島撮影@上越線八木原 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16989/66829809

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道てつ旅2018初夏〜その7 豊浦温泉(北海道):

« 北海道てつ旅2018初夏〜その6 旅の締めに礼文華で四季島を撮影! | トップページ | バリ順光で四季島撮影@上越線八木原 »