2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« カシオペア紀行撮影@シーズンオフの蒲須坂 | トップページ | 北海道、行きたかったな »

2018/07/15

遠回りしながらたどり着いたハスキー4段

池袋のビックカメラで久々にカメラ機材を購入。
北海道行きがおじゃんになってボーナスを未使用だったからね、せっかく東京にいたのだからとこのタイミングで。
買ったのは三脚。ハスキーの4段だ。


今まで三脚は軽量のSLIK ライトカーボンE73をメインに、勝負用にManfrotto 055、旅行用に折り畳み式のSLIK エアリーカーボン 644 LEDなどを使用してきた。
ただし一番大型のManfrotto 055でも全高183センチと、高さの面ではやや弱いものばかりで、たくさん人が集まるシーンではマルヨや邪道の置きゲバを余儀なくされていた。
そんな時いつも羨ましかったのは直前でやってきて、陣取る人々の後ろからハイアングルで抜いてくるハスキー使用者。
エレベーター全開でマックス246センチのその巨大な三脚にいつも圧倒されて、いつかは自分もユーザーになりたいと思っていた。


ネックなのは重さ。
Manfrotto 055でおよそ3.5キロ。雲台を軽量化しても3キロ弱。
それにフルサイズカメラ、望遠レンズなどをバッグに詰め込み担いで撮影に出向くと、次の日などはいつも身体がバキバキになった。
欲しいと思うハスキー4段の重量は4.2キロ。
体への負担が増すばかりでなく、ちょっとやそっとのリュックには収納できないサイズがどうしてもネックだった。
何しろ2メートル超えのスペックを最大限活かすにはその他に脚立も必須だからね。
それらすべて担いで移動するのは苦行そのもので、楽しい撮影どころではない。
でも大きな三脚は今後のネタのシーンでどうしても欲しい。

導き出した答えはこれでした。



キャリーカートを使ってみては?と思いついたのです。
実際撮影現場でキャリーカートを転がして登場した人を目撃したことがありました。
試したところ、写真のように三脚と脚立を無事に括り付けることができ、それを牽いて歩けば重さ問題が解決することがわかったのです。
むろん悪路や階段などはキャリーを転がすのが困難な場合があるかもしれないけれど、終始担いで移動するよりはなんぼかマシなので、そういったところに行くときだけ観念して担げばいいのかなと思います。


こうして撮り鉄ご用達のハスキー4段、ハイボーイのオーナーに遠回りしながらもなりました。
次回のネタ撮影の時からさっそく使ってみたいと思います。

« カシオペア紀行撮影@シーズンオフの蒲須坂 | トップページ | 北海道、行きたかったな »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠回りしながらたどり着いたハスキー4段:

« カシオペア紀行撮影@シーズンオフの蒲須坂 | トップページ | 北海道、行きたかったな »