2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 郡山は結構大きな街だった | トップページ | 7-9月期ドラマアワード »

2018/09/23

3年ぶりの磐越西線で四季島とDLばんえつ物語を撮影

今日は磐越西線で撮影。
この路線も来よう来ようと思いながらなかなか機会がなく、今日が実に3年ぶりとなります。
宿泊先の郡山より列車に乗り、まずは電化区間で四季島を撮るべく移動を開始しました。
降り立ったのは磐梯町駅。
翁島駅との間にあるお立ち台は古くからの撮影のメッカであり、そこで四季島を撮りたいとずっと思っていました。
通称「一の沢のS字」です。
この区間は乗車時間も非常に長く、Ωカーブで有名な区間であり移動も大変そうだけどその場所は案外近く徒歩20分くらいで着きました。
誰もいなかったのでいろいろ立ち位置を探ってみます。


719系快速郡山行き フルーティアふくしま編成@磐梯町~翁島
719系快速郡山行き フルーティアふくしま編成@磐梯町~翁島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
磐越西線/磐梯町-翁島


おっ、719系、久しぶりじゃないっすか。
東北本線から姿を消して久しいけど、E721系よりも断然好きですねぇ。
これはフルーティアふくしまの車両だけど、快速運用で入っている模様。
普通車両との組み合わせの編成でした。
どうせならノーマル編成だけで撮りたかったような・・・。
ところで、早い時間帯は光線は抜群だけど木々の影落ちでいわゆるマンダーラ状態ですね
おまけに4両とか中途半端な編成が一番絵になりづらいという・・・。


E721系@磐梯町~翁島
E721系@磐梯町~翁島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
磐越西線/磐梯町-翁島


通過するのはほぼE721系。2両では四季島のイメージが掴みづらいです。
時間の経過とともに少しずつ影が抜けていくのがよくわかりますね。
四季島の通過は11:40前後と推定。きっといい状態になるでしょう。
あれやこれやと立ち位置を変えながら構図を考えていると時間はあっという間に経ち本番がやってきました。


TRAIN SUITE 四季島@磐梯町~翁島
TRAIN SUITE 四季島@磐梯町~翁島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
磐越西線/磐梯町-翁島


思惑通り、線路から影が抜けたころに四季島がやってきました。
なんとこの場所にして一人きりでの撮影となりちょっと拍子抜けでしたが、念願の一の沢での四季島をようやく撮れました。


四季島@一の沢


線路際の草木、主にススキが生い茂り過ぎていて編成後ろが隠れがちだけど季節感があっていいと思います。
きっとこれを嫌って今は人があまりやってこない時期なんでしょうね。
しかしこのクネリ、たまりませんなぁ


四季島を撮ったところで次の撮影ポイントを目指します。
お次は非電化区間でばんえつ物語を撮ろうと思い、喜多方へ。
3年前もやってきた喜多方ですが、山都駅間はこれまた長く、重たい機材を背負っての徒歩鉄でボロボロに疲れた記憶がよぎります。
そこで今回は駅前でレンタサイクルを借りることにしました。
おかげで移動は楽々で、数の少ない本数をいろいろ場所を移りながら撮ることができました。
ボロいママチャリだけど、1日レンタル500円なので列車移動で撮影に来た人にはお勧めですよ。


キハ47形新潟色@山都~喜多方1
キハ47形新潟色@山都~喜多方1 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
磐越西線/山都-喜多方


自転車を軽快に飛ばし、濁川を超えたところの一つ目の踏切周辺に黄金色に稲穂が輝いている田んぼがあったのでそこで1枚。
大好きなキハ40系、そして新潟色も大好きな塗装です。
折りしも今日が稲刈りの日だったようで、これを撮り終えしばらくすると農家の人が登場して一気に刈り取りを始めました。
この場所でばん物を撮ろうと結構撮影者が集まってきていたけど、アテが外れちゃいましたかね。
私はばん物は別の踏切で撮るつもりだったのですぐに移動。


キハ47形新潟色@山都~喜多方2
キハ47形新潟色@山都~喜多方2 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
磐越西線/喜多方-山都


その間にまたまた良さげな景観が広がっていたので、ここでも稲穂とキハ47形を絡めて撮りました。
赤とんぼが舞う空には秋の鱗雲。
黄金の国ジパングの原風景ですね。
ただし、これまで終日秋晴れが続いていた福島地方ですが、西の空はすでに雲で覆われつつありました。
最後まで日差しタップリの順光で撮りたかったけど、ちょっと難しくなってきましたかね・・・。


さて今回磐越西線で撮影しようと思った決め手は、一の沢の四季島もそうですがなんと言ってもDLばんえつ物語を撮りたかったから。
SLの不具合でDE10による牽引が続いているばん物だけど、せっかくの機会だしこれは記録しておきたかったのです。
そこで最後はオーソドックスな編成写真が撮れ、天気が良ければ風景とも絡められる、そんなお誂え向きの踏切で撮ることにします。
山都~喜多方もまた撮影ポイントは多いけど、踏切での被りつきだったら松野踏切が一番有名で奇麗に撮れます。
3年前来たときはこの踏切の先のポイントからSLばんえつ物語を撮りました。


8233レ SLばんえつ物語
8233レ SLばんえつ物語 posted by (C)Tylor
2015年11月21日


この場所の様子も見に行ったけれど、ちょっと草がボーボー過ぎて踏み入っていける余地がないようで誰も撮影者はいませんでした。
その分松野踏切には多くの鉄っちゃんが集い、有名どころだけに若い氏も多くてやかましいことこの上なかったけど、ポジションはどうにか確保できたのでここで最後を決めることにします。
ちょっと線路寄りで被りつきになりすぎる嫌いがあったけど、せっかくのDLばんえつ物語なので面ドカン上等です。
サイドからだと、ケツが草木に隠れてしまいそうなこともありました。


9233レ DLばんえつ物語@松野踏切
9233レ DLばんえつ物語@松野踏切 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
磐越西線/喜多方-山都


結局陽射しは雲に隠れたまま復活せず、風景的にも見晴らしは悪くなっていた時間でした。
それだけにデーテンもヘッドマークも目立つこの構図は結果オーライですね。


これにて本日の全撮影予定終了です。
日没が早くなってきて、17時を超えた撮影は厳しくなっているので帰りの列車までの待ち時間がより長くなっちゃったけど、撮りたいものはすべて撮れたので満足な1日でした。
久しぶりに来た磐越西線はやっぱり素敵な路線でした。
ぜひまた来たい。
特別なネタがなくても、この沿線風景の中をキハ40系が走っているだけで訪れる価値があると思います。
今度は新潟寄りでキハ40系を中心に撮れたらなと思いながら帰路へ着きました。

« 郡山は結構大きな街だった | トップページ | 7-9月期ドラマアワード »

磐越西線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3年ぶりの磐越西線で四季島とDLばんえつ物語を撮影:

« 郡山は結構大きな街だった | トップページ | 7-9月期ドラマアワード »